「アメトーーク!」もっと売れたい芸人2019

スポンサーリンク

毎年恒例の企画「もっと売れたい芸人」今年呼ばれた芸人は、かが屋・納言・Gパンパンダ・見取り図・宮下草薙・アルコ&ピースの平子・相席スタートの山添といったメンバー。

いち視聴者として、今後“もっと売れる”かもしれないと感じるのは、見取り図とかが屋。見取り図はきっかけ次第だと思う、巨漢長髪髭男は面白かった。かが屋には確かに新しいセンスを感じるのだが、もうちょっとキャリアが必要かな。

早稲田出身のインテリコンビ、Gパンパンダはちょっと厳しいな。インテリキャラは、お笑いには有利に働かないし。まあ、カズレーザーくらいぶっ飛んでいれば別なんだろうけど。それこそクイズ番組に活路を見いだすしかないかな。

納言のあの女、薄幸(すすき みゆき)っていうのか。やさぐれキャラも面白いのは面白いんだけど、決して人気者になるって感じじゃ無いな。

宮下草薙の宮下は、典型的な“じゃない方”芸人。草薙はいじればいじるほど面白くなると思うが、宮下では全くの力不足。まさに言うだけ番長だ。あんまり人好きしそうなキャラでもないし。

アルコ&ピースの平子、殻を破らなきゃ今のポジションが精一杯だろう。あのIT社長コント、女子にはウケるかもしれないが、全く面白くないし。

相席スタートの山添、キャラは薄いんだけど喋りはしっかりしている。なにかの使いではある気がするんだけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク