ケーシー高峯さん 逝去

スポンサーリンク

ホワイトボードを使った医事漫談で知られたマルチ芸人、ケーシー高峯さんが8日に福島県いわき市の病院で死去した。享年85歳。死因は肺気腫で、若い頃からの愛煙家だった高峯さんは肺を煩っていたそうだ。

山形県出身の高峯さんは、商社マンの父親と江戸時代から続く医師家系の母親の間に生まれ、家業を継ぐため日大医学部に入学している。だが大学卒業後は芸人の道に進み、漫才コンビ解散後の68年に白衣姿の医事漫談を生み出した。

ホワイトボードや黒板を使い、医学用語を説明しながら下ネタを交えた毒舌の漫談は、お笑い番組で引っ張りだこになり、「グラッチョ」「セニョール」などの言葉を流行させた。漫談のほか、特異な個性を生かした俳優活動もし、多くのテレビドラマや映画にも出演している。

芸名の“ケーシー”はアメリカの医療ドラマ『ベン・ケーシー』にちなむもので、高峯は小学校時代の憧れの女優・高峯秀子さんの名前を拝借しているそうだ。白衣姿の医療漫談を始めたのは、大学時代医学部を辞めて勘当された母親への償いの気持ちかららしい。

05年に舌がんを患い30針を縫う大手術を経験している。だが復帰後も自分の病気をネタにするなど、元気な姿を見せている。大ベテランになっても正月番組などでお馴染みの芸を披露するなど存在感を発揮、最近まだその活躍を見せていた。最後のステージは昨年9月、浅草東洋館でのBS朝日演芸番組『お笑い演芸館+』の収録だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク