「ぐるナイおもしろ荘」元旦特別編2019

スポンサーリンク

元旦恒例の『ぐるナイおもしろ荘』は無名芸人を集めたネタ見せ番組だが、過去この場所から沢山の人気者を生み出している。去年の出場者で言えば、ひょっこりはんがブレイク、完熟フレッシュがプチブレイクし、レインボー・宮下草薙・東京ホテイソンもネタ番組でよく見かけるようになった。

無名芸人にとって、実力者のひしめくM-1やキング・オブ・コントなどのコンテスト番組より、よっぽど名を売るチャンスが大きい番組である。そのため芸の完成度よりインパクト重視の傾向があり、いかに視聴者へ印象を残せるかが彼らの勝負どころだ。

ということで、今年の出場者10組の印象を簡単に。

サツキ:  きっちりとした漫才を披露。キャラにも特徴があったが、気持ち悪い乳首のインパクト大。

セルライトスパ:  ガッツリと本格コントを見せてくれて面白かった。2位を獲得。

レオタードユリ:  芸風はバレリーナ芸人の松浦景子と被っている。あっちの方が見た目もいいし。体操芸人として、オラキヲとコラボしたら面白いかな。

ぺこぱ:  ツッコミそうでツッコまないのが新しくて面白い。1位にはなったが、少しポンコツ臭がしないでもない。

夢屋まさる:  ジェンダレスキャラ。「パンケーキ食べたい」のリズムが癖になる。ただブレイクしたとしても、このキャラ続くかな。

ゼスト:  「鈴木に続き都築、頭突き好きに気づき」よく稽古したな。3位にはなったが、華がない。

ねこじゃらし:  筋肉芸人コンビ。二人とも個性が薄いので、筋肉芸人枠に割り込むのは難しそう。

ワールドヲーター:  オタク3人と説明係1人。スタイルはにゃんこスターと似ているが、需要がないだろうな。

まんぷくユナイテッド:  ファイヤー!。

ソノヘンノ女:  キャバ嬢コンビ。ネタは『ゴッドタン』で松丸友紀アナとコラボした時の方が面白かった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク