スポンサーリンク
スポンサーリンク

U-17ワールドカップ 日本対アメリカ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FUFA U-17ワールドカップ、日本第2戦目の相手はアメリカ。この試合に勝てば日本は決勝T進出を決めるが、オランダ戦のアディショナルタイムに脚を痺らせたFW西川がベンチスタート、代わって唐山(とうやま)翔自が先発出場した。

前試合、オランダに3-0と快勝したことで警戒されたのか、アメリカはガチガチに守ってきた。中央を固め、背後のスペースを消す相手の守りに日本も攻め手を失い、前半はペナルティーエリア内でシュートを打つことが出来ない。オランダ戦で2得点を挙げた若月も、厳しいマークに遭い封じられてしまう。

0-0で折り返した46分、アメリカのシュートをGK鈴木が弾くが、詰めていた選手に跳ね返りゴールネットを揺らされる。だがこのゴールは明らかにオフサイド、一瞬ヒヤリとしたが事なきを得た。

57分、日本は唐山に替えてエース・西川を投入、ここから日本は流れを引き寄せる。前半からアグレッシブに動いていたアメリカには疲れが見え、西川の反転シュートなど何度かのチャンスが訪れた。72分にはシンプルなパス交換で相手の右サイドを崩し、畑がクロス。若月が頭で合わすが、相手キーパーに防がれ絶好機を逃してしまった。

こうして試合は0-0のスコアレスドローで終了。後半は日本に流れが来ていただけに、決定力を欠いて引き分けてしまったのは残念だった。

同組もう一つの試合は、セネガルがオランダに3-1と勝利を収めている。これで2連勝となったセネガルはベスト16入りを決め、2連敗したオランダは予選敗退の危機に追い込まれた。大会前は優勝候補と見られたオランダだが、どうやら評判倒れだったようだ。

第3戦、勝ち抜けを決めて選手を休めたい日本だったが、セネガル戦に予選突破をかけることになった。引き分けでもOKなのだが、是非勝ってベスト16入りを決めて欲しい。

タイトルとURLをコピーしました