ワールドカップの歴史 第11回アルゼンチン大会

スポンサーリンク
FIFAワールドカップ、第11回アルゼンチン大会(1978年)

「軍事政権とエル・マタドール」

軍事独裁政権の思惑

戦前から何度もWカップの開催国に立候補し、その度に涙を飲んできたアルゼンチンだが、66年のロンドンFIFA総会でようやく第11回大会の開催地に選ばれた。しかしそれから10年後の76年、クーデターにより軍事政権が発足、アルゼンチンを取り巻く状況が一変する。

軍事政権は左翼や反政府活動家を弾圧、拷問されたり、拉致されて行方不明になった人々も1万人を越えた。軍事政権は2年後に迫ったWカップを予定通り開催することを表明するが、反抗する左翼ゲリラが軍部の任命した組織委員長を暗殺、欧州からはアルゼンチンでの開催を不安視する声が上がる。

しかしFIFAは「代替地を選ぶ時間が無い」とアルゼンチン開催を支持した。これには軍事政権と関係を持つ、アヴェランジェ会長の意向もあったと噂されている。この時のアルゼンチン代表監督は、左翼思想を持つセサール・メノッティ監督だったが、軍事政権は彼にナショナルチームの指揮を続けさせた。

軍事政権は国際的イメージ回復のためWカップを利用しようと考え、そのためにはアルゼンチンチームの優勝が必要だった。だが60年代に入ってからのアルゼンチンのサッカーは、守備的で汚く半ば暴力的、対外的な評判は悪かった。

そんなダーティなチームが優勝してもイメージアップに繋がらないと考えた政権は、クリーンで攻撃的なサッカーを指向していたメノッティに、そのまま代表の指揮を任せる。またメノッティ監督も思うようなチーム作りをするために軍事政権の強権的な力が必要で、図らずも両者の思惑が一致したのだ。

メノッティは国内のクラブに代表チームへ協力するよう圧力をかける一方、無名だったダニエル・パサレラやオズバルド・アルディレスなどの知性派選手を発掘、中盤の軸に育て上げた。

集められた選手は国内クラブの選手で固められ、国外移籍を禁じた上で連携を深める合宿が行われたが、Wカップ本番前に「エル・マタドール(闘牛士)」の異名を持つ点取り屋マリオ・ケンペスが、唯一スペインのバレンシアから招集されている。

第11回 ワールドカップ開幕

予選には世界の107ヶ国がエントリー、チュニジアとイランがWカップ初出場を果たしている。軍事政権は国際映像のため、テレビのカラー中継施設を新たに建設するなど、Wカップのために巨額の資金を使ってインフラを整えた。

こうして第11回ワールドカップ・アルゼンチン大会は78年6月1日、首都ブエノスアイレスで開幕した。大会の方式は前回と同じく、2次リーグを勝ち抜いた2チームが決勝戦を行う形になった。政情は不安定だったが、左翼ゲリラも期間中は活動停止を明言、平穏に大会が行われた。

1次リーグA組は開催国アルゼンチンの他に、イタリア、フランス、ハンガリーといった強豪国が揃う死の組となった。第1節でアルゼンチンはハンガリーと対戦、先制されたもののレオポルド・ルーケのシュートですぐに追いつき、後半にベルトーのゴールで逆転して初戦を飾った。

第2節の相手は、3大会ぶりの出場となったフランス。前節イタリアに1-2と惜敗したフランスは、ミシェル・プラティニやドミニク・ロシュトーら若い選手を並べ、アルゼンチンに挑んできた。審判の笛はかなり開催国寄り、前半のロスタイムにはルーケが倒されたプレーがPKとなり、これをパサレラが確実に決めた。

それでも60分、プラティニがゴールを決め同点とした。しかし73分にはルーケが強烈なミドルを叩き込み、アルゼンチンが勝ち越す。だがこのあとルーケは肩を脱臼、このあと2試合の欠場を余儀なくされる。終盤フランスの選手がP・エリアで倒されるが、主審は何の反応も示さなかった。こうして試合は2-1で終了し、アルゼンチンが2連勝を飾った。

第3節はイタリア戦。両チーム既に2次リーグ進出を決めており、グループ1位を争う戦いとなった。1位になれば2次リーグの3試合をブエノスアイレスで戦えるため、アルゼンチンは是非とも勝ちたい試合だった。しかし引き分け狙いで守りを固めたイタリアを崩せず、試合は後半を迎えた。

67分、イタリアの新星パオロ・ロッシが左サイドでボールを奪い、中央に侵入すると素早くワンツー、そこからベッテガがゴールを記録した。イタリアは最後までゴールを守り切り試合は0-1で終了、グループ1位となった。そして2位のアルゼンチンは、2次リーグをロサリオで戦うことになる。

世代交代の大会

B組の西ドイツは前回優勝の中心メンバー、ベッケンバウアーミュラー、オベラートなどが代表を退き、チームは世代交代の過渡期にあった。第1節の相手は、前大会でも接戦を演じたポーランド。ポーランドは前回怪我で欠場していた英雄ルバンスキが復活、ディナやラトーといった前回の主力選手も健在だった。だが開幕試合だったせいか、両者慎重な戦いで0-0の引き分けに終わる。

しかし第2節メキシコ戦では打って変わって攻撃陣が爆発、カール=ハインツ・ルンメニゲとフローエがそれぞれ2得点を挙げ、西ドイツが6-0と圧勝した。第3節チェニジア戦では、地元アルゼンチンと2次リーグで同組になるのを避けるため、引き分け狙いの戦いをする。

こうしてチェニジアと0-0で引き分けた西ドイツは2位、2勝1分けのポーランドが1位となった。ちなみに大会初出場のチェニジアだが、メキシコを3-1と撃破、1次リーグを1勝1敗1分けと予想以上の健闘で大会を去って行った。

C組のブラジルは初戦のスウェーデン戦に、新戦力のジーコとトニーニョ・セレーゾを起用した。しかしピッチコンディションが悪く苦戦、スウェーデンに先制を許してしまう。それでも前半終了直前に追いつくが、後半は膠着状態が続く。だが後半ロスタイム、CKのチャンスにジーコが頭で合わせてゴール、ブラジルが劇的勝利を収めたかに思えた。

しかしゴール寸前に終了の笛が吹かれたとして得点は無効、試合は1-1の引き分けとなった。ブラジルは第2節スペイン戦でも0-0と引き分け、第3節はメンバーを大幅に入れ替えて臨み、ようやくオーストリアに1-0と勝利した。B組はヨハン・クランクルが活躍したオーストリアが1位、精彩を欠いたブラジルは2位を確保した。

D組は、前回準優勝したオレンジ軍団のスパースター、ヨハン・クライフが私的事情で大会直前に参加を辞退、ファンやオランダ国民をがっかりさせた。それでも初戦はレンセンブリンクがハットトリック、イランを3-0と退けると、第2節では「アンデスのペレ」クビジャス擁するペルーと0-0で引き分け、この時点で2次リーグ進出が決まった。

最終節の相手はスコットランド。スコットランドはイングランドリーグで活躍する選手を揃え、欧州選手権王者チェコスロバキアを倒してWカップ出場を果たすなど、大会の伏兵的存在だった。前年の南米遠征も好成績、アリー・マクロード監督は優勝を狙う言葉を口にするなど、自信満々だった。

スコットランドは第1節のペルー戦、持ち前のスピードを発揮し14分に先制点を挙げた。しかしクビジャスがリズムを作り、流れは次第にペルーに傾き始める。そして43分、クビジャス起点で同点とされると、後半にもクビジャスにミドルシュートとFKを決められ、スコットランドは2-3と逆転負けを喫してしまう。

第2節でもイラン相手に1-1でまさかの引き分け、この時点で敗退が決まってしまった。スコットランドの1得点も、オウンゴールによるものだった。第3節では力を抜いたオランダ相手に3-2と一矢を報いるが、スコットランドは過信は厳禁という教訓を残し、大会を去って行った。

最終的に、クビジャスのハットトリックでイランを4-1と撃破したペルーが1位、オランダが2位で2次リーグ進出を決めた。

2次リーグの戦い

2次リーグA組の組み合わせは、オランダ・イタリア・西ドイツ・オーストリア。第1節のイタリア対西ドイツ戦。ディノ・ゾフとゼップ・マイヤーという名GKを擁した両チームの戦いは、スコアレスドローに終わった。もう一つの試合はオランダがその攻撃力を発揮、レップの2得点などでオーストリアを5-1と粉砕する。

続く第2節、イタリアはロッシが決めた1点を守り切り、オーストリアを退けた。もう一つの西ドイツ対オランダは前回決勝の顔合わせで、期待に違わない接戦となった。

開始3分、ボンホフの放った強烈なFKから西ドイツの先制点が生まれた。しかし26分、ハーンが鮮やかなローングシュートを放ち、マイヤーの牙城を破る同点弾を叩き込む。これが、今大会西ドイツの初失点となった。

70分、ディータ・ミュラーがヘディングシュートで再び西ドイツがリードするが、84分にオランダのR・ファン・デ・ケルクホフが相手DFを切り裂き同点弾を決めた。こうして試合は2-2で終了、西ドイツにも望みは残ったが、最終節オランダ対イタリア戦で決勝進出を争うことになった。

第3節の試合、イタリアは開始18分にロッシとベッテガがオフサイドラインを突破する。そこへ慌てて追いすがったオランダのブランツがオウンゴール、しかも味方GKと接触し負傷退場させてしまう。1点を守ろうとカテナチオをかけるイタリアに50分、ブランツがミドルシュート、汚名返上の同点弾を決めた。

さらに74分、今度はハーンが40mのロングシュートを放つと、ボールはゾフの手をかすめゴールイン。ついにオランダが2-1と逆転し、このまま試合は終了した。もう一つの試合は、モチベーションを落とした西ドイツがオーストリアに2-3と敗戦、オランダの決勝戦進出が決まった。

疑惑の2次リーグ最終戦

2次リーグB組の組み合わせは、アルゼンチン・ブラジル・ポーランド・ペルー。第1節のアルゼンチン対ポーランド戦が行われたロサリオの会場は、実はスペインに渡る前のケンペスのホームグランド。この試合でエースのケンペスは2得点を挙げ本領を発揮、2-0でポーランドを葬り去った。

19歳で出場した前大会は6試合で無得点、今大会1次リーグでは攻撃を牽引しながらもゴールを逃していたため、Wカップ10試合目にしての初得点だった。もう一つの試合はブラジルが徹底マークでクビジャスを押さえ込み、ペルーに3-0と勝利した。この試合、ジーコがPKでWカップ初得点を挙げている。

第2節はアルゼンチン対ブラジル。南米の宿敵同士の戦いに観客は興奮、グラウンドには紙吹雪やトイレットペーパーが投げ込まれた。ゲームも大荒れ、両チーム4人が警告を受け、アルディレスなど4人が負傷交代した。試合は中盤の潰し合いに終始、結局0-0の引き分けとなった。もう一つの試合は、ポーランドがペルーを1-0で下している。

決勝進出を決める第3節は、ブラジルの試合のあと、アルゼンチンの試合が行われることになった。つまりブラジルの結果を見て、アルゼンチンが戦い方を定められるという、開催国に有利なスケジュールだった。だがブラジルは最終節でポーランドに3-1と圧勝、得失点差で優位に立ち、このあとで戦う開催国アルゼンチンを追い込んだ。

アルゼンチンが決勝に進むには、ペルー戦で4点以上の得点と3点差以上の勝利が必要だった。この危機に選手たちは試合序盤から猛攻を開始、21分にはケンペスの先制点が生まれた。観客の大声援に押されたアルゼンチンはその後も攻撃の手を緩めることなく、ケンペスとルーケがそれぞれ2得点を記録、6-0と会心の勝利を挙げたのだ。

ペルーのGKはもともとアルゼンチン出身。しかもアルゼンチンの軍事政権が同じ軍事政権のペルーに物資と金銭の援助を申し出たという噂もあり、この試合は八百長ではないかと囁かれた。真偽の程は定かではないが、アルゼンチン選手が全力で得点を奪いに来たことが、この結果に結びついたのは間違いない。

エル・マタドールの一撃

第11回ワールドカップの決勝戦は、6月24日に8万の観衆で膨れ上がったリーベル・プレート・スタジアムで行われた。紙吹雪が舞い、紙テープが投げ込まれる中始まった試合は、アルゼンチンペースの展開となる。38分にゴール前で、アルディレスの縦パスを受けたルーケが中央へ折り返し、そこに走り込んできたケンペスが2試合連続の先制点を決めた。

試合はこのまま進み、アルゼンチンの優勝が見えてきた82分、途中投入された長身のナニンハがクロスからヘディングを合わせ、同点に追いついた。そのあとオランダがロスタイムのチャンスを逃し、試合は延長戦に突入する。息詰まるような展開が続いた105分、ケンペスが強引なドリブル突破からシュートを試みた。

そのシュートは1度GKに跳ね返されるも、ケンペスは粘り強くボールを拾い、勝ち越し点を押し込んだ。延長後半、同点を狙うオランダが前掛かりになったところを、116分にケンペスが鮮やかに抜け出し、ワンツーからベルトーニの駄目押し弾が決まった。

試合は3-1で終了、開催国アルゼンチンが初優勝を成し遂げた。八百長疑惑や開催国寄りのジャッジはあったが、アルゼンチンは今までのイメージを覆す、スマートかつ攻撃的なサッカーで国民の期待に応えたのだった。

大会3位となったのはブラジル。得点王(ゴールデンシューズ賞)と本大会から創設されたMVP(ゴールデンボール賞)は、6ゴールを挙げ優勝に貢献したマリオ・ケンペスに与えられた。

次:第12回スペイン大会-前編(1982)

カテゴリー サッカー史

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク