工藤栄一監督「十三人の刺客」

スポンサーリンク

1950年代に隆盛を誇った東映時代劇だが、60年代に入ると映画産業は斜陽となり、その人気も急激に衰えていった。また黒澤明監督が『用心棒』や『椿三十郎』といったリアルな殺陣を見せる新しいアクション時代劇を作り、「チャンバラ」と呼ばれた東映の様式的な時代劇は古くなってしまったのである。

そこで東映が63年に製作したのが、工藤栄一監督の『十三人の刺客』だ。この映画は藩主暗殺を巡る集団抗争劇で、ラスト30分に及ぶリアルな肉弾戦は、時代劇に新境地を開いたと言われる。

藩主暗殺を命ぜられる刺客のリーダー島田新左衛門に片岡千恵蔵、刺客に加わる島田の甥に里見浩太朗、刺客の参謀役・倉永左平太に嵐寛寿郎、暴君を守ろうとする側近・鬼頭半兵衛を内田良平が演じている。


前半は明石藩藩主で将軍の弟である松平斉韶(管貫太郎)の暴虐ぶりと、刺客である島田ら13人が暗殺に向け準備する様子や、暴君であろうとも藩士の使命として殿を守ろうとする、鬼頭との駆け引きが描かれる。

主役の片岡千恵蔵はこれぞリーダーとういう役を、貫禄たっぷりに演じてみせる。剣の腕を振るう場面は少ないが、その部分は当時若手の里見浩太朗が準主役として引き受けている。またもう一人の大御所、嵐寛寿郎も余裕たっぷり。これこそオールスター映画の醍醐味という所だろう。

題名からしてもこの映画は『七人の侍』を意識して作ったとされているが、むしろ『忠臣蔵』の討ち入り場面を宿場町での決闘に替えて、少しリアルタッチで描いたという印象。敵役となる鬼頭が内田良平の好演で厚みのある人物となっており、ラストの集団抗争劇にも深みが出ている。

参勤交代で国に戻る途中の藩主を、罠を巡らせた宿場に誘い込み暗殺を謀ろうとする新左衛門。藩主を守る侍53人となっているが、あの行列はどう見ても100人以上。まあそこは映画的誇張と言うところだろうか。

そして最後、30分にわたる宿場町での決戦、くんず入り乱れてのリアルな殺陣は誰が誰だか判りにくいが、とにかくそのパワーと熱気は凄い。西村晃演じる剣豪の平山九十郎、名前からして『七人の侍』の久蔵をイメージしたキャラクターだが、最後は刀を失って、うろたえながら斬り殺されるという格好悪さ。主役級を除きいまいち陰の薄い13人の刺客の中で、出色のキャラクターだ。

東映時代劇の新しい境地なるとされた本作だが、公開されて期待したほどヒットしなかった。工藤監督はこのあと『大殺陣』『十一人の侍』といった同じような集団抗争劇を作るが、結局時代劇が人気を取り戻すことはなく、東映映画は任侠路線に変わっていく。

この映画が傑作として見直されることになったのは、60年代末にリバイバル上映されるようになってからである。ワンカット・ワンカットに力を込める彼の美学が評価されたのだ。10年には三池崇史監督でリメイク。知恵蔵や寛寿郎のような貫禄ある役者はいないが、敵は200人ラストの戦いは50分と見せ所の迫力は充分だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク