2019年03月一覧

川島雄三「幕末太陽伝」

『幕末太陽伝』は57年に公開された時代劇コメディで、鬼才・川島雄三監督の代表作だ。物語は幕末の品川に実在した『相模屋』を舞台に、生き生きとした人間群像劇が繰り広げられる。主役の居残り佐平次は古典落語の登場人物だが、フランキー堺がその役を・・

「一発屋芸人の不本意な日常」

お笑い芸人・髭男爵の山田ルイ53世が自らの日常を、悲哀とユーモアを交え綴ったエッセイ本である。前著『一発屋芸人列伝』は一発屋と呼ばれる芸人に取材してその生き様を紹介した味わい深い芸人論だったが、今回は一発屋ならではの生態を悲哀とユーモア・・

サッカー日本代表史 24. アギーレ / ハリル時代

W杯の惨敗後、日本はアギーレ監督を招聘。しかしさしたる成績を残すこともなく、短期間で日本を去って行った。後任としてハリルホジッチが新監督に就任。だがその強権的で一方的な指導に選手は反発、結束力を欠いたチームは迷走し、ついに監督更迭の事態となる。

R-1ぐらんぷり2019

今年のR-1でまず気になったのは観客の過剰反応だった。『エンタの神様』かと勘違いしそうなほど仕込み感満載で、しばらく芸人たちのネタに集中出来なかったくらいだ。松本人志さんもツイッターで「R-1の客・・・」と意味深に呟いていたらしいが、・・・

ティム・バートン「バットマン」

バットマンが誕生したのは1939年、探偵・刑事の活躍をテーマとしたコミック誌においてである。当初クライム・ヒーロだったバットマンは、様々なクリエイターによってそのキャラも変化していく。そして60年代にはTVシリーズとなり、ジョーカーや・・・

黒澤明「赤ひげ」

黒澤ヒューマニズムの集大成で、デビュー作『姿三四郎』以来描いてきた師弟物語の完成形でもある。重厚感に溢れた3時間余りの大作で、江戸時代の医療施設・小石川養生所を舞台に、恵まれぬ環境に苦しむ患者に接しながら成長していく若者を描く人間ドラマだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク