ユーロ2020 組み合わせ抽選会

スポンサーリンク

16回目となるUEFAユーロ2020(サッカー欧州選手権)の組み合わせ抽選会が、30日にルーマニアの首都ブカレストで行なわれた。今回のユーロ2000は、ヨーロッパ各国の12都市で行なわれるという史上最大の規模の大会となる。

抽選会場となるロメクスポに現れた代表監督の中には、スペインのルイス・エンリケ、ウェールズのライアン・ギグス、フランスのディディエ・デシャンといったかつてのスタープレイヤーの姿が。さらにステージには、スペインのカシージャス、ドイツのラーム、オランダのフリット、イタリアのトッティら、錚々たる顔ぶれのゲストレジェンドたちも登場。

抽選が終わり、プレーオフの結果待ちを除くA~F組6グループの合わせが決まった。その中で「死の組」となったのがF組。前大会覇者のポルトガルと18年Wカップ王者のフランス、そして14年のWカップで優勝したドイツと、地獄の顔合わせだ。

フランスがWカップ王者の力を証明するか、史上初となるWカップ予選Gの敗退という屈辱を喫したドイツが復活がなるか、35歳となるポルトガルのC・ロナウドが健在ぶりを見せつけるか、とにかく話題の尽きない楽しみな顔合わせだ。

またD組のイングランド・クロアチア・チェコ、E組のスペイン・スウェーデン・ポーランドの組み合わせもタフな戦いが繰広げられそう。大会は2020年6月12日にローマのオリンピコ・スタジアムで開幕、7月12日にはロンドンのウェンブリー・スタジアムで決勝戦が行なわれる予定だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク