2018ユーキャン新語・流行語大賞

スポンサーリンク

12月3日に2018年の新語・流行語大賞が発表された。年間大勝には平昌オリンピック女子カーリングチームの「そだね~」が選ばれている。他にトップテンに入ったのが「eスポーツ」「(大迫)半端ないって」「おっさんずラブ」「ご飯論法」「災害級の暑さ」「スーパーボランティア」「奈良判定」「ボーっと生きてんじゃねーよ!」「#MeToo」

不勉強ながら「ご飯論法」は最近、情報番組で取り上げられるまで知らなかった。でもその他は今年よく耳にした言葉で、納得の選考だ。ジャーナリストもどきの鳥越俊太郎が選考に関わっていた頃は、選考に偏った意図を感じることが多かった。それを考えると近年は比較的すんなりと受け入れられる選考となっており、良い傾向だと思う。


「(大迫)半端ないって」はサッカーファンには以前から知られていたフレーズだが、今年のワールドカップの活躍でクローズアップされた言葉だ。この言葉の生みの親である滝川第二高校サッカー部の当時のキャプテンは、今は普通の銀行員でマスコミのインタビューには一切応じていないらしい。一般人がマスコミと関わってもロクなことは無いので、賢明な対応だと思う。

「おっさんずラブ」は見逃してしまったが、面白そうなので機会があれば見てみたい。ボーっと~の『チコちゃんに叱られる!』は4月のレギュラー放送開始から好調で、今週も15%に迫る視聴率を獲得していた。しかも金曜夜の本放送より、土曜朝の再放送の方が視聴率が高いという不思議な現象が起きている。子供たちに人気で朝から見られているのだろうが、自分の様なボーっと生きているおじさん(5さい)にも、ヘーっと思わせてくれる楽しい番組だ。

先日、本屋を覗いたら“スーパーボランティア”尾畠春夫さんのインタビュー本が置かれていた。確かこの本は尾畠さんの意に添わないということで出版延期となっていたはずだか、問題はクリアしたのか?。とにかくこういったトラブルに巻き込まれがちだから、一般人はマスコミと関わらない方がいいのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク