アジア杯第2節 日本対オマーン




アジアカップFグループ第2節オマーン戦は、日本が1-0と勝利し決勝トーナメント進出を決めた。日本のシュートがいまいちだったのか、相手キーパーが当たっていたのか、何度も得点機を逃したがまあこういう試合もあるだろう。

オマーンの攻撃にも迫力がなく、ヒヤリとしたのは1~2回程度だったので安心して見られた。一番危なかったのはペナルティーエリアでボールが長友の手に当たったシーンだが、あそこはハンドを取られなくて良かった。スローで見れば、故意に手を出したと思われてもおかしくないプレーだ。審判が見逃してくれて助かった。

17日の最終節は同じく決勝T進出を決めているウズベキスタンとの試合になるが、現在得失点差でウズベキが日本を上回っている。しかし最終節は勝ち負けに拘る必要はないだろう。それよりもこの暑い気候と残り試合を考えると、主力を休ませた方が良い。この組を2位で勝ち上がれば決勝トーナメント1回戦でオーストラリアと当たる可能性が高いが、いつかは当たる相手だろうし特に問題はないだろう。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク