ワールドカップの歴史 第13回メキシコ大会-後編

スポンサーリンク
FIFAワールドカップ、第13回メキシコ大会-後編(1986年)

「マラドーナの大会」

決勝トーナメントの激戦

決勝T第1回戦で注目されたアルゼンチン対ウルグアイの試合は、第1回Wカップ決勝戦以来の顔合わせだった。南米の宿敵同士の試合はがっぷり四つの戦いとなったが、マラドーナが密着マークをモノともせず、卓越したボール捌きと味方を活かすパスワークでウルグアイゴールを脅かし続けた。

前半終了直前にバルダーノのパスからパスクリがシュート、アルゼンチンが先制した。豪雨に見舞われた後半、マラドーナのFKがバーを直撃する。その後マラドーナがゴール前で競い合い、得点を決めたかに見えたが、足を踏みつけるファールがあったとして追加点はならなかった。それでもアルゼンチンは先制点を守り切り、準々決勝へ進んだ。

イングランドとパラグアイの試合はリネカーが2得点、名手シルトンの好守もあり、イングランドが3-0と快勝を収めた。

予選リーグでスペクタクルな攻撃を見せつけたデンマークは、1回戦でスペインとの試合を行なった。33分にデンマークがPKで先制、このまま試合の主導権を握るかに思えた。しかし初出場のデンマークは予選リーグの3試合を全力で戦い、馴れないメキシコの地で北欧の選手たちは早くも疲労をきたしていた。

デンマークが中盤で多用する横パスを狙っていたスペインは、43分に「ハゲワシ」エミリオ・ブトラゲーニョがそのボールを奪い同点のゴールを決めた。56分、CKからカマーチョが流したボールを、またもブトラゲーニョが頭でゴールに押し込み、スペインが逆転した。

68分、ブトラゲーニョが倒され、PKでゴイゴエチアが追加点を決めると、80分にはブトラゲーニョがハットトリックを記録した。さらに88分、再びブトラゲーニョがファールでPKを得ると、自身で4点目となるゴールを決め5-1とデンマークを撃沈させた。

予選リーグの活躍で一時優勝候補にも挙げられていたデンマークだが、足の止まった選手たちはブトラゲーニョの大暴れを許してしまい、1回戦であっけなく大会を去って行った。

ソ連の失速

予選リーグ9得点を挙げる勢いで評価を高めたソ連の、決勝T1回戦の相手はベルギーだった。ベルギーは老獪さで鳴らす「赤い悪魔」と呼ばれるチームだったが、予選リーグの戦いは精彩を欠いていた。前半ベラノフの得点で先制したソ連だが、北からやって来たこのチームも、馴れない気候に次第に選手の動きが重くなっていった。

後半に入った56分、ベルギーの若き至宝ヴィンチェンツォ・シーフォが同点弾を決める。70分、ソ連が再びベラノフのゴールでリードするが、、77分にベルギーが追いつき試合は延長戦となった。延長に入ると疲れでソ連の動きはピタリと止まり、102分と110分にベルギーのゴールが決まって勝負がついた。ソ連は最後にベラノフのPKで1点返すも3-4と敗北、メキシコの高地と暑さに敗退していった。
マラドーナのひとり舞台

ウルグアイを下したアルゼンチン、準々決勝の相手はイングランドだった。アルゼンチンにとって は、4年前のフォークランド紛争で屈辱を受けた因縁の相手である。“マラドーナ・シフト” を敷いたイングランドがアルゼンチンの攻撃を抑え、前半は両チーム0-0で折り返した。

しかし後半に入った51分、攻撃で前掛かりになったイングランドの隙を突き、マラドーナが前線へボールを運ぶ。そして右サイドにいた選手にボールを預けると、一気にゴール前へ抜け出した。この時トラップミスのボールを奪ったイングランドのホッジは、シルトンへ浮き球のバックパスを送る。しかしそこへ突然現れたマラドーナがシルトンの頭上で右手を使い、ボールをゴールへ押し込んだ。

「ゴール!ゴール!」と叫びながら、仲間と抱き合うマラドーナ。シルトンを始めイングランド選手は猛抗議を行なうが、ハンドを見逃したチェニジア主審はこの得点を認めた。試合後マラドーナはこのゴールを「神の手」と嘘ぶいたが、実際のところ彼が少年時代から得意とする、人を欺くプレーだった。

観客のざわめきが収まりかけた3分後、マラドーナが自陣センターサークル付近でボールを受けると、ベアズリーとリードのチェックをかいくぐり反転、ゴールへのドリブルを開始した。そして3人目と4人目を巧みなボールコントロールで抜き去ると、飛び出したシルトンも一瞬のフェイントでかわし、追いついたDFともつれ合いながらゴールを叩き込んだ。

60mの距離を一気に駆け上がり、左脚1だけでボールを操って決めた、マラドーナ「伝説の5人抜き」ゴールである。終盤リネカーが1点返すも試合は2-1で終了、アルゼンチンは因縁の相手を打ち破った

準決勝に勝ち上がったアルゼンチンの対戦相手は、延長120分に及んだスペインとの準々決勝を、PK戦で制したベルギーだった。試合はアルゼンチンが余裕の展開、51分にエンリケのクロスから、マラドーナが左アウトサイドでボールをネットに流し込んだ。

さらに63分、4人に囲まれながらもマラドーナは一瞬の隙を突き強烈なシュート、追加点を決めた。こうして2-0とベルギーを下したアルゼンチンは、2大会ぶりの決勝進出となった。

フランスとブラジルの死闘

1回戦もう片方の山で注目を集めたのが、前回王者イタリアとフランスの試合だった。フランスの誇る「魔法陣」は中盤を支配、15分にはプラティニが相手GKの頭上を抜く、芸術的なロビングシュートを決めた。さらに57分には、ティガナからのボールをロシュトーがワンタッチパス、若手のストピラが追加点を挙げた。イタリアに4年前の勢いはなく試合は2-0で終了、フランスが余裕の勝利を収めた。

そして準々決勝、フランスは1回戦でポーランドに4-0と圧勝したブラジルと戦った。最初に主導権を握ったのはブラジル。テンポ良いボール回しでリズムを掴んだ18分、ミューレルとジュニオールの細かいパス交換で敵陣を崩し、ゴール前でフリーになったカレッカが強烈なシュートを叩き込んだ。

その後もブラジルの攻勢は続き、今度はカレッカのパスからミューレルがシュート、しかしこれはゴールポストに嫌われてしまった。ブラジルの流れとなり、劣勢に追い込まれたフランスは陣形を変更、するとたちまちパスが繋がり始めた。

40分、ジレスのダイレクトパスから、ロシュトーが右サイドを突破する。そこから折り返しのクロスが送られると、飛び出したストピラが潰され、ボールは彼の目の前を転がっていく。しかし、そこに忽然と現れたプラティニが左脚のインサイドで合わせ、自ら31歳の誕生日を祝う同点ゴールを決めた。

そして入れ替わりの激しい攻防が続いた71分、ブラジルは流れを変えるべくジーコを投入した。その直後、ジーコの決定的なスルーパスがゴール前に通ると、フランスのGKバツがブランコを倒しブラジルがPKを得た。勝ち越しのキッカーを任されたのは、チーム一番の経験を持つジーコ。しかしジーコが右へ蹴ったシュートは、バツにコースを読まれ弾かれてしまった。

この後も激しい戦いが繰広げられたが、90分で決着はつかず試合は延長に突入する。94分、ロシュトーが巧みな動きでブラジルDFを突破、あわやのシュートはカバーに入ったジュニオ・セザールが間一髪で防いだ。104分、今度はブラジルが細かいパス交換からジワジワと攻め上がり、ジーコが隙間を通すスルーパス、だがアレモンのシュートはバーを越えていった。

延長後半に入った110分、カウンターからプラティニがダイレクトのスルーパス、フリーで抜け出したベローンはGKカルロスと1対1になった。だがベローンはバランスを崩しカルロスの捨て身のタックルを受けてしまう。アドバンテージがあったとしてPKにもならなず、フランスは好機を逸した。

今度はブラジルのビッグチャンス、カレッカが強引に右サイドを抜けると中央へ折り返し、ボールはフリーでソクラテスに渡った。しかしソクラテスの振り抜いた右足は空を切り、決定的なチャンスを逃してしまう。暑さの中の延長戦で、32歳ソクラテスの疲労は限界を超えていたのだ。

互いに技を尽くした死闘は120分の戦いを終了。1-1の引き分けで準決勝進出はPK戦にもつれ込んだ。ブラジル1人目、ソクラテスのキックが止められる。フランスが優位に立ったかに思えたが、4人目プラティニのシュートがクロスバー高々と越えていった。だがブラジル5人目J・セザールのシュートがポストに嫌われると、フランス5人目のフェルナンデスがゴールを決め、長い戦いの幕を下ろした。

西ドイツ 決勝進出

西ドイツは第1回戦でモロッコと対戦、流麗なパスワークを誇るこの難敵に苦戦し、0-0のまま終盤を迎えた。延長戦がちらつき始めた87分、西ドイツはFKのチャンスを得る。そしてモロッコの中途半端な壁の隙間を狙って、ローター・マテウスが地を這う強烈なキックを放つと、見事ゴールに突き刺さり西ドイツが1-0と勝利した。

準々決勝の相手は、1回戦でブルガリアを2-0と下した開催国メキシコ。西ドイツは地元メキシコに対して慎重になり、試合は延長120分を戦って0-0で終わる。PK戦では西ドイツが勝負強さを見せてメキシコを4-1と圧倒、準決勝へ進んだ。

そして準決勝は、4年前も決勝進出を争った西ドイツとフランスの戦いとなった。しかしベテラン選手の多いフランスは疲労の蓄積から動きが鈍く、試合は西ドイツのペースとなった。開始9分、セットプレーでマガトが横に流したボールをDFのブレーメがキック、それをGKバツがファンブルし、西ドイツが先制した。

しかしこの後バツは好セーブを連発、幾度ものピンチを防ぐ。だが焦ったプラティニが前線に張り付いてしまい、華麗なパスワークは陰を潜めてしまった。単調な攻めでフランスのチャンスは少なく、89分にはフェラーに追加点を許してしまう。

こうして西ドイツが2-0と勝利、プラティニとフランスの野望は潰えてしまった。西ドイツは2大会連続で決勝へ進出、マラドーナのアルゼンチンと雌雄を決することになった。

「マラドーナの、マラドーナによる、マラドーナのための大会」

第13回ワールドカップ・メキシコ大会の決勝は、6月29日アステカ・スタジアムに114,600人の観客を集めて行なわれた。ベッケンバウアー監督はマテウスをマラドーナのマークに付け、アルゼンチンの攻撃を抑えようとした。

だが23分、マテウスが翻弄するように動くマラドーナを倒し、アルゼンチンがFKのチャンスを得る。ブルチャガが蹴ったFKは平凡なものだったが、GKシューマッハが中途半端な飛び出し、ボールはその手をすり抜けフリーの選手に先制ゴールを許してしまった。

後半に入った55分、バルダーノ、マラドーナ、エンリケとパスを繋ぎ、その間に斜め対角線上へ駆け上がったバルダーノがフリーとなる。そしてラストパスを受けたバルダーノがシュート、アルゼンチンに追加点が生まれた。

試合の流れは、完全にアルゼンチンへ傾いたように思えた。だが2点をリードされてから真価を発揮するのが、ゲルマン魂だった。後が無くなった状況でマテウスがマラドーナのマークを放棄、攻撃への参加を始める。74分、ブレーメの蹴ったCKをフェラーが頭で落とすと、ルンメニゲがスライディングでボールを押し込んだ。

80分、またもブレーメのCKからフェラーが同点弾、ついに西ドイツが試合を振り出しに戻した。このまま勢いに乗って前掛かりになる西ドイツ、しかしそこから一瞬の隙が生まれた。

83分、攻め上がった西ドイツ裏のスペースを見逃さなかったマラドーナが、ハーフライン手前で必殺のスルーパスを送る。阿吽の呼吸で駆け上がっていたブルチャガにボールが繋がると、冷静にシューマッハを抜いたシュートでアルゼンチンの勝ち越し弾が決まった。

こうして2-1と西ドイツを下してアルゼンチンが2度目の優勝、主将のマラドーナは栄冠のトロフィーを高々と掲げた。3位となったのは、プラティニ抜きの若手主体で決定戦を制したフランス。MVPは大会の主役マラドーナが獲得し、6ゴールを記録したリネカーが得点王となった。

次:第14回イタリア大会-前編(1990)

カテゴリー サッカー史

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク