「チコちゃんに叱られる」

スポンサーリンク

NHKで放送されている雑学バラエティー『チコちゃんに叱られる』が視聴者に好評なようだ。この番組の魅力は、なんといっても着ぐるみMCのチコちゃんの存在が新鮮で面白いからだろう。決めゼリフは「ボーっと生きてんじゃねえよ!」でそのチコちゃんの声と出演者の掛け合いを、おっさんのキム兄こと木村祐一が担当しているのが味噌となっている。


5歳の女の子の設定にとらわれず、結構自由に喋っていて8割方はアドリブのようだ。レギュラーの岡村隆史やゲスト出演者に上から目線で話しかけ、ときたま毒舌も吐くようなおませで親しみやすいキャラが非常にユニークだ。

あとチコちゃんといえば、CGで表現されるあの顔の動きだろう。着ぐるみの頭部をスキャンしたものを3D化し、それを土台にCG加工しているようだが、異様に広い顔のキャンバスを使って口や眉、瞼や顔色が表情豊かに変化する様は見ていて楽しい。あの大きな黒目に写る照明の反射はリアルに見えるが、CGで描いたものだろうか。だとすればその技術の高さに驚くしかない。

着ぐるみにCGを組み合わせるアイデアと、女の子とおっさんを掛け合わせるアンマッチなキャラづくりで、新しい形のバラエティー番組に仕上がっているのが成功の要因だろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク