サッカー日本代表史 6. 狂い始めた歯車

スポンサーリンク

日本の左サイドバック、都並敏史の故障

日本がアメリカW杯の最終予選進出を決めたその約1週間後、93年5月15日にJリーグ開幕記念試合となるヴェルディvsマリノス戦が行なわれた。国立競技場に満員の観客を集めマスコミにも大きく扱われたこの試合には、日本代表の左サイドバック都並敏史の姿もあった。

都並はすでに32歳のベテランだったが、Jリーグの熱狂も後押しとなり身体はよく動いていた。しかし好調をキープし迎えた第3節のサンフレッチェ戦、身体の大きな外国人選手と激しくぶつかり左足首を痛めてしまう。

足首に激痛が走ったためこの試合は退き、都並はこの後3試合を欠場し治療に充てる。だが他の選手の戦線離脱が続いたチーム事情に、無理を押して2週間後の試合へ強行出場をせざるを得なくなる。

その試合は激痛を堪えながらのプレーだったにもかかわらず、3日後の試合にも出場してついに都並の足首は悲鳴を上げる。レントゲン撮影では原因がはっきりしないまま練習を続け、ある日踵の骨が音を立てて砕けてしまう。都並の甘い判断が招いた最悪の結果だった。7月には疲労骨折をした左の踵にボルトで骨を固定する手術を受け、もはや今期のJリーグ出場は諦めざるを得なかった。

だが最も深刻な問題は、3ヶ月後に迫ったW杯最終予選出場の可能性だった。オフトの日本代表には、都並の代わりを努める左サイドバックがいなかったのだ。

狂い始めた歯車

都並の怪我を知ったオフトとコーチの清雲は、すぐにJリーグの視察を重ね代役探しを始める。左サイドはオフトジャパンの生命線だった。守っては身体を張って相手の攻撃を抑え、駆け上がっては前線のラモスやカズと連携を取り攻撃できるのが都並の強みなのだ。センタリングの正確さも、サイドの選手の中では秀でた技術を持っている。そんな都並の能力が、代表チームには不可欠だったのである。

その攻守におけるバランスの良さは、走力だけではなく適切なポジショニングとタイミングを見極める経験の豊富さによるものだった。アジアNo,1の左サイドバックといえる都並の代役を務められる選手が、慌てて探したところで見つかるはずがなかった。

都並の替わりが見つからないままJリーグは一時中断し、W杯最終予選のため代表チームはスペイン合宿を行なう。Jリーグの過酷な日程や引き分けなしの延長Vゴール方式の採用で、選手たちは疲弊していた。

開幕前の第1次予選から福田は調子を崩し北澤は足を骨折していて、合宿時のコンディションは最悪だった。高木も復帰は早かったが足の手術をしており、キャプテン柱谷に至っては肝炎にかかり合宿にさえ参加出来なかった。

スペイン合宿の大きなテーマはJリーグの疲労を取ることと、左サイドバックを決めることだった。オフトはJリーグで好調だった清水エスパルスFWの長谷川健太と、都並の代役候補としてジェフユナイテッド市原の江尻篤彦を代表に招集する。怪我の治り次第では最終予選出場の可能性が残されていた都並も、注射で痛みを抑えながら合宿に参加した。

江尻は本来MF左サイドの攻撃的な選手で守備は得意と言えなかった。スペインの地元クラブチームとの練習試合で江尻は左サイドバックとして起用され適性を試されるが、どうしても守備が疎かになり再三ピンチを招いてしまう。オフトの期待に添えなかった江尻は前半のプレーだけで退き、二度と彼が使われることは無かった。

一方、都並の足首は痛みが続き、麻酔を何本も注射しなければ練習も出来ない状態だった。いっこうに回復の兆しさえ現われず、我慢強い都並も思わず弱音を吐くようになっていた。

オフトの選択

代表チームはスペイン合宿を終え日本に戻ると、二週間後の最終予選に向けて最後の調整を行なった。幸い柱谷の体調も回復し、代表の練習に参加出来るようになっていた。最終予選の出発前、コートジボワールとの試合が予定されていた。オフトは清水エスパルスで守備的ハーフを務める三浦泰年を代表に呼び、左サイドバックとして試してみることにする。

泰年は三浦知良の実兄でかつて読売でプレーした選手でもありカズ・ラモスとの連携は問題なかったが、問題は馴れない左サイドの守備だった。試合ではコートジボワールが左サイドを余り攻めてこず、泰年の守備力を確かめるまでには至らなかった。それでもオフトは、左サイドのポジションを無難にこなした三浦泰年を最終予選のメンバーに加える。

コートジボワール戦の前、都並は大量の麻酔が効いたのか一時的に痛みがなくなり、練習試合で50分間プレーをしている。そのプレーが良かったので、オフトと清雲は最終予選で少しくらいは都並が使えるのではないかと期待を抱く。

麻酔が切れると相変わらず激痛がぶり返していたが、都並は一縷の望みを持って病院で最終チェックを受ける。だが彼に渡された足首のレントゲン写真には、骨に新たな亀裂が現われていた。もはや最終予選での復帰は、絶望的な状況だった。

報告を受けたオフトは、それでも都並をカタールへ連れて行くことにする。たとえ試合に出られなくても、都並をスタンバイさせておくことで相手を攪乱できると考えたからだ。

運命のアジア最終予選

アメリカW杯アジア最終予選は93年10月15日にカタール・ドーハで開幕した。1次予選を勝ち抜いた日本・韓国・北朝鮮・サウジアラビア・イラン・イラクの6ヶ国が総当たりで戦い、そのうち上位2ヶ国がW杯の出場権を得る。日本が初戦で当たる相手はサウジアラビアだった。開催地カタールとは隣の国で応援のサポータも大勢駆けつけ、事実上サウジのホームゲームといえた。

1次予選で警告を2つ受けていた都並は、この初戦は出場停止だった。しかし彼は敵の目を欺くために、注射を打ち無理を押して練習に参加する。サウジアラビア戦で左サイドバックに起用されたのは、代表に招集されたばかりの三浦泰年だった。試合が始まると攻撃は期待通り機能したが、危惧された守備面はやはり不安定を感じるものだった。

中盤の選手である三浦泰年はどうしてもポジションが中よりになってしまい、左サイドに通されたボールに対しチェックが遅れていたのだ。しかし左サイドバックの経験がほとんど無い彼にとって、それはどうしようもないことだった。

2列目からの飛び出しが役目の福田正博は、Jリーグでの不調と中東の気候が合わなかったことでスランプに陥っていた。それでも好機を窺っていた彼に、前半20分願ってもないチャンスが訪れる。相手ペナルティエリアに走り込んだ福田に、ラモスのヘディングパスが通ったのだ。難しいパスだったが、ボレーで合わせた球は相手キーパーの逆サイドを突いた。最高の感触で打ったシュートは強さもコースも完璧で、福田はゴールを確信する。

しかしそのシュートは、驚異的な身体能力を誇るGKアル・ディアイエの神がかり的なセーブに阻まれた。絶好のチャンスを逃した福田は復調のきっかけを失い、これ以降得意のドリブルも影を潜め精彩を欠いていく。

初戦ということで双方慎重になったのか、試合は0-0の引き分けに終わる。強敵サウジアラビアとの対戦と考えれば、日本にとって決して悪い結果ではなかった。だが次のイラン戦は是非とも勝ちたい試合だった。予選も終盤に入ると、体力的にきつくなるのが分かっていたからである。

追い込まれていく日本代表

18日に行なわれた第2戦のスターティングメンバーは初戦と同じだった。都並が起用されなかったことで、怪我の深刻さは周知のものとなる。第1戦を見ていれば、日本の弱点が都並のいない左サイドであることは明白だった。

オフトはイランが日本の弱点を突いてくることを予想し、ラモスと井原に左サイドをケアさせた。しかし第1戦を落としているイランは必死だった。イラン選手の当たりの激しさに、ラモスは身体を痛めプレーのキレを失う。そして、左サイドへ執拗に攻撃を受け続けると日本の守備は綻びを見せ始め、前半のロスタイムにフリーキックから先制点を許してしまう。

後半日本は得点を狙うべく、吉田光範に替えて練習で好調だったFW長谷川健太を投入する。さらに73分には三浦泰年を中山雅史と交替させ、リスク承知で超攻撃的な布陣を敷いた。しかしその賭けは裏目に出てしまう。

85分、前掛かりになった日本守備陣の裏にパスが出されると、イランの新鋭FWアリ・ダエイがオフサイドラインをかいくぐり飛び出す。そしてダエイは、飛び出してきたGK松永成立を軽くかわし無人のゴールへボールを流し込んで、イランが0-2と突き放した。

その瞬間、日本の選手とサポーターたちに絶望感が広がった。だが諦めていない男が一人だけいた。試合終了直前、イランゴール右サイドのエンドラインを越えようとしていたボールを、中山がスライディングで止める。中山はすぐに立ち上がると、ゴール前にグラウンダーのボールを蹴り込んだ。クロスのつもりだったそのボールは強い回転が掛かり、イランゴールへ吸い込まれて日本は1点を返した。

中山はイラン選手が抱えていたボールをひったくると、グラウンドの中央に向かって走っていた。30秒あればもう1点奪える、そんな気持ちだった。だが直後に試合はタイムアップを迎え、1-2の敗戦となってしまった。全チーム2試合を終えた時点で、日本は最下位に沈んでしまう。

このあと記者会見に臨んだオフト監督は、残り3試合の勝利を宣言する。本当の勝負は、まだこれからだった。

次:サッカー日本代表史 7. ドーハの悲劇

カテゴリー サッカー史

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク