キリンチャレンジC 日本対ウルグアイ

スポンサーリンク

新生森保ジャパン今年最大の試金石となる試合、対ウルグアイ戦だったが日本が見事勝利した。スアレスこそいなかったがほぼw杯のレギュラーメンバーを揃えたFIFAランキング5位の強豪、ウルグアイ相手に4点を奪ったのは素晴らしい。

とにかく中島・南野・堂安の若い3人による素早い攻撃は、ウルグアイのディフェンスを混乱させるほど迫力に満ちたものだった。

それにしても若い世代の思い切りの良さとプレーの速さ、スキルの高さには驚かされる。タイトな場面でもボールをきっちり保持し、枠内に正確なシュートを打てる技術の高さは凄い。オフト監督や加茂・岡田監督時代の選手が緩いパスでもトラップが流れ、やたらシュートをふかしていたのと比べると隔世の感がある。今の選手はジュニア世代の育成が確立しており、徹底的に基礎を磨かせた成果だろう。

本田・香川・遠藤保仁あたりが攻撃の中心だった頃は相手を綺麗に崩そうとするあまり、パスに拘り過ぎて攻撃が停滞してしまうきらいがあった。そんな彼らの迫力のない攻撃にしょっちゅうイライラさせられたものである。

新生森保ジャパン発足以来の攻撃の小気味よさと得点力は、技術に加え素早い判断と積極性、それと息の合った攻撃陣の連動がはまっているからだ。森保監督がいかにチームを良い方向に導いているか、よく分かる。マスコミはさっそく3試合連続得点の南野拓実選手に目を付け始めたようだが、余計なことはせずもっと成長するまで見守って欲しい。

課題は3失点を喫したディフェンス陣だが、修正にはまだたっぷり時間はあるし今は攻撃の長所を磨く時期だろう。来年はチームの実力が試されるアジアカップが開催されるので、若手選手のさらなる活躍を期待したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク