アジア杯初戦 日本対トルクメニスタン

スポンサーリンク

アジアと言えども、真剣勝負の戦いでは何が起きるか分からない。日本は第1試合のトルクメニスタン戦でまさかの苦戦、前半を0-1とリードされてしまった。相手がゴール前をガチガチに固めているのに、中央からパスで綺麗に崩そうなんてちょっと過信があったかな。

トルクメニスタンにシュートを決められてしまった場面も、相手をフリーな状態で打たしてしまってる。まさかあんな良いシュートを打たれるとは思ってなかったんだろうが、日本の守りに油断があったのは否めないところだ。

それでも後半は攻め方を変え、サイドからの攻撃を増やしたのが功を奏した。大迫が立て続けに2点を入れ逆転に成功したが、やっぱり日本のエースは頼りになる。堂安の3点目も巧みなシュートだったし、ここまでは良かった。

だがその後明らかに足の止まったトルクメニスタンに対し、追加点を入れられなかったのは詰めが甘い。それに守備の連携がいまいちだったのは、不安を残すところだ。あの吉田のヘディングからのバックパスは、いつものやらかし癖が出たかと思うくらいヒヤリとした。まあ確かに難しい守備ではあったんだけどね。

最後にボールを失ってから、PKに繋がってしまった一連のプレーは反省点が多い。簡単にボールを奪われた北川や中央をカバー出来なかった吉田と槇野、ファウルを犯した権田とミスが重なってしまたのはいただけない。この軽率なプレーで1点差となり、トルクメニスタンに息を吹き返させてしまった。やってはならないミスで、集中を欠いていたと言われても仕方がないだろう。

でも波乱が続いているこの大会で、順当に勝ち点3を獲れたのは大きい。2戦目のオーマーンにも勝てば、グループ最後のウズベキスタン戦で主力選手を休ませられるし。辛勝だったが初戦の難しさもあったろうし、暑い気候にも馴れていなかったのかも知れない。初戦を苦しんだおかげで、返って修正点が明らかになったと前向きに考えることも出来る。

結果オーライではあるが、悪くはない初戦だったと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク