スポンサーリンク
スポンサーリンク

キリン杯 日本対トリニダード・トバゴ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5日のキリンチャレンジカップ2019、対戦相手はトリニダード・トバゴ。この試合森保ジャパンは初めてとなる3バックを採用、戦術の幅を広げるため新しいオプションが試された。

従来の4バックはワントップの大迫と、中島・堂安・南野の若手BIG3による連携で攻撃を仕掛けていたが、今回3バックにしたことで南野が抜ける布陣となった。その分、長友と酒井宏の両サイドの攻撃参加がポイントになるが、この試合を見た限りまだまだ手探り状態という印象だ。

内容は日本が一方的に攻めていたが、もともと実力差があるので3バックの効果を判断するのは難しい。日本は試合開始から何度も得点機を作っていたが、相手DFの粘り強い守りに得点を阻まれていた。GKフィリップの動きも軽快で、前半には堂安1対1のシュートを阻止、後半は昌子のヘディングシュートをギリギリ掻きだし失点を防いでいた。

それでも格下相手に無得点に終わったのは物足りない。相手GKが当たっていたにしろ、それならなんか工夫が必要だと思う。日本選手は形にこだわり過ぎるし、シュートも正直すぎるので相手に読まれやすいのだろう。得点を増やすためには、もっと狡猾さが必要だ。

そんな中でも中島のプレーは目立っていた。チェックに来た相手を、鮮やかなターンで抜き去った左サイドでのプレーも素晴らしかったし、クロスバーを直撃したFKも惜しかった。テクニックも高いが、ほかの選手と違うのはそのアグレッシブさだろう。とにかく今一番代表で魅せてくれる選手だ。

9日の日曜日にキリンチャレンジカップ・エルサルバドル戦を行なった後、日本代表はコパアメリカのためブラジルに向かう。2月のアジアカップでは怪我で中島翔哉のプレーが見られなかったが、その分コパ・アメリカで南米チーム相手に活躍する姿が楽しみだ。(視聴できるのはDAZN配信のみ)

タイトルとURLをコピーしました