スポンサーリンク
スポンサーリンク

サッカー日本代表史 14. トルシエ時代(後編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サッカー日本代表史 14. 「トルシエ時代」(後編)

アジアカップ・レバノン大会優勝

00年9月、シドニー五輪代表がベスト8という成績を残すと、トルシエはすぐにA代表を率い10月に開催されたアジアカップ・レバノン大会に臨んだ。この大会にセリエAの強豪ローマに移籍したばかりの中田英寿は参加しなかったが、大怪我を負い代表を離れていた小野伸二がチームに復帰する。

日本の積極的なサッカーは、大会出場国の中でも群を抜いていた。名波浩を起点としスペースへ駆け上がっていく攻撃はダイナミックで、中村俊輔のスルーパスやプレースキックも冴え渡った。

日本は開幕戦で前回優勝国のサウジアラビアを4-1と一蹴すると、2戦目でも高原直泰と西澤明訓のWハットトリックなどでウズベキスタンを8-1と圧倒し早々と決勝トーナメント進出を決める。そして次のカタール戦では主力のほとんどを休ませ、1-1と引き分けて余裕でグループ1位を決めた。

準々決勝では、日本が開始早々イラクに先制点を許してしまう。だがその直後、日本は相手ゴール近くでフリーキックのチャンスを得た。キッカーはもちろん、FKの名手・中村。

その中村がボールを蹴った先は相手ゴールではなく、誰もいない真横の方向だった。その誰もいないスペースに名波が後ろから走り込み、ダイレクトボレーで合わせ同点弾を決める。その後日本は逆転し、結局4-1と得点を重ね力の差を見せたのだ。

準決勝は名将ボラ・ミルティノビッチ監督率いる中国との戦いで、日本は厳しい戦いを強いられる。両チーム点を獲ったり獲られたりの攻防が続き、日本は苦戦したものの結局3-2と逃げ切って決勝進出を決めた。

決勝の相手は、日本がグループリーグでも戦ったサウジアラビアだった。サウジは初戦の大敗後に監督を交替し、チームを立て直して決勝に臨んできた。守備を強化したサウジに日本は攻めあぐねるが、中村のフリーキックから望月重良が得点を挙げ1-0とリードする。

その後のサウジの攻撃は激しかったが、森岡隆三を中心とした守備陣の粘りとGK川口能活の好セーブで相手を無失点に押さえ込み勝利を手にする。日本にとって2アジアカップ2度目の優勝であり、アウェーの笛が吹かれるとされる中東開催の大会では東アジア勢初の栄冠となった。

「サンドニの惨劇」とコンフェデレーションズカップ

アジアカップのあと日本代表はヨーロッパ遠征をし、98’Wカップとユーロ2000のチャンピオン・フランスと親善試合を行なう。トルシエは母国の強豪チームに、自信を持って真っ向勝負を挑んだ。だが激しい雨とぬかるんだピッチという悪条件に、日本選手のパフォーマンスは低調だった。

反対にジダンやアンリなど最高クラスの選手を揃えたフランスは日本を翻弄し、0-5とトルシエのチームを一蹴する。まともに戦えたのは中田英だけという体たらくで、この試合は日本で『サンドニの惨劇』と呼ばれるようになる。

フランス戦惨敗の反省からトルシエはチームに守備寄りの修正を施し、1ヶ月後のスペイン遠征に臨む。日本はスペイン相手に服波戸康広・服部年宏という守備能力の高い両サイドを起用し、伊東輝悦を加えた3枚ボランチという守備的布陣。その結果日本はスペイン相手に安定した守備を見せ、0-1と健闘する。

そして01年6月にW杯プレ大会となる、日韓コンフェデレーションズカップに臨んだ。日本は開催国でもあったが、アジア大陸チャンピオンとしての参加だった。日本は初戦のカナダ戦で、小野がフリーキックを決めるなど3-0と快勝する。

続くカメルーン戦でFWに起用されたのは、負傷した高原に代わって招集されたばかりの鈴木隆行だった。鈴木は代表初先発で、トルシエは眼力の強さを見て彼を抜擢したのだ。カメルーンはエムボマ&エトーの強力2トップを擁するチームだったが、日本は終始ゲームを支配し優勢に試合を進めた。

鈴木も期待に応えて2得点を挙げ、日本はベストゲームと言える内容で2-0と勝利を収める。鈴木はこの試合以降日本代表に定着し、翌年のワールドカップ・ベルギー戦では執念のつま先ゴールを決め日本に勢いをつけることになる。

中田英寿の離脱と、コンフェデ決勝フランス戦

これでグループリーグ突破を決めた日本は3戦目を主力のいないブラジルと0-0で引き分け、準決勝でオーストラリアと対戦することになった。この試合は豪雨の中の戦いとなったが前半終了直前、日本は相手ゴール前でFKのチャンスを得る。

中田英と小野がセットされたボールの後ろに立ち、オーストラリアは6枚の壁を作った。ボールを蹴ったのは中田英で、壁の足元を抜けるグラウンダーのシュートが決まる。滑りやすいピッチを計算に入れた、頭脳的なFKだった。

こうしてオーストラリアを1-0と打ち破った日本は、決勝でフランスと戦うことになる。フランスはジダンやアンリこそいなかったが、彼ら以外ほとんどの主力を揃えたチームだった。だがこの決勝を前に、中田英は代表を離れることになる。

セリエAはリーグ戦の真っ最中で、しかも中田英の所属するローマは優勝目前だった。中田英はグループリーグ2試合のみという条件でこの大会に参加していたのだが、トルシエが無理矢理彼を引き留めていたのだ。

トルシエはなおも中田英を引き留めようとしたが、本人の意志と日本サッカー協会の判断で彼はローマへ戻っていった。これ以降トルシエは、公然と中田英を批判するようになる。

コンフェデレーションズカップの決勝は、Wカップのメイン会場となる横浜国際総合競技場で行なわれた。日本は力の勝るフランスに対し、粘り強い守備で得点を許さなかった。30分、フランスの中盤から日本DFの裏へロングボールが蹴り込まれる。だが一瞬前に日本の3バックはDFラインを上げ、フランスのFWをオフサイドポジションへ置き去りにした。

しかしそのオフサイドラインを突破し、中盤から駆け上がってきたボランチのヴィエラが裏のスペースへ抜け出した。フリーとなったヴィエラは頭でボールを浮かし、キーパーをかわして先制点を挙げる。

日本はヴィエラにフラット3の弱点を突かれたのだ。このまま試合は0-1で終了し日本は優勝を逃す。だが地元開催とは言え、日本は強豪国相手に互角の戦いを見せるようになっていた。

トルシエと選手たち そして海外挑戦の時代

このコンフェデレーションズカップでは新戦力として鈴木のほか、戸田和幸もボランチに抜擢されている。これまで戸田は、五輪代表など何度もトルシエジャパンに招集されていたが、専ら控えとして扱われていた。

戸田もトルシエを嫌い、「俺はアイツのやり方が好きじゃない」とか「サブにまともに練習させないから、代表に呼ばれるたびに下手になる」と公然と批判を繰り返している。

だがトルシエは鈴木や戸田のような、強いメンタリティを持つ選手を好んでいた。コンフェデで闘志あふれる守備を見せた戸田は、以降代表ボランチの定位置を獲得、トルシエに「私のデシャンだ」と重用されることになる。

トルシエは、ミスを犯した選手の個人名を挙げ敗戦の責任を転嫁したり、協会スタッフを挑発するなど日本人の感覚では理解出来ないような指導者だった。だがチーム作りに長け、選手を奮起させ能力を伸ばす手腕には定評があった。

そのため戸田のようにトルシエを毛嫌いする選手がいる一方、ワールドユース準優勝を果たした黄金世代からは信頼が厚かった。とにかく、単純には評価できないような監督である。

コンフェデレーションズカップ終了後、若手選手の海外移籍が活発となる。稲本がアーセナル・小野がフェイエノールト・西澤がボルトンへの移籍を決めると、高原のボカ・ジュニアーズへの移籍も発表された。さらに秋には川口がGKとして初めて、ヨーロッパリーグへ移籍することになった。

ワールドカップ前夜

地元開催でWカップ予選のない日本は、精力的に強化試合を行なった。キリンカップではパラグアイに2-0、ユーゴスラビアに1-0と勝利を収め、イギリスで行なったナイジェリア戦では2-2で引き分けるという好勝負を演じた。そしてトルシエは強化の締めくくりとして11月にイタリアを日本に招き、埼玉スタジアムで親善試合を行なう。

この試合には中田英も招集されていたが、トルシエは彼を先発から外す。表向きはパルマへ移籍した中田英の出場機会が減っており、コンディション不足が理由だと説明された。だが一方では、コンフェデレーションズカップ以来の確執があるのではないかと勘ぐる向きもあった。

試合は開始10分、日本が稲本のゴールで先制する。No,1キーパーのブッフォンや、DFカンナバーロとネスタといった鉄壁の守りを誇るイタリアだが、来日の翌日に試合という強行日程で選手の体調は良くなかったようだ。

そんな状況でも試合巧者のイタリアは日本の追加点を防ぎ、後半にドニの同点弾が決まり1-1の引き分けとなった。イタリアが万全ではなかったにしろ日本は強豪と互角に戦い、チームはトルシエの考える完成に近づいていた。

サッカー日本代表史 15. 02’日韓Wカップ

カテゴリー サッカー史

タイトルとURLをコピーしました