キングオブコント2019




去年はお笑い第七世代の先駆け、ハナコが優勝を果たしたキングオブコント。今年もファイナリストが出てくるまで顔ぶれが判らないという、去年に引き続き謎の演出。

そして1組目は、うるとらブギーズといういきなり知らないコンビ。でもなんか不思議なエコーの調べが、癖になる感じでなんか面白い。ということで1ステージ第1組は審査員の評価も高く、462点というハイスコアの基準点なりました。

第2組はネタ番組ではもうお馴染みのネルソンズ。和田まんじゅうのキャラで安定した面白ろさのコントを披露したが、1組目のインパクトには及ばなかった模様。3組目はクズキャラ・もぐらで知られる空気階段。脈略のないボケの連続で笑わせるが、やっぱりシンプルな面白さには欠けた印象。


4組目はビスケットブラザースという、これまた知らないコンビ。よく似た二人がシュールなシチュエーションコントを繰広げるが、これに嵌まるかどうかは好み次第だろう。5組目はお笑いコンテストの常連ジャルジャル。アイデアの豊富さで楽しませるコンビだが、1本目のネタはエセ英語がなんか耳障り。それでも高得点を獲得したのは、ベテランの貫禄といったところか。

そして6組目は、エッチな歌ネタで人気のどぶろっく。ミュージカル仕立てのど真ん中下ネタを披露、今回1番の爆発力で1ステージ1位となった。7組目は人気若手コンビのかが屋。センス溢れるシチュエーションコントが上手いのだが、爆発力で一歩及ばなかったか。

8組目は実力派トリオのGAG。巧みな構成のコントが凄く面白く、1ステージでは3位のジャルジャルと並んだ。9組目はゾフィー。腹話術師コントのアイデアは笑わせたが、やっぱり人形のユニークさとカメラ割りに助けられた印象で、あまり得点は伸びなかった。

最終組は、わらふぢなるお。テンポの良いコントで楽しませてくれたが、今ひとつインパクトが足りずライバルたちに追いつけなかった。ファイナルステージに進む3組は、1位のどぶろっくと2位のうるとらブギーズ。3組目は決選投票の結果、GAGを上回りジャルジャルがファイナルステージに進んだ。

ファイナルステージ1組目はジャルジャル。熟練のコントを見せてくれるのだが、それ以上でも以下でもない。福徳のキャラに今ひとつ好感度がないのも、このコンビの課題かなと感じてしまった。次はうるとらブギーズのサッカー実況コント。1本目とは打って変わっての掛け合いコントだが、高い技量を持つコンビだと再認識、その腕の良さを感じた。

3組目どぶろっくのネタは、1本目のイチモツミュージカルを裏返した内容のコント。さすがに1本目ほどの爆発力はなかったが、貯金が効いて今年のキングオブコント王者に輝いた。ゴールデンの番組ながらド直球の下ネタで勝負した思い切りの良さが、勝利に結びついたというところか。

優勝のトロフィーを手にし栄光の紙吹雪を浴びながら、堪えきれずにガマン汁を垂れ流す江口。やっぱり彼らが欲しかったのは、大きなイチモツではなくチャンピオンの称号でした。

でも翌日のTBSの番組に出演していたのは、どぶろっくではなく準優勝のうるとらブギーズ。営業の忙しいどぶろっくの代役だが、平場のトークにはまだ馴れていない様子。でも実力はあるコンビなので、今後ネタ番組で見かける機会は増えそうだ。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク