R-1ぐらんぷり2019

スポンサーリンク

気になる観客の過剰反応

今年のR-1でまず気になったのは観客の過剰反応だった。『エンタの神様』かと勘違いしそうな仕込み感満載で、しばらく芸人たちのネタに集中出来なかったくらいだ。松本人志さんもツイッターで「R-1の客・・・」と意味深に呟いていたらしいが、やっぱりご不満だったのだろう。

作り手は笑い声を足すことで視聴率アップに繋がると誤解しているのかも知れないが、コンテスト番組としては逆効果だ。これじゃあコンテストの真剣味と緊張感が薄れてしまうし、雰囲気がただのネタ番組と変わらなくなってしまう。

チャンピオンは霜降り・粗品

以前フジテレビは『M-1グランプリ』の後継『THE MANZAI』のコンテスト大会を不評により短期で終わらせている。それは『THE MANZAI』がショーアップの演出に寄りすぎて、コンテストの緊張感を薄めたのが原因だろうが、この分ではR-1も同じ愚行を繰り返すに違いない。

まあ『M-1グランプリ』も『キング・オブ・コント』も若い女性の観客が多いが、R-1の仕込みはやり過ぎで『女芸人 THE W』より酷い。あれじゃあ審査員の邪魔にもなるだろうし、良い点は何もない。R-1の視聴率は元々振るわないので焦っているのかも知れないが、フジテレビはピン芸人を育てる番組という使命感を持って作って欲しい。

と、前置きが長くなったが、今回のチャンピオンに輝いたのは、霜降り明星の粗品。粗品は霜降り明星のM-1獲得に続くタイトルとなる。粗品のこのフリップネタは、霜降り明星結成前からやっていた芸だ。

つまり漫才指向の強い粗品は、ピン芸人時代からフリップをボケの相方としてツッコミをやっていたのだ。そして今回はM-1優勝の勢いを持ってR-1でもピン芸漫才を披露、ネタは弱くてもツッコミの腕でチャンピオンの座を引き寄せたと言える。

勢いの足りなかった三浦マイルド

三浦マイルドも今回、フリップを使ってガラの悪い広島弁というネタをやっていた。ネタの内容では三浦の方が面白かったが、残念なのはツッコミがハマっていなかったことだ。的確なツッコミがあればもっと評価されただろうが、ネタの内容は良かっただけに勿体ない。

R-1はアイデアと新鮮さに加え、勢いと運が必要だ。今回の出場者の中で、粗品に一番勢いと運があったということだろう。

だーりんず・松本りんすのカツラ芸も面白かったが、まさに一発芸で2本目となるともう厳しかった。一方、セルライトスパ・大須賀の小声ネタは、観客の笑い声ほど面白いとは思えなかった。自分はマツモトクラブの一人コントが好きなのだが、R-1で支持されるのは難しかったようだ。あとは観客の大袈裟な笑い声とわざとらしい反応が気になって、忘れてしまったぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク