スポンサーリンク
スポンサーリンク

THE W 2019 女芸人No.1決定戦

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不愉快な観客の反応

今年はなるべく温かい目で視聴しようと思った『THE W 2019 女芸人No.1決定戦』ですが、やっぱりキツかった。

何がキツいかというと、詰めの甘い、スカスカなネタを見せられるのが苦痛だし、過剰な笑い声や無理矢理な拍手など、観客の不自然な反応が不愉快だったからだ。

生で見るのと画面を通して見るのとでは印象の違いはあるだろうが、そんなに大声で笑ったり手を叩きたくなるようなネタ、あったか?。まあ中継裏実況ルームのあのダレたような感じ、それが一番この番組の実態を正直に表していたと思うよ。

それとゲストや審査員、司会など出演者の「面白い」だの「レベルが高い」だの、気恥ずかしくなるような忖度コメントも気味悪い。こんな嘘っぽい作りじゃ、視聴者の感覚とかけ離れ過ぎていて空々しいだけだ。

優勝は「3時のヒロイン」

優勝したのはコントトリオ「3時のヒロイン」。今回の出場者の中では一番キャラが立っていたと思うが、面白いかと言われれば微妙だな。まあブレイクはしないだろうな。なんか、「女芸人No,1決定戦」という響きが虚しい。

女性芸人のNo.1を決めるという企画自体に無理があるが、こんなに嵩上げ感満載で番組作っているようじゃ、先は長くないな。

タイトルとURLをコピーしました