スポンサーリンク
スポンサーリンク

キリンチャレンジC  日本対ベネズエラ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

19日に行なわれた親善試合のキリンチャレンジカップ2019。日本は去年に続きベネズエラと対戦、1-4の完敗を喫した。

森保ジャパン、この試合のテーマは新戦力の底上げ。先発には中島翔哉や柴崎岳らレギュラーメンバーの他は、今まで出場機会の少なかった選手の名前が並ぶ。

2トップに起用された浅野琢磨と鈴木武蔵だが、連携の悪さからか動き出しが遅くてリズムが掴めない。ポスト大迫として試された鈴木だが、ミスも目立って良いところ無し、前半で替えられてしまった。

守備の対応もまずくて、ベネズエラにやられ放題。8分にはヘディングで先制点を挙げられてしまうが、日本のこんな緩い守りじゃ失点を防げない。その後も再三サイドを破られ、30分に追加点を入れられると、その3分後にもクロスからベネズエラのエース、ロンドンにハットトリックを決められてしまう。

そして38分にも簡単にパスを通され4失点目、マークが甘すぎてどうしようも無い。結局前半を終わって0-4、ホームでの親善試合なのに、ここまで酷い試合は余り記憶が無い。後半26に途中出場した山口蛍が1点返したのがせめてもの救い、サポーターからはブーイングが起きたそうだが当然だろう。

この試合で明らかになったのは、海外組の主力と控え選手の力の差が大きいと言うこと。特に守備陣は、もっと身体を張ってゴールを守り切るという気概を見せて欲しい。戦力の底上げという意味では、全く収穫のない試合となってしまった。

タイトルとURLをコピーしました