スポンサーリンク
スポンサーリンク

6月のサッカー・トピックス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
UEFAチャンピオンズリーグ決勝 リバプールVSトッテナム

2018-19シーズン・UEFAチャンピオンズリーグ決勝が、6月2日にアトレティコ・マドリードの本拠地、エスタディオ・メトロポリターノで行なわれた。

決勝カードはリバプール対トッテナムのイングランド・プレミアリーグ対決。ちなみに先日行なわれたヨーロッパリーグ決勝も、チェルシー対アーセナルのプレミア対決(しかもロンドン・ダービー)だった。

リバプールは準決勝・バルセロナFCとのアウェー第一回戦では0-3と完敗、決勝進出は絶望的だと思われていた。ところが、第二回戦ホームの試合でFWフィルミーニョとサラを欠きながら4-0と勝利、“アンフィールドの奇跡”と呼ばれる大逆転劇を演じている。

トッテナムも準決勝・アヤックス戦、ホームの第一回戦で0-1と敗北し不利な状況に追い込まれた。しかしアウェーの第二回戦では3-2と勝利、合計スコアでは3-3と並んだがアウェーゴールの差で決勝進出を決めた。

リバプールは去年に続く決勝進出で、一方のトッテナムは初優勝を狙う戦いだ。勝負強さを持つ両チームの、白熱した試合が期待出来る決勝戦である。

リバプール優勝

と思ったら開始すぐにトッテナムのシソコがハンド、サラがPKを決めリバプールが先制した。シソコのプレーは、ボールを持つマネの目の前で思い切り腕を広げるという間抜けなもので、どうぞ狙って下さいって言ってるも同然だった。主審に何かアピールしようとしたのだろうが、ペナルティエリア内なのに軽率極まりないプレーだ。

トッテナムは、怪我から復帰したケインや絶好調のソン・フンミンを中心に反撃を試みるが、GKアリソンの好セーブもありなかなか得点が生まれない。そして試合も大詰めを迎えた87分、途中出場のオリジがグラウンダーのシュートを決めリバプールが追加点、勝利を確実にした。

こうして2-0で試合は終了、リバプールがチャンピオンズリーグ6度目の優勝を果たした。初めてC/L賜杯を手にしたクロップ監督は、今季プレミアリーグでマンCに優勝をさらわれた屈辱を晴らしたことになる。

トゥーロン国際2019 日本初戦勝利

昨日から始まったトゥーロン国際は、毎年フランスで開催される若手世代を集めた国際大会。香川真司や本田圭佑・大迫勇也に南野拓実などもここで海外に認められるなど、若手にとって絶好のチャンスとなる大会だ。

予選第一回戦を戦うイングランドはU-20だが大会3連覇中の手強いチームで、本国では黄金世代と呼ばれているそうだ。この期間U-20Wカップが開催されており、コパ・アメリカも控えているので、日本は戦力を分散して大会に臨んでいる。

日本は38分にCKから失点、イングランドを追いかける展開となる。だが逆点を狙い後半すぐに攻勢をかけた47分、舩木からのプレースキックを大南が決め同点とした。さらに68分、ハンブルガーに所属する伊東が左サイドから切り込みクロスを上げる。それを長沼が頭で合わせ、日本は逆点した。

こうして2-1と勝利した日本は、難敵イングランドを相手に貴重な勝ち点3を獲得、予選突破に勢いをつけた。この試合で目に付いた選手が、流通経済大学のオビ・パウエルオビンナ。193㎝の長身GKだが、軽快な動きで安定した守りを見せていた。次の日本の試合は、4日の第2節チリ戦となる。

その他の話題

日本が予選突破を決めていたU-20Wカップだが、決勝トーナメント第一回戦の相手が韓国に決まった。韓国チームはマナーの悪さを批判されるなど、いろいろ面倒くさい対戦相手だが、日本は怯まず戦いに行って欲しい。だが田川と斉藤光毅が負傷離脱してしまったのは、ちょっと痛い。

なでしこジャパンは今日行なわれる親善試合・スペイン戦を終えると、いよいよ10日にはWカップ予選リーグの初戦、アルゼンチン戦を迎えることになる。アルゼンチンは格下だが、油断は大敵だろう。そして19日には、コパ・アメリカの予選リーグ初戦、チリ戦もある。

この大会に招集されている久保建英は、先日のJリーグ・大分トリニータ戦で2ゴールを挙げるなど好調だ。コパ・アメリカは難敵揃いの戦いとなるが、彼がどこまで通用するか観てみたい気もする。

てなところで、代表ウォッチャーには忙しい月になりそうだ。

タイトルとURLをコピーしました