ワールドカップの歴史 第14回イタリア大会-後編

スポンサーリンク
FIFAワールドカップ、第14回イタリア大会-後編(1990年)

「退屈な決勝戦」

世界を驚かせた「ブラックパワー」

決勝T1回戦の初日、予選リーグで世界を驚かせたカメルーンはコロンビアと対戦した。勝負は互いに譲らず0-0のまま延長戦に突入する。そして延長後半の106分、スーパーサブのロジェ・ミラが軽やかなステップから左サイドを突破、DF2人を置き去りにし、鮮やかな先制弾を叩き込んだ。

その3分後、ミラに先制点を奪われたGKレネ・イギータが、Pエリアから遙か前方に繰り出してきた。だが味方からの横パスをキープ出来ず、迫ってきたミラにボールを絡め取られ、無人のゴールへ追加点を流し込まれてしまう。

この日2度目の「マコサ」を舞うミラ。アクロバティックなプレーで観客を楽しませてきたイギータだが、コロンビア攻撃の起点となってきた彼の飛び出しは、この場面で裏目に出てしまったのだ。116分にバルデラマとレディンの壁パスからコロンビアが1点返すが、試合は2-1で終了。カメルーンが準々決勝進出を決めた。

イングランドはベルギーと対戦、0-0で延長戦に突入しPK戦となるかと思えた119分、ガスコインのFKからデービッド・プラットがボレーで決勝点を決めた。そして準々決勝はカメルーンとイングランドの戦い、カメルーンは累積警告で4人の選手が出場停止となっていた。

25分、プラットのゴールで先制されたカメルーンは、後半から切り札のミラを投入した。ミラの動きはイングランドを苦しめ61分にPKを獲得、1-1の同点となった。そしてその3分後、ミラのスルーパスが通りカメルーンが勝ち越す。ジャイアントキリングの再現かと思えた83分、リネカーが自ら得たPKを決め、イングランドが追いついた。

延長に入り流れを掴んだイングランドは105分、ガスコインのスルーパスが通り、リネカーが倒され再びPKのチャンスを得た。そしてリネカーが冷静にゴールを決めこのまま試合は終了、3-2と劇闘を制したイングランドが準決勝に進むことになった。健闘虚しく敗れた『不屈のライオン』だが、「ブラックパワー」の威力を見せつけ大会を去って行った。

西ドイツ vs オランダ サンシーロ決戦

決勝T1回戦で注目を集めた西ドイツとオランダの試合は、サンシーロ・スタジアムで行なわれた。サンシーロはACミランとインテルの本拠地、オランダのミラントリオと、西ドイツのインテル3人衆(クリンスマン、マテウス、ブレーメ)にとって、ホームグラウンドの戦いだった。

開始20分、ライカールトがフェラーにファール、揉み合いとなって両者にイエローカードが出る。その直後、フェラーのキーパーチャージまがいのプレーにライカールトが突っかかり、再びイエローカードで二人とも退場になってしまう。怒りが収まらないライカールト、フェラーの頭に唾を吐きかけピッチを去って行った。そもそもこの揉め事の原因は、フェラーがスリナム系黒人のライカールトに差別的な言葉を口にしたからだと言われている。

退場の影響は中盤のキーマン、ライカールトを失ったオランダの方が大きかった。後半の50分、前線に上がったDFのギド・ブッフバルトが左サイドからクロス、クリンスマンが足で合わせ先制点を決めた。さらに84分にはブレーメが2点目、終了直前にロナルド・クーマンのPKで1点失なうも、西ドイツが2-1と勝利した。魅力的なサッカーとスターの活躍を期待されたオランダだが、その実力を発揮することなく大会を去って行った。

西ドイツは準々決勝で、コスタリカに4-1と圧勝したチェコと対戦。クリンスマンが倒され得たPKをマテウスが決め、チェコを1-0と退け準決勝進出を果たす。そして西ドイツは次に、接戦を勝ち抜いてきたイングランドと戦うことになった。

決勝Tに入り、過酷な移動を強いられたイングランドは疲れ気味、しかし西ドイツの動きも重かった。前半は双方チャンスも少なく、試合は0-0で後半に入った。その60分、ブレーメのシュートがクリアに来たパーカーの足に当たりボールは上方へ。だが軌道は弧を描き、GKシルトンの頭上を越えゴールイン、西ドイツが幸運な先制点を手に入れた。

だが先制されたイングランドは反撃を開始。80分、パーカーが右サイドからクロスを上げると、リネカーが巧みなコース取りで抜けだしシュート、同点弾を決めた。延長に入り西ドイツはブッフバルト、イングランドはクリス・ワドルがあわやのロングシュートを放つが、それぞれバーに嫌われ得点とはならなかった。

延長を終えて1-1、準決勝を決める戦いはPK戦に持ち込まれる。そしてPK戦で負けたことのない西ドイツがやはりの勝負強さを発揮、イングランドを4-3で打ち破り、3大会連続の決勝進出となった。

南米両雄対決

決勝Tもう一つの山で話題を集めた対戦が、南米の両雄アルゼンチンとブラジルの試合。マラドーナは予選リーグで左脚に深刻なダメージを受け、麻酔を打ってピッチに立っていた。試合の主導権を握ったのはブラジル。ジョルジーニョ、ブランコの両翼がサイドをえぐり、カッレカ、ミューレル、アレモンの攻撃陣が次々とアルチンゴールに襲いかかる。

劣勢のアルゼンチンはGKゴイゴチェアの好セーブと、ゴールポストやバーにも助けられ、どうにか失点を防いでいる状態だった。頼みのマラドーナは動きが鈍く、ボールを持ってもドゥンガのタックルを受け、なかなかチャンスを生み出せない。

執拗に攻めてもフィニッシュが決まらないブラジル、チャンスを逃し続けたつけが終盤に回ってきた。80分、ボールを持ったマラドーナが中盤で反転、密集を抜けると突然ドリブルを開始する。たぐい寄せられるようにマラドーナを囲む3人のDF。がら空きになった前方横のスペースには、マークから解放されたカニーヒアが走り込んでいた。

その時マラドーナが普段使わない右脚でスルーパス、ボールは併走するブラジルDFの股間を抜けフリーのカニーヒアへ、アルゼンチンに起死回生のゴールが生まれた。試合は1-0で終了、唯一のチャンスをモノにしたアルゼンチンが、Wカップで初めてブラジルに勝利し準々決勝へ進んだ。

ストイコビッチの輝き

ユーゴはスペインと対戦。0-0で迎えた79分、ゴール前で高々と上がったボールを「ピクシー(妖精)」ストイコビッチが、吸い付くようなトラップで足元に収めると、素早くDFをかわしゴールを決めた。だが83分、フリオ・サリナスの得点で追いつかれ試合は延長に入った。延長前半の3分、ユーゴはFKのチャンスを得る。そしてキッカーのストイコビッチが右足を一閃すると、ボールは壁を巻いてスペインのゴールネットを揺らした。

2-1と勝利したユーゴは、準々決勝でアルゼンチンと対戦する。マラドーナをマークしたサバナゾビッチが開始30分で退場、ユーゴは数的不利に陥るが、持ち前のキープ力で互角以上の展開に持ち込んだ。試合は延長120分を戦い両チーム無得点、勝負はPK戦にもつれ込む。

マラドーナのキックは止められてしまうが、ストイコビッチのシュートもバーを直撃する。だがGKゴイゴチェアが活躍、ユーゴ3人のシュートを防ぎ、アルゼンチンが勝利して準決勝進出となった。

ラッキーボーイ スキラッチ

開催国のイタリアは、1回戦でウルグアイと対戦した。双方無得点で迎えた後半の53分、イタリアはこの日30歳となったFWアルド・セレナをピッチに送り込んだ。大柄なセレナはウルグアイDFを撹乱、65分に彼のパスからスキラッチの先制点が生まれた。83分にもセレナが追加点、イタリアが2-0の完勝を収めた。

準々決勝の相手は、ルーマニアをPK戦で退けたアイルランド。ちぐはぐなプレーが目立ったイタリアだが、開始26分にドナドーニがシュート、キーパーが弾いたところをスキラッチが決めた。イタリアはこの得点を守り1-0で勝利、順当に準決勝へ進んだ。

イタリアは名GKワルテル・ゼンガを始め、CBフランコ・バレージやジュゼッペ・ベルゴミ、SBパオロ・マルディーニらで鉄壁の守りを形成、ここまでの5試合を無失点で勝ち上がっていた。準決勝は前回王者アルゼンチンとの対戦だったが、今ひとつ勢いのない相手にイタリア国民の勝利への期待は高まっていた。

マラドーナ vs イタリア ナポリの戦い

アルゼンチンとイタリアの試合は、マラドーナのホームであるナポリで行なわれた。マラドーナはナポリの英雄だったが、この時ばかりは市民の声援もアズーリに送られた。イタリアは2試合先発起用したバッジオに替え、ビアリを復帰させた。

開始17分、ジャンニーニが頭で流したボールをビアリがシュート、ゴイゴチェアが弾き返すが、詰めていたスキラッチがこぼれ球をゴールに流し込んだ。先制点を得て、カテナチオの鍵を掛けるイタリア。しかしイタリアをよく知るマラドーナは、慌てず好機が訪れるのを待った。

67分、マラドーナが左サイドフリーの選手にボールを預けると、ゴールに向かって移動を始めた。左サイドからゴール前へクロス、GKゼンガは近づくマラドーナに気を取られてしまったのか、ボール処理を誤り、カニーヒアのヘディングを許してしまう。ボールはゴールネットを揺らし、ゼンガのWカップ無失点記録は517分で途絶えてしまった。

同点となり、アルゼンチンはPK戦狙いで守りを固めた。その思惑通り試合は延長120分を戦って1-1、勝負はPK戦に突入する。イタリア選手の癖を知るマラドーナは、仕草でゴイゴチェアに合図。守護神が5人目のシュートを止め、アルゼンチンが地元イタリアに勝利を収めた。こうしてアルゼンチンは、2大会連続で西ドイツと優勝を争うことになった。

この後イタリアとイングランドの3位決定戦が行なわれ、イタリアが“トト”・スキラッチとバッジオのゴールで2-1と勝利した。大会MVPと得点王は、6ゴールを挙げたスキラッチが獲得することになる。

ベッケンバウアーの戦術

第14回ワールドカップ・イタリア大会の決勝は7月8日、ローマのオリンピックスタジアムに73,603人の観客を集めて行なわれた。既に東西ドイツの統一が決まっていたため、Wカップでは西ドイツの名前で行なう最後の試合だった。

ベッケンバウアー監督は前大回の雪辱を果たすべく、高度な戦術を機械のようにこなす精密システムを構築していた。そこに優雅さや創造性は無かったが、個人技や閃きに頼らない合理的な戦術は、確固たる強さを見せた。

一方アルゼンチンは累積警告などで、カニーヒアを始めとする4人の主力を欠いていた。またマラドーナは地元チームを破ったことと、思い上がった発言でイタリア国民の反発を買っていたのだ。そのため試合の間中、マラドーナには観客から野次が浴びせられていた。

守備を固めざるを得なくなったアルゼンチン、勝機は一発のカウンターか、守り抜いてPK戦に持ち込むしかなかった。試合は予想通り西ドイツの一方的展開、アルゼンチンは身体を張ってゴールを守った。マラドーナもブッフバルトの執拗なマークに遭い、身動きが取れない。

凡戦となった決勝

だがどうにか耐えた前半終了直前、アルゼンチンがゴール右でFKのチャンスを得た。キッカーはもちろんマラドーナ。しかし彼の蹴ったFKはバーの上を越え、得点のチャンスを逃してしまう。結局これが、アルゼンチン唯一のシュートとなった。

後半の65分、ドリブルで駆け上がるクリンスマンを、後半から入ったモンソンがスライディングで倒し一発退場、アルゼンチンはいよいよ窮地に追い込まれた。そして85分、フェラーがPリアで倒され西ドイツがPKを獲得する。本来のキッカーであるマテウスがビビッてしまったため、代わってブレーメがシュート、ボールはゴイゴチェアの手先をかすめ、西ドイツに待望の1点が入った。

その2分後、西ドイツDFユルゲン・コーラーの喉を乱暴に掴んだデソッティが退場処分、9人となったアルゼンチンは事実上の終焉を迎えた。試合は1-0で終了、西ドイツが4大会ぶり3度目の優勝を果たし、屈辱にまみれたマラドーナはピッチで涙に暮れる。

しかし見どころに欠けたこの試合は、史上最も退屈な決勝戦と言われてしまう。大会全体でも過去最低の平均ゴール数、引き分けやPK戦も多く、面白みの少ないWカップとなってしまった。

次:第15回アメリカ大会-前編(1994)

カテゴリー サッカー史

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク