ワールドカップの歴史 第16回フランス大会-後編

スポンサーリンク
FIFAワールドカップ、第16回フランス大会-後編(1998年)

「トリコロールの栄冠」

「10人の勇者と1人の愚者」

トーナメント1回戦で最も注目されたのが、因縁続くアルゼンチンとイングランドの戦いだった。開始6分、バティストゥータのPKでアルゼンチンが先制するがその4分後、イングランドもシアラーのPKで試合を振り出しに戻した。

16分、ベッカムのパスに飛び出したオーウェンが、DFを切り裂くドリブルからシュート、鮮烈なゴールを決める。だがリードされたアルゼンチンは前半のロスタイム、ベロンの頭脳的なFKからサネッティがヘディングで同点とした。

後半に入った47分、ベッカムとシメオネが交錯、ベッカムは前方へ倒れる。その状態でシメオネが挑発する言葉を浴びせると、フラストレーションを溜めていたベッカムが、伏せたまま脚を出して報復行為を行なった。

少し触れただけのシメオネは大げさに転倒、両チームの選手が2人の周りに集まる。これを近くで見ていた主審は、シメオネにイエローカード、すぐさまベッカムにレッドカードを提示した。ベッカムは悔しさを浮かべながら、ピッチを去って行った。そして10人になってしまったイングランド、守備的陣形を敷いて残り時間の猛攻に耐える。

イングランドが踏ん張り、サドンデス方式(ゴールデンゴール)の延長を終わって2-2のまま。勝負はPK戦に持ち込まれた。だがイングランド5人目のシュートが止められ、アルゼンチンが勝利する。こうして大会を去って行ったイングランドだが、ベッカムは「10人の賢者と、1人の愚者」の猛批判を浴びた。

オルテガの愚行

宿敵を下したアルゼンチン、準々決勝ではオランダと戦った。オランダは第1回戦でユーゴスラビアと対戦、1-1で迎えた終了直前の90分にダービッツのミドルシュートが決まり、薄氷の勝利で勝ち上がってきていた。

試合開始12分、ロナルド・デ・ブールの浮き球パスをベルカンプが頭でゴール前に送ると、走り込んできたクライファートが先制点を叩き込む。対するアルゼンチンも17分、ベロンのロングパスにC・ロペスが抜けだし、GKファン デル・サールと1対1、巧みにかわして同点弾を決めた。

後半は、相手の攻撃を抑えたオランダが押し気味となったが、72分にシメオネの誘ったファールによりヌマンが2枚目の警告で退場、アルゼンチンに流れが傾いた。だが双方決め手を欠いた終盤の87分、オルテガがドリブルでP・エリアに侵入、脚を出されオーバーに倒れ込む。

主審の判断はノーファール。ファン デル・サールは、シミュレーションを行なったオルテガに近寄り挑発する。するとオルテガは立ち上がりながらファン デル・サールの顎を頭突き、一発退場を食らってしまった。

これで再び流れを引き寄せたオランダ。試合終了間近の89分、後方にいたフランク・デ・ブールが、駆け上がるベルカンプに60mの超ロングパス。ベルカンプは後方からのボールを、完璧なトラップでコントロール。そして素早くDFをかわし右脚アウトサイドでシュート、劇的なゴールでアルゼンチンを2-1と打ち破りオランダが準決勝へ進んだ。

勝ち進むブラジル

優勝候補のブラジルは、1回戦でチリと対戦した。開始11分、ドゥンガのFKをサンパイオが頭で合わせてブラジルが先制。27分にもサンパイオの追加点が生まれ、前半ロスタイムにはロナウドがPKを決めた。さらに70分にはロナウドが駄目押しゴールを叩き込み、強力なチリの攻撃をサラスの1点に抑えてブラジルが4-1と快勝する。

デンマークは1回戦、ラウドルップ兄弟の攻撃が冴え渡り、優勝候補のひとつだったナイジェリアを4-1と粉砕する。そして準々決勝でブラジルと対戦。開始2分、デンマークが速攻で先制点、その勢いを見せた。

だが11分、ロナウドがマーカーを引きつける間に、フリーとなったベベトーがゴール、ブラジルが同点に追いつく。さらに27分、ロナウドに気を取られたデンマークDFの隙を狙い、リバウドの逆転弾が決まった。だが後半に入った50分、ロベルト・カルロスがオーバーヘッドでのクリアを失敗、B・ラウドルップのシュートで2-2となった。

同点に追いついたデンマークに流れが傾いたかと思われた60分、ドゥンガのパスを受けたリバウドがロングシュート。ボールは名手シュマイケルの脇を抜けゴールイン、ブラジルに勝ち越し点が生まれた。こうして3-2と激戦を制したブラジルは、準決勝へ勝ち上がった。

決勝への激闘

そして準決勝、ブラジルとオランダの戦い。ブラジルは通算2枚の警告を受けたSBのカフーがこの試合出場停止、右サイドの守備に不安を抱えていた。だが対するオランダも、その弱点を突くべき左ウイングのオーフェルマルスを怪我で欠いていた。

試合は互角の展開、前半を0-0で折り返した。だが後半直後の僅か20秒、リバウドがゴール前にグラウンダーのクロス。そこへ相手DFを力で振り切ったロナウドがシュート、ブラジルが先制した。リードされたオランダは攻勢を強め、押し込まれたブラジルは70分、ベベトーに替えデニウソンを投入する。するとR・カルロスとの連携が機能し始め、ブラジルが押し返す展開となった。

このままブラジルが1点を守り切るかと思えた87分、右サイドでフリーになったR・デ・ブールがクロスを上げると、クライファートが頭で合わせオランダが土壇場で同点に追いつく。延長に入りロナウドが50mのドリブル突破、しかしオランダが必死の守りでシュートを防いだ。

勝負はPK戦にもつれ込むがGKのタファレルが好守を連発、オランダを4-2で下し、ブラジルは2大会連続で決勝戦へ進むことになった。

ゴールデンゴールの決着

開催国フランスは、1回戦でパラグアイと対戦した。司令塔のジダンを欠くも高い技術で中盤を支配。パラグアイの12本のシュートに対し、35本ものシュートで圧倒した。だが主将チラベルトが統率、CBのガマーラとアジャラが死守するゴール前の守備は強固、フランスのチャンスをことごとく防いだ。

試合はスコアレスのまま延長に突入、だがゲームは膠着状態に陥いる。延長後半、フランスはこの状況を打開するべくDFのブランが攻撃参加する。そして延長も終了が近づいた113分、途中出場ピレスのクロスをトレゼゲが頭で合わせ、詰めていたブランがゴールを決めた。延長戦はゴールデンゴール方式、この得点で試合を終わらせたフランスは準々決勝へ勝ち上がることとなった。

ジダンとバッジオのせめぎ合い

準々決勝フランスの相手は、強豪のイタリアだった。イタリアは1回戦でノルウェーを1-0と退け、準決勝へ進んでいた。18分に挙げたビエリの得点を堅守で逃げ切るという、まさにイタリアらしい勝利だった。

この試合からジダンが復帰、休養充分で意欲に溢れた司令塔は、卓越したキープ力と鋭いパスでイタリア陣営を脅かし続けた。DFネスタを怪我で欠いたイタリアだったが、それでもP・マルディーニやカンナバーロら守備陣が踏ん張り、フランスの得点を許さなかった。

後半に入った67分、C・マルディーニ監督はトップ下として機能していないデル・ピエロに替え、ベテランのR・バッジオを投入する。経験豊富なバッジオは技を駆使し再三のチャンスを作り出すが、フランスも必死の守りを見せ失点を防いだ。

試合は両チーム得点を挙げられないまま120分の戦いを行なうが、延長を終わっても決着はつかなかった。PK戦はフランスが先攻、1人目のジダンがパリウカの動きを見極めゴールすると、後攻のバッジオも確実にシュートを決めた。2人目のリザラスはシュート失敗、だがイタリアのアルベルティーニも外してしまった。

その後、先攻のトレゼゲ、アンリ、後攻のコスタクルタ、ビエリがPKを成功させ、キッカーは5人目に入った。まずはフランスのブランが冷静にゴールを決めると、外せば終わりとなるイタリアのディ・ビアッジオがボールをセットする。

しかし彼の蹴ったボールはバーを直撃、4年前の決勝に続きイタリアはPK戦で勝利を失ってしまった。こうして強敵を下したフランスは、準決勝へ進むことになった。

新興国クロアチアの躍進

ドイツは1回戦でメキシコと対戦、先制されたもののいつもの勝負強さを発揮し、クリンスマンとビアホフのゴールで2-1と逆転勝利を収めた。準々決勝の相手はクロアチアだった。クロアチアは1回戦、勢いのあるルーマニアと対戦。シュケルのPKで1-0と接戦を制し、準々決勝に勝ち上がってきていた。

前半はドイツがゲームを支配、再三チャンスを作るもののビアホフがゴールを決め切れずに好機を生かせなかった。40分、ロングパスからゴール前に抜け出したシュケルが倒されファール。得点機を阻止したとして、ドイツDFのヴェルンスが一発退場となる。

ここから戦況は一変、45分にヤルニのミドルシュートでクロアチアが先制した。さらに80分、カウンター攻撃で追加点を挙げると、その5分後にもシュケルがゴール前の混戦から駄目押し弾、強豪ドイツの息の根を止める。こうしてクロアチアは、大方の予想を裏切り準決勝へ名乗りを上げた。

フランス 悲願の決勝へ

準決勝のフランス対クロアチア戦、スタンドは決勝進出を期待するフランス国民の期待で溢れていた。試合は自力に勝るフランスの展開、しかしFWの決定力を欠き0-0で前半を折り返す。後半開始直後の25秒、アサノビッチのパスを受けたシュケルがGKバルテスをかわしシュート、クロアチアが先制点を挙げた。

だがその1分後、Pエリア前でボバンのボールを奪ったテュラムが、ジョルカエフとのワンツーから同点弾を決める。そして69分、またもやテュラムがアンリとのワンツーからヤルニをかわしてシュート、クロアチアを逆転した。

だが74分、ゴール前の小競り合いでブランがビリッチの胸を押すと、ビリッチは何故か顔を押さえて倒れ込む。すると主審はブランにレッドカード、フランスは抗議するも判定は覆らなかった。試合は2-1で終了、フランスは念願の決勝へ進出することになったが、守備の要を失うという不安を抱えることになった。

この後3位決定戦が行なわれ、モチベーションに勝るクロアチアがオランダを2-1と下す。この試合でも得点を記録したクロアチアのシュケルが、大会6ゴールで得点王を獲得した。

ブラジルエースの異変

第16回ワールドカップ・フランス大会の決勝は、7月12日スタッド・ドゥ・フランスに満員の観客を集めて行なわれ、スタンドにはシラク大統領や組織委員長プラティニの姿もあった。しかしこの決勝戦の直前、ブラジルには異変が発生していた。絶対的エースであるロナウドが、腹痛と痙攣を起こして病院に運び込まれたのだ。

この事態にブラジルは当初、先発FWへエジムンドの名を記してメンバー表を提出した。しかしロナウドは病院から会場に駆けつけると、ザガロ監督に出場を直訴する。ザガロ監督もロナウドの体調不良を承知で、彼の懇願を受け入れた。

国民の期待と世界的な注目、協会からの干渉、マネジメントやスポンサーによる圧力。まだ21歳に過ぎない若者に背負わされた責任は並大抵ではなく、精神的に蝕まれながらもロナウドには無理を押して出場しようとした。そしてザガロ監督も、本人が望む限り彼を使わざるを得なかったのである。

フランスは出場停止となったブランの代わりにルブフを起用、いつもの4バックで試合に臨んだ。一方強行出場したロナウドのプレーにキレは無く、彼を気遣うチームメイトたちも集中力を欠いてしまった。

新将軍誕生とパリの凱歌

開始27分、フランス右CKのチャンスで、プティがカーブの掛かったボールを蹴る。そこへジダンが頭で合わせ、鮮やかなヘディングシュートを叩き込んだ。これまでヘディングのイメージが無いジダンに対し、ブラジルは無警戒だった。

前半のロスタイム、再びフランスに左CKのチャンスが訪れた。いつもは左CKを担当するジダンだが、ジョルカエフにその仕事を託してゴール後方へ陣取った。CKが蹴られると、ジダンはレオナルドのマークをかわしゴールへ突進、またもやヘッドでロベカルの股を抜く2点目を決めた。

優位に立ったフランスだが、68分にDFのデサイーが警告2枚で退場となる。それでもブラジルの反撃を凌いだ後半のロスタイム、カウンターからプティが抜け出し3点目、決勝戦の最後を締めくくった。こうしてフランスがブラジルに3-0と完勝、7ヶ国目のワールドカップチャンピオンとなった。

いつもは斜に構えるフランス国民も大興奮、シャンゼリゼ大通りには優勝を祝う150万の市民が集まったと言われている。大会MVPには、準優勝に終わったブラジルのロナウドが選ばれている。

次:第17回日韓大会-前編(2002)

カテゴリー サッカー史

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク