「水曜日のダウンタウン」モンスターハウス

スポンサーリンク

モンスター クロちゃん

キモい。クロちゃん、本当にキモい。あまりのおぞましい光景に、テレビから悲鳴が聞こえてくる。何かというと『水曜日のダウンタウン』の1コーナー、“モンスターハウス„での安田大サーカス、クロちゃんのキスからグラスを舐め回すくだりである。

この番組には世の中の説を検証し立証するという謳い文句があるのだが、そもそもこの、“モンスターハウス„のコーナーは何の説を検証しているのか全く説明がない。ただひたすらクロちゃんのクズっぷりを写し出しているだけだ。もはや番組のテーマなんか関係なしに、クロちゃんで遊んでいるだけの企画だ。

もっとも、このコーナーはヤラセ臭満載だし仕込み感プンプンでリアルさはないが、別にそれは構わない。ヤラセであろうと、それがクロちゃんのゲスっぷりを炙り出す演出なのだから。だいたい元ネタの『テラスハウス』自体も仕込みや演出ありの擬似恋愛バラエティーなのではないか(見たこと無いけど)。クロちゃんもだいぶ自分のキャラを意識しているように見えるが、それでもあのキモさは面白い。

バラエティーとはそういう虚構の上で、タレントたちがパーソナリティーを発揮することで企画が成立している、と思う。舞台や装置が仕組まれたものでも、演者が真剣に取り組んでいるのならそれでいいのではないか。

文春は今週も『イッテQ』のヤラセ問題を取り上げるようだが無粋なもんだ。外交問題という程のもんじゃないだろう。これではバラエティーの幅がどんどん狭まってしまう。文春はテレビのネタを扱うなら、もっと重要なニュース番組とかの問題を取り上げるべきじゃないのか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク