2019年04月一覧

女王陛下の007/ダイアモンドは永遠に

ショーン・コネリーが007シリーズを降板すると、6作目『女王陛下の007』のジェームズ・ボンド役にジョージ・レーゼンビーが選ばれる。だが興行収入が落ち込み1作品で降板となる。次作でコネリーボンドが復活し『ダイアモンドは永遠に』が製作された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク