ワールドカップの歴史 第3回フランス大会

スポンサーリンク
FIFAワールドカップ、第3回フランス大会(1938年)

「戦争の足音」

開催国決定を巡る欧州と南米の紛糾

第3回ワールドカップの開催地を決めるFIFA総会は、36年8月にオリンピックが開催中だったベルリンで行なわれた。立候補していたのはフランスとアルゼンチン。アルゼンチンは第1回大会で準優勝に終わった雪辱を果たそうと、強く自国開催を訴えていた。

またワールドカップは南米と欧州で交互に開かれるべきだとの主張は、南米諸国の支持も集めていた。しかしFIFAが選んだのは、会長ジュール・リメの母国フランス。リメ会長の意向が強く働いたこともあるが、やはりFIFAは欧州重視の組織だったのだ。

落選したアルゼンチンは憤慨し、南米諸国も不満を露わにした。そして大会をボイコットする国が続出、或いは予選にエントリーしても試合を棄権する。その結果、ボイコットしなかった南米のブラジルと北中米のキューバは予選を行なわずに、ワールドカップへの出場が決まった。

欧州では、開催国・優勝国枠が初めて設けられ、フランスとイタリアは予選を免除された。そして欧州予選にエントリーした22ヶ国(含むエジプト)をグループ分けして戦い、本大会出場を決めたのがハンガリー、スイス、ドイツ、ルーマニア、オーストリア、スウェーデン、ポーランド、チェコスロバキア、オランダ、ベルギー、ノルウェーである。

依然として英国4協会はFIFAを脱退中、前大会イタリアと死闘を演じたスペインは、フランコ反乱軍と政府の内戦が激化したため予選に参加出来なくなっていた。

第3回 フランス大会開幕

アジア地区では、日本が初めてワールドカップ予選にエントリーする。そしてアジアの出場枠1を、もう一つのエントリー国・オランダ領インド(現インドネシア)との2ヶ国で争うことになった。しかしアジア予選を目前にした37年7月に日華事変が勃発、中国との戦争に突入した日本は大会参加を取りやめた。

こうして出場16ヶ国が出揃ったが、30年3月にヒトラーのナチスドイツがオーストリアを併合、大会本場3ヶ月前に「ヴンダーチーム」は消滅してしまった。チームの象徴、マティアス・シンデラー選手はユダヤ人だったため、併合後にガス自殺を遂げたと言われている。

この時点ですでに大会トーナメント戦の組み合わせが決まっていたが、急遽の事態にオーストリアの対戦予定だったスウェーデンは不戦勝となった。

不穏な情勢が続く6月4日、フランスワールドカップが始まり、開幕戦となるドイツ対スイスの試合が行なわれた。ドイツは消滅した“ヴンダーティーム”から5人の選手を補強しており、オーストリアに代わってイタリアと並ぶ優勝候補のひとつとして名乗りを上げていた。

試合前の国歌吹奏時にドイツはスイスにナチ式の敬礼を要求、スイスは敢然とこれを拒否した。ナチ嫌いのフランス人観客からの声援に押されスイスは奮闘、1-1の引き分けで再試合となる。再試合は5日後に行なわれ、前半は実力に勝るドイツが2-1とリードする。しかし後半はスイスが猛反撃、怒濤の3連続得点でドイツを4-2と下した。

実のところ生真面目な職人気質のドイツ人と、即興を好む芸術肌のオーストリア人ではタイプが正反対で、チームは融合していなかったのだ。この敗北を教訓にヒトラーは科学的なスポーツアカデミーを設置、指導者の養成にも務めるが、皮肉にもその成果が現われるのは戦後になってからである。

一回戦で敗北したドイツに代わり、俄然注目を浴びるようになったのが、南米から唯一参加を果たしたブラジル。ブラジルは4年前にプロリーグを発足、3回目のワールドカップで初めてベストメンバーを組んできた。

そのチームの中心となるのが、CFレオニダス・ダ・シウバとSBのドミンゴス・ダ・ギアの黒人選手二人。レオニダスは「黒いダイヤモンド」と呼ばれ、黒人選手特有のしなやかな球捌きは欧州のサッカー人を驚かせた。

ブラジル第一回戦の相手はポーランド。ブラジルは開始18分にレオニダスが先制点を挙げるが、すぐにポーランドに追い着かれる。試合は打ち合いの展開で4-4の同点となり延長に突入、そこからレオニダスが2得点を記録し、1点を返されたものの大接戦の末ポーランドを6-5と振り切った。

続く準々決勝のチェコスロバキア戦は、『ボルドーの戦闘』と呼ばれるワールドカップ史上最も荒れた一戦になった。開始直後、ブラジル人選手が暴力的なプレーで退場処分、一人少なくなったものの30分にレオニダスの先制点が生まれる。

その後もブラジルのラフプレーは続き殴り合いも発生、チェコは主力のネイエドリーとプラーニチカが骨折、ブラジル2名チェコ1名が退場処分という大荒れの内容となった。

後半チェコがネイエドリーのPKで追い着き、延長に入るも1-1の引き分けで再試合となった。5日後の試合にブラジルは9人、チェコは5人を入れ替えて再戦、今度はチェコが23分に先制した。

しかし56分、またもやレオニダスがゴールを決めると、60分にはロベルトのボレーシュートで逆点する。怪我人が続出したチェコに追い着く力は残されておらず、2-1と勝利したブラジルは準決勝に進んだ。

イタリア vs ブラジル 裏目に出たレオニダスの温存

大会2連覇を狙うイタリアを率いるのは、前回と同じヴィットリオ・ポッツォ監督。ポッツォは前回の優勝直後から、4年後に向けて高齢化する選手の入れ替えを図っていた。そのボッツォが抜擢した若手の一人が、CFのシルビオ・ピオラだ。ピオラは長身でヘディングが強く、俊足で運動量の多い万能選手だった。

こうしてアズーリは大胆な若手への切り替えがなされ、前回の優勝経験者は主将メアッツァとフェラーリの二人だけとなっていた。しかしそんな若いチームの経験不足が出たのか、初戦のノルウェーでは苦戦を強いられることになる。

ノルウェーはワールドカップ初出場、アマチュアチームで臨んできていた。イタリアは格下ノルウェーに早くも2分、先制点を挙げるがその後は膠着状態、そうこうしているうち82分に追い着かれてしまう。延長に入るとようやくピオラに得点が生まれ、イタリアは2-1と薄氷の勝利を収めたのだ。

イタリア準々決勝の相手は開催国フランス、今大会のハイライトとなる試合だった。この対戦はパリのコロンブ・スタジアムに、超満員となる5万9千人の観衆を集めて行なわれ、会場の外では10万を超える市民で溢れたと言われている。

試合は9分、さっそくイタリアが先制するが、直後の10分にフランスが点を取り返す。その後一進一退の展開が続き、同点で折り返した後半の51分、俊足でDFラインを抜けだし、ロングパスを受けたピオラが勝ち越し点を決める。さらに72分、味方の折り返しをピオラがヘディング、追加点となりフランスを3-1で撃破した。

こうして勝ち上がったイタリアの準決勝の相手はブラジル、事実上の決勝戦になると思われた。この大事な試合にブラジルは8人の選手を入れ替えて臨むが、なんとその中にはエースのレオニダスも含まれていた。

ブラジルは延長・再戦を含め、3試合の激しいゲームが続いた後の、中一日の試合だった。レオニダスには疲れがあったのだろうが、絶対的エースを休養させるという判断には疑問の声が上がる事になる。

前半イタリアは、ゴール前に厚い壁を築いてブラジルの攻めをことごとく跳ね返す。その粘り強い守りにブラジルの集中が切れた55分、コラウシが先制点を決め流れは完全にイタリアに傾いた。その5分後、ドミンゴスが彼の横を抜き去ろうとするピオラを蹴り上げ、PKを献上する。それをメアッツァが確実に決め、イタリアが優位に立った。

その後ブラジルの反撃を終了間際の1失点に抑えイタリアが2-1と勝利、決勝進出を決めた。当時は選手交代が許されていなかったので、当然レオニダスがピッチに立つことはなかった。

この後ブラジルはスウェーデンと3位決定戦を行なう。そして、この試合に出場したレオニダスの2得点などで、ブラジルはスウェーデンを4-2と下し3位となった。レオニダスは大会通算7点を挙げ、得点王に輝く。

イタリアの大会連覇とジュゼッペ・メアッツァ

決勝戦は6月19日、パリのコロンブ・スタジアムで行なわれた。イタリアと決勝を戦うのは、ハンガリー。得点力の高いチームではあったが、組み合わせに恵まれて上がってきた感があった。

開始6分、イタリアはハンガリーからボールを奪うと一気に速攻をかける。そして相手陣内でボールを受けたメアッツァが、走り込んできたコラウシにパス、鮮やかな先制点が生まれた。すぐに同点とされるが、15分、メアッツァのお膳立てからピオラがゴールを奪うと、35分にもコラウシが追加点を決めた。

前半を3-1で折り返すと、後半イタリアは余裕の戦いを展開する。ハンガリーの粘りに1点返されるが82分、ヒールパスを受けたピオラが豪快にシュートを蹴り込み勝負は決まった。こうしてイタリアはハンガリーを4-2と下し、大会2連覇を達成した。

地元開催優勝では、あからさまな工作が不興を買いその実力を疑われたが、今回は紛れもない実力を見せつけた。アズーリはこの勝利で、4年前に「カップ泥棒」と呼ばれた汚名を返上したのだ。

そしてイタリア2連覇に貢献した主将メアッツァはその功績を讃えられ、所属クラブのホームであるサンシーロ・スタジアムに『ジュゼッペ・メアッツァ』の愛称が冠せられることになる。また5得点と大活躍したピオラもその後順調にキャリアを重ね、イタリア史上最高のストライカーと呼ばれることになった。

大会前のFIFA総会で、ドイツとブラジルが42年のワールドカップ開催国に立候補、大会終了後アルゼンチも立候補の準備をしていることを表明した。しかし39年9月、ナチスドイツがポーランドに侵攻し第二次世界大戦が勃発、ワールドカップは中止となり12年間の空白を余儀なくされることになる。

次:第4回ブラジル大会(1950)

カテゴリー サッカー史

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク