「芸人先生シーズン2」横澤夏子

スポンサーリンク

22日のNHKEテレ『芸人先生シーズン2』は【横澤夏子 苦手な上司とのつきあいが上達するコミュニケーション】。先週と同じ東武百貨店池袋支店での収録なので、阿佐ヶ谷姉妹編との2本撮り収録みたいだ。

横澤夏子といえば『女芸人No,1決定戦 THE W』で阿佐ヶ谷姉妹と優勝争いをしているが、申し訳ないことにネタを全く覚えていない。今まで彼女のネタを面白いと思ったことが無く、女性特有の感性がおじさんとは相性が悪いみたいだ。

でも同年代の女性には「あるある」って感じでウケるんだろうし、そこは分からないでもない。それに彼女が見せる“おかめ”のような表情は、愛嬌があって嫌いではないぞ。

普段横澤夏子に注目することはないが、彼女が売れっ子タレントになっている理由は何だろうと考えてみた。調べてみると彼女は、「卓越した洞察力で、日常によくいそうな女性をデフォルメして細部までコミカルに表現する」芸風が評価されているようだ。

キャラが強いわけでも、芸のスキルがあるわけでもない横澤夏子の武器は、「卓越した洞察力(インプット)」と「表現(アウトプット)」の能力にあると思う。つまり、MCや作り手の意図を正確に把握し、大当りしなくとも決して外さない表現やコメント能力が重宝されているのではないだろうか。

それに素の個性で勝負する、横澤の肩肘張らない普通さもちょうど良い。彼女のように出過ぎず引っ込みすぎない存在も、番組作りのピースのひとつとして必要とされているのだと思う。・・・・知らんけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク