サッカー日本代表史 1. ベルリンの奇跡




サッカー日本代表の黎明期

記録によると、日本最初のサッカー国際試合が行なわれたのが1917年5月9日で、もう100年以上も前のことになる。東京で開催された第3回極東選手権大会の競技のひとつとして日本チームが参加し、その時は中華民国に0-5で敗れている。

翌10日に行なわれたフィリピンとの試合も2-15で惨敗しており、当時は日本のレベルが相当低かったことが窺われる。ちなみにこの時点では日本サッカー協会も設立されておらず、選抜チームを作るという考えもなかったので日本代表として戦ったのは、予選を行ない選ばれた東京高等師範の蹴球部であった。

しかし日本最初の国際試合が開催されたことでサッカーへの関心は高まり、日本国内で多くの大会が開かれることになる。そして21年5月に上海で開催された第5回極東選手権大会には、初の選抜選手で結成された代表チームが参加し、同年10月には日本サッカー協会の前身となる大日本蹴球協会が設立された。

この頃日本サッカーの強化に貢献したのが、ビルマ(現ミャンマー)からの留学生チョウ・ディンである。当時のビルマは英国支配の影響下にあり、アジアの中でもサッカー先進国であった。早稲田高等学院サッカー部の練習をたまたま見かけたチョウ・ディンはインステップキック・インサイドキックなどの基礎技術や基礎戦術を指導する。

その指導を受けた早稲田高等学院はインターハイで2連覇を達成し、チョウ・ディンの名は全国サッカー関係者の間に知れ渡ることになる。23年の関東大震災で授業を受けられなくなったチョウ・ディンは、時間が空いたため全国巡回コーチを行なった。その巡回コーチにより山口高等学校(現山口大学)で指導を受けた竹腰重丸などの名選手が生まれ、その後の日本サッカー界に大きな影響を与えた。

FIFA加盟とオリンピック参加決定

チョウ・ディン指導の成果で27年に国際試合でようやく初勝利を挙げると、28年には国際サッカー連盟FIFAへ加盟する。そういった課程を経て、30年の第9回極東選手権東京大会で国際大会初優勝を飾るなど、ゆっくりだが着実に日本サッカーは発展していった。

30年にはウルグアイで第1回ワールドカップ(当時世界選手権)が開催されているが、日本も前年にFIFAから参加を打診されている。だが当時の日本協会には資金もなく、遠く南米まで遠征するという考えはなかった。それよりも日本サッカー界の目標は、すでに国際スポーツの祭典と知られていたオリンピックであった。オリンピックなら、体育協会からの補助金も期待出来たからである。

32年のロサンゼルス大会ではサッカーが競技として採用されなかったので、日本協会は36年のベルリン大会初参加を目指すこととなった。同盟国ドイツの開催する大会だけに、日本は大選手団を派遣することになりサッカーチームもその対象だった。そしてサッカー競技参加を表明した世界の16カ国がそのまま認められ、予選を行なうこともなく日本蹴球チームのオリンピック出場が決まったのだ。

代表選手の選考はチームのまとまりを重視し、当時最強の早稲田大学蹴球部員を中心に幾人かの優秀な選手を補強として加えるという形になった。16人の選手が選ばれると監督には早大出身の鈴木重義が任命され竹腰重丸もコーチとして加わった。そして1ヶ月余りの合宿で選手たちを鍛え、ベルリンへ出発した。競技は16チームによる勝ち抜きトーナメント形式で、日本の第1回戦の相手はスウェーデンだった。

スウェーデンは当時のヨーロッパサッカー先進国のひとつで、オリンピックやワールドカップでも実績を残していた。サッカー発展途上地域のアジアからヨーロッパに初めて来た日本チームにとって、強豪スウェーデンとまともに戦えるか疑問でさえあった。

それでも日本は地元のクラブチームとの練習試合を重ね、2バックから当時最先端の守備戦術3バックシステムへ切り替える。オフサイドルールが変更された事により新しい守備戦術が生まれ、実は日本にも3バックの理論が伝わっておりそれなりに試してはいたのだ。そのため、急遽のフォーメーション変更にも割とスムーズに対応出来たようだ。

ベルリンオリンピック スウェーデン戦

地元強豪クラブチームとの最終戦で新戦術の手応えを感じた日本チームは、1936年8月4日ついにスウェーデンとの対戦を迎える。試合は観客6千人を集めたヘルター・プラッツ競技場で行なわれた。

試合前に両チームの選手はグラウンド練習で顔を合わせたが、その時大柄なスウェーデンの選手たちは小さな日本人選手に対し薄笑いを浮かべていた。スウェーデン選手たちの関心はすでに次戦の相手になるだろうイタリアに向けられており、日本チームは眼中に無かったのだ。

闘志を燃やした日本は前半強風が吹くグラウンドで風上に陣取り先制点を狙うが、スウェーデンの圧力に押されペースを握られる。彼らの強さは桁違いで、今までの練習相手とは比較にならないほどだった。15分頃には右のフルバック堀江が相手選手と激突し肘を骨折したが、当時は選手交代が認められず痛みを堪えながらプレーせざるを得なくなった。

だが、時間が進むにつれ落ち着きを取り戻した日本はいくつかのチャンスを作り出す。しかし屈強な相手ディフェンスに得点を阻まれ、一瞬の隙を突かれて反対にシュートを決められてしまう。結局前半に2点を奪われ、日本チームの勝利は遠のいたかに思えた。

ハーフタイム、強豪を相手にして途方に暮れる日本選手に円陣を組ませ、鈴木監督が声をかけた。「お前たち、今日は馬鹿に調子がいいじゃないか。これなら後半はいける。後半頑張ればきっと勝てる」

意外な発言だったが、この言葉で選手たちは開き直りやる気を取り戻した。

日本の大逆転「ベルリンの奇跡」

後半は不利な風下だったが、日本は油断しきったスウェーデンに開始早々攻勢をしかける。後半開始4分、相手の緩慢なプレーで守備に穴が空いたのを見逃さなかった日本の左サイド、加茂兄弟が俊敏なプレーで切り込み、送られたクロスをエース川本がシュートして日本初得点を決めたのだ。

守備陣も奮闘し3バックシステムも機能して相手の攻撃を潰していくうち、後半13分日本にまたチャンスが訪れた。加茂兄弟が再び相手陣営に切り込み、ペナルティエリアの川本に向かってセンタリングを上げた。川本は力んで球をそらしてまうが、後ろに走り込んでいた右サイドの右近が強烈なシュートを決め日本は同点に追いつく。

こうなると日本ペースで、詰めかけたドイツの観客たちも日本チームを熱心に応援しだした。スウェーデンチームは目を覚ましたように攻め始めたが、そのプレーは冷静さを欠き精度も失っていた。そして彼らのシュートを日本のゴールキーパー佐野がことごとく防ぎ、試合も硬直状態になって延長戦に入るかと思われた時だった。

後半終了5分前、スウェーデン選手の不用意なバックパスが味方選手から大きく逸れ、無人のフィールドにボールが転がっていった。そこへ猛然と走り込んでいった日本人選手がチームNo.1の俊足、松永だった。その勢いに慌てたスウェーデンのフルバックがボールに追いつき蹴り出そうとしたが、球を擦ってしまい走り込んできた松永にパスする形になってしまう。松永はそのボールをドリブルし相手キーパーと1対1になると、ゴール直前でシュートした。

だが松永は誤って芝を蹴ってしまい体勢が崩れ、ボールはキーパー正面に転がっていった。万事休すかと思われたが、ボールはタイミングを外されたキーパーの股間を抜け逆転のゴールとなったのだ。

そのあと日本が最後のピンチを凌ぐと試合は終了し、スタンドから興奮した観客がなだれ込んできた。これが日本サッカー界最初の偉業『ベルリンの奇跡』である。

この試合をラジオ実況していたスウェーデン放送のアナウンサーは、日本選手が母国チームを苦しめている様子に「ヤパーナ、ヤパーナ(日本人が、日本人が)」と連呼したそうだ。そしてこの言葉は、のちのちまでスウェーデンで語られることになる。

この試合で精根尽きた日本チームは次のイタリア戦で0-8の大敗を喫してしまう。だがスウェーデン戦の大きな1勝は、日本サッカー界にとって誇れる戦績となった。日本代表はこの活躍で1938年のフランスワールドカップ予選にエントリーし、4年後の東京オリンピックに向けての強化も決まった。

しかし戦争の気運が高まったことによりワールドカップ予選の棄権を余儀なくされ、オリンピック開催は返上されて、日本サッカー界は長い暗黒の時代を迎えることになる。

次:サッカー日本代表史 2. 激闘、日韓戦

カテゴリー サッカー史

シェアする

フォローする

スポンサーリンク