スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワールドカップの歴史 第13回メキシコ大会-前編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FIFAワールドカップ、第13回メキシコ大会-前編(1986年)

「アステカふたたび」

コロンビアの開催返上と代替地決定の経緯

第13回ワールドカップの開催地に決まっていたコロンビアだが、82年のFIFA総会で開催権の返上を申し出た。開催が内定した73年より大会規模が大きくなり、国内経済も悪化したしたという理由の裏には、コロンビアサッカー界と麻薬マフィアとの繋がりという事情があった。

政府の手が及ばないほどの力を得たコロンビアの麻薬カルテルは、サッカービジネスにも手を広げ、マネーロンダリングや八百長賭博を行なっていた。

その結果、マフィアの要求に従わなかった主審が射殺されたり、カルテルとサッカー界の関係に言及した政治家が暗殺されるという事件も起こる。Wカップを開催したとしても、コロンビア政府は大会の治安を保証出来なかったのである。

代替地には、アメリカ・カナダ・ブラジル・メキシコといったアメリカ大陸の各国が名乗りを上げた。だが、FIFA会長アヴェランジェが選んだのは母国ブラジルでも、元国務長官キッシンジャーが熱心に招致活動を行なったアメリカ合衆国でもなく、70年にWカップを開催したばかりのメキシコだった。

メキシコのテレビ局『テレビサ』の重役は、FIFAの副会長でありアヴェランジェの腹心。しかもアヴェランジェがオーナーを務める保険会社とも取引関係にあり、放送ビジネスの利権絡みで開催地が選ばれたのである。当時アヴェランジェはFIFAで絶対的権力を握っており、この決定に異論を唱える者はいなかった。

85年にメキシコで大地震が発生し、2万5千人に及ぶ犠牲者が出た。しかし開催予定のスタジアムに大きな影響はなく、被害の爪痕を残すもののWカップはこのままメキシコで開催される事が確認される。

世界各地で予選が行なわれ、カナダ・デンマーク・イラクが初出場を決めた。またアジア最終予選で日本に連勝した韓国が、32年ぶり2回目の本大会出場を果たすことになった。

アルゼンチンの好発進

86年5月31日、第13回ワールドカップ・メキシコ大会は、メキシコシティのアステカ・スタジアムに10万の観客を集めて行なわれた。前回までの2次リーグ方式は廃止され、予選リーグ6組の上位2位までのチームに、各組3位となった中で勝ち点の多い4チームを加えた16チームで、決勝トーナメントを行なう方式となった。

予選リーグA組のアルゼンチンは、指揮官が攻撃的なメノッティから守備的なカルロス・ビラルド監督に交代していた。ビラルド監督は、セリエAの平凡なチーム、ナポリを躍進させたマラドーナを代表キャプテンに指名する。

第1節の対戦相手は、ブンデスリーグで活躍するFW車範根を擁した韓国。韓国はマラドーナを潰すために、激しい体当たりを見せてきた。しかしマラドーナは韓国選手に痛めつけられながら、ホルヘ・バルダーノの2得点を演出、アルゼンチンが3-1と余裕の勝利を収めた。

続く第2節の相手は、前回王者のイタリア。アルゼンチンは開始6分にPKで1点失うが34分、バルダーノの浮き球をマラドーナがボレーシュートで同点弾を決め、このまま1-1と引き分けた。4年前、執拗なマークでマラドーナを苦しめたジェンティーレのような選手は、もうアズーリにはいなかった。

最終節、アルゼンチンはバルダーノの得点などでブルガリアを2-0と撃破、1位通過を決めた。2位は1勝2分けのイタリア、3位のブルガリアも決勝Tに進出することになった。予選敗退を喫した韓国だが、ブルガリアには1-1と引き分け初の勝ち点1を獲得、イタリアとも2-3の接戦を演じそれなりの成果を残していった。

B組は、ボラ・ミルティノビッチ監督の指導で強化を図った開催国メキシコが、レアルの点取り屋ウーゴ・サンチェスの得点などでベルギーに2-1と勝利する。その後パラグアイとは1-1の引き分け、イラクに2-1と勝利し1位となった。1勝2分けでパラグアイが2位となり、3位に留まったベルギーもかろうじて決勝T進出となった。

プラティニとシャンパンサッカー

C組のフランスは、84年の欧州選手権で「将軍」プラティニが9ゴールの大活躍、悲願の初優勝を果たしていた。この欧州選手権でルイス・フェルナンデスが台頭、ジャンジーニに代わり新たな「魔法陣」を形成し、華麗なシャンパンサッカーを展開する。

既に3回のバロンドールを獲得していたプラティニは、ユベントスの10番として85年のチャンピオンズカップと、日本で行なわれたトヨタカップを制覇していた。そしてキャリアの終盤を迎えた今、残すビックタイトルはWカップの優勝だけだった。

第1節の試合は初出場カナダの抵抗に苦しみながらも、新鋭ジャン=ピエール・パパンの得点で1-0と辛勝する。第2節の対戦相手ソ連は、大会1ヶ月前に成績不振で監督が交代する。新監督ヴァレリー・ロバノフスキーは準備期間の無さから、自らが率いたウクライナの名門クラブ、ディナモ・キエフの選手をほとんどそのまま代表に移し、即席チームで大会に臨んでいた。

フランスはスピードと連携に優れるソ連チームに苦しみ、先制を許してしまう。しかし60分、ジレスの絶妙な浮き球から、フェルナンデスが巧みなトラップで同点シュートを決めた。86分にはプラティニが代名詞の“ブラトッシュ”と呼ばれるFKを放つが、ポストを直撃し勝ち越しとならなかった。試合は互角の戦いで、1-1の引き分けとなる。

最終節でもプラティニがゲームを演出、ティガナやロシュトーなどのゴールで3-0とハンガリーを撃破し、フランスはソ連と勝ち点で並ぶ。だがハンガリーに6-0と大勝したソ連に、得失点差で及ばず2位通過となった。

ブラジルの勝ち抜け

D組のブラジルは、大会直前にテレ・サンターナが監督に復帰していたが、ベテランのジーコやファルカンは故障気味で交代要員、T・セレーゾは代表を外れ『黄金の中盤』で先発メンバーに残っているのはソクラテスだけだった。

第1節の対戦相手はスペイン。55分、スペインのミッチェルの放ったシュートはゴールラインを割ったかに見えたが、主審の判断により無効とされた。63分、カレッカのシュートの跳ね返りを、オフサイドポジションにいたソクラテスがゴールに押し込む。そして今度はそのゴールが認められ、ブラジルは1-0と幸運な勝利を拾った。

この後の第2節も、カレカの得点でアルジェリアに1-0と辛勝する。第3節ではジーコがようやく交代出場、カレッカの2得点で3-0と快勝し、ブラジルが3戦全勝で1位勝ち抜けを決めた。2位となったのは2勝1敗のスペイン。ちなみに最終節スペイン対アルジェリアの試合では高田静夫さんが、日本人で初めてWカップの主審を務めている。

「ダニッシュ・ダイナマイト」の脅威

E組の西ドイツは、指導者ライセンスを持たないフランツ・ベケンバウアーが、特別措置により代表監督を務めていた。第1節の対戦相手は、優雅な点取り屋エンツォ・フランチェスコリを擁する古豪ウルグアイ。西ドイツはこの難敵を相手に、1-1と引き分けた。

もう一つの試合は、初出場ながら前評判の高かったデンマークとスコットランドの戦い。ちなみにスコットランドの監督は、後にマンチェスターUを率いて名将と呼ばれるようになる、アレックス・ファーガソンである。スコアこそ1-0だったが、内容はデンマークがスコットランドを圧倒しての勝利だった。

デンマークは84年の欧州選手権に斬新な3-5-2システムを引っさげて登場、スピード豊かな攻撃で準決勝まで進み、「ダニッシュ・ダイナマイト」と呼ばれ恐れられた。チームを統率するのは、当時37歳ながら世界最高のリベロと謳われた、主将モアテン・オルセン。そして自在なシステムを基盤に、ダイナミックな攻めを繰り出すのが、エルケーア・ランセンとミカエル・ラウドルップの強力2トップだった。

デンマークは第2節のウルグアイ戦でその真価を発揮する。デンマークの流れるような攻撃は相手守備を切り裂き、エルケーアがハットトリックを達成、ラウドルップも得点を決めた。ウルグアイはフランチェスコリのPKで1点返すのが精一杯で、デンマークが強豪相手に6-1の衝撃的勝利を収めた。

第2節もう一つの試合は、ゴードン・ストラカンの先制ゴールでスコットランドが西ドイツをリードする。しかしその後ルディ・フェラーなどのゴールで西ドイツが2-1と逆転勝利した。最終節はデンマークと西ドイツの戦い。この試合も好調デンマークが不調の西ドイツを2-0と下し1位通過を決めた。そして2位は西ドイツ、3位のウルグアイも決勝T進出となった。

息を吹き返したイングランド

F組のイングランドは、エウゼビオが活躍した第8回大会以来、2度目の出場を果たしたポルトガルと初戦で対戦した。イングランドは押し気味に試合を進めるも得点を奪えず、逆に75分、ポルトガルにゴールを許し0-1で敗北してしまった。ちなみにイングランドのGKピーター・シルトンにとっては、Wカップで5試合ぶりとなる失点だった。

初戦を落としたイングランドが次に対戦したのは、第1節で強国ポーランドと引き分けたモロッコ。格下と思われた相手にイングランドは苦戦、モロッコの高い個人技に焦らされたレイ・ウイルキンスは主審にボールを投げつけ、前半で退場を命ぜられてしまった。

それでもどうにか試合は0-0で引き分けたが、キャプテンのブライアン・ロブソンが肩を脱臼し帰国、イングランドは苦しい状況に追い込まれた。そして4チームが1位と敗退の可能性を残すという大混戦になった最終節、イングランドはポーランドと対戦する。

イングランドはこの試合、選手を大幅に入れ替えて臨んだ。そしてこの新布陣により、グレン・ホドルを起点とした攻撃が活性化した。FWに抜擢されたピーター・ビアズリーが敏捷な動きで相手守備を翻弄、そこから雌伏していたガリー・リネカーのハットトリックが生まれ、イングランドが3-0の快勝を収めた。

同時刻に行なわれたもう一つの試合は、モロッコがその技術の高さを披露、華麗なパス繋ぎでポルトガルを3-1と圧倒した。この結果F組は、モロッコが1位でイングランドは2位、ポーランドも3位で決勝Tに進んだ。モロッコはアフリカ勢では初めての、決勝トーナメント進出となった。

こうして予選リーグの戦いは終わり、決勝Tはアルゼンチンーウルグアイ、パラグアイーングランド、デンマークースペイン、ソ連ーベルギー、メキシコーブルガリア、西ドイツーモロッコ、イタリアーフランス、ポーランドーブラジル、の組み合わせとなった。

次:第13回メキシコ大会-後編(1986)

カテゴリー サッカー史

タイトルとURLをコピーしました