スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アメトーーク!」生きる伝説 ケイスケホンダ芸人

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ネタ扱いのレジェンド

日本代表を退いても、いまだに話題を提供してくれる本田圭佑。本名:ケイス・ケホンダ、出身地:アース、職業:挑戦者、って、ほとんど不思議ちゃんキャラちゃうの。

受け口のギョロ目、大口叩きで自己主張の強いファッション。そして両手に腕時計。千鳥じゃないけど、個性のクセが強い。今やネタ扱いのレジェンドだ。日本代表への貢献は認めるけど、あまりのクドさにウンザリしないでもないなあ。

ACミランの10番ブランドを強調していたが、あの頃のミランは落ち目の中堅クラブに過ぎなかったしな。ケイスケ・ホンダは図々しさだけで10番を背負っていただけだし。何だよリトル・ホンダって、下ネタかよ。

で、ACミランの歴代10番を調べてみると、ルート・フリット、デヤン・サビチェビッチ、ズボニミール・ボバンルイ・コスタクラレンス・セードルフ、いや強心臓だな!ケイスケ・ホンダ。メンタルだけはスーパースター級だ。

番組では南アWカップとミランでのFKを紹介していたけど、狙った場所も球筋も同じだったな。ホンダのFKと言えばこの二つくらいしか印象がないが、工夫がないので決定率が低いのがよく分かる。五輪出場を狙っているらしいがもういいぞ。若い選手の邪魔をすんなよ、選ばれないだろうが。

あなたにとってプロフェッショナルとは・・・「ケイスケ・ホンダ」。いやもう、自分で吹き出しそうになってるやないかい!。

タイトルとURLをコピーしました