少年サッカー 指導者のありかた

スポンサーリンク

林壮一著『間違いだらけの少年サッカー』

林壮一著『間違いだらけの少年サッカー』を読むとスポーツ指導者のあり方について考えさせられる。

昨今、スポーツ界におけるパワハラや暴力指導の問題があぶり出されているが、サッカー界も例外ではないようだ。指示通りのプレーが出来ない選手を靴で殴るとか、勝つためにエース級を潰れるまで使い倒すような、間違った少年チームの指導者はまだ全国にたくさんいるらしい。

この本はなかなか無くならない暴力や叱責による指導の問題点を指摘し、国内外の優秀な指導者へのインタビューを通して正しい少年サッカーの指導のあり方を探っている。

古い指導者の勘違い

サッカーではないがプロ野球横浜DeNA前監督の中畑清さんが、スポーツ新聞に寄せていたコラムを読んでがっかりしたことがある。そのコラムの内容は、暴力による指導を何でもかんでも否定する風潮に疑問を呈するような論調だった。

要するに暴力には愛情を伴う鉄拳制裁というものがあり、それによって選手に自覚を促す意味もあるので暴力指導を一概に否定すべきではないという主張だ。

中畑さんはおそらく自身の体験や、名将と呼ばれた西本幸雄監督または闘将星野仙一監督あたりを頭に描いているのだろう。

だが、たとえその暴力に愛情があったとしても、感情のままの指導ということには変わりない。つまり感情が抑えられなくなった時、いつ行き過ぎた暴力に変わってもおかしくないのだ。

名監督とされた彼らのエピソードは美化される事が多く、実際はもっと凄惨な暴力の現場があったかもしれない。そして今の時代、暴力制裁というものは時代に合った指導を知らない不勉強者が使う手法だという認識を持つべきだ。所詮暴力による指導というものは、上下関係における支配欲が現われたに過ぎない。

暴力とまではいかないとしても、子供たちを叱り付けることがコーチングだと勘違いしている指導者が多いようだ。

指導者の役割とは

だがサッカー先進国指導者によれば、本来コーチは尊敬される存在であっても選手を怯えさせる存在であってはならないとある。競技の楽しさを教わった選手たちはプレーの幅を広げていくが、押さえつけられた環境で育った選手はプレーが小さくなってしまうのだ。

だから日本サッカーのFWは失敗を恐れシュートよりパスを選択する傾向が強くなる。以前の日本代表はいつまでもゴール前でボールをこねくり廻した挙げ句、バックパスで振り出しに戻しサポーターをがっかりさせていたものだ。

そして外国の指導者は教え過ぎることはないし、技術面も基本さえ出来ていればそれほどこだわらない。指導者の役割として大事なのは選手自ら考えさせることと、技術より戦うメンタリティーを育てることなのだ。このあたりは日本の指導者も参考にすべきこところだろう。

外国人コーチの誤解

一方、この本に登場する一部外国人指導者の意見に疑問を感じるところもある。日本でジュニアサッカースクールのコーチをしているアルゼンチン指導者によると、日本人は闘志が無いので世界では勝てないそうだ。

だからウルグアイの噛み付きスアレスのように、乱暴なプレーはともかくあの勝負にこだわるメンタルの強さを見習うべきだとしている。それから、かつて日本代表に闘莉王がいてリーダーシップをとったように、外国人を多く帰化させてそのメンタルを学ばせるべきだとも述べている。

まず、日本人に闘志が無いというのは誤解だろう。外国人はシャイな文化を理解していないだけで、日本人は充分な闘志を持っている。それに無法者スアレスのような、勝つためには何でもアリというようなメンタリティーは要らない。日本には日本のプレイスタイルがあり美学がある。

狼藉者スアレスや大根役者ネイマールのようなみっともないプレーを見させられたら、たちまち代表を応援する気は薄れてしまうだろう。帰化選手に頼りすぎるのも問題だ。日本チームの組織力・統制力は大きな武器でありその特徴が弱まってしまう恐れがある。海外の指導者から何を学ぶかは、慎重に考えなければいけない。

選手の自主性を重んじる指導

最終章は元プロ野球選手でありながら3人の息子をJリーガーに育てた元横浜の名選手、高木豊さんへのインタビューで締め括られる。野球とサッカーという畑違いであるが、高木さんのスポーツ選手を育てる力は確かだ。

息子3人の性格とプレーの特徴を踏まえ長所を伸ばすことを優先し、的確なアドバイスを送っている。そこに親だという押しつけがましさはなく、あくまで本人の自主性を重んじた教育方法が素晴らしい。

以前、NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』という番組でサンフレッチェ広島の監督として実績を重ねていた頃の森保一監督の特集をやっていた。森保一は高校時代、技術も身体能力も無い並の選手に過ぎず、実業団チームに入るのにも苦労したほどである。

そんな彼がオフトジャパンの欠かせない名ボランチとして活躍出来たのは、常に観察し刻々と変化する状況に対応出来るクレバーさがあったからだ。

サンフレッチェ広島時代の森保監督の指導方法は選手と緊密なコミュニケーションを取ること、そして彼らにポジティブな思考を植え付けることである。日本代表監督となった森保監督の押しつけではない、選手の自主性を重んじる指導方法には大いに期待している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク