U-23アジア選手権 日本対カタール

スポンサーリンク

連敗で1次リーグ敗退が決まってしまった日本。15日にBグループ最終節となる、カタールとの試合を行なった。勝てば予選突破の可能性があるカタールが相手、日本には厳しい戦いが予想された。

2試合連続で逆転負けという屈辱を味わった日本。最後は良い内容で勝ちたいところだが、相変わらず前線の連携がイマイチ。DF裏を狙いパスを入れるが、トップの動き出しと合わず、なかなかこれといった攻撃が生まれない。そして日本がモタモタ繋いでいるところを奪われ、カウンターを受けるという、お馴染みの光景も。

そんな状況が続いた前半アディショナルタイム。パスが乱れ田中碧がボールへ出した脚に、引っ掛けられたカタール選手が倒れ込む。VAR審議の結果、スパイク裏で相手の足を蹴ったとして主審はレッドカードを提示、田中選手は一発退場となってしまった。

スローVTRで見ると田中のプレーは不可抗力にも見え、厳しすぎると思える裁定。日本はまたもやVARに苦しめられることになった。


攻守の要田中碧を失った日本、後半開始には旗手を下げ斉藤未月を投入した。劣勢を強いられる日本。それでも73分、食野から絶好のパスを受けた小川が思いきったシュート、数的不利を強いられていた日本が先制した。

しかしその後カタールが反撃、76分にPエリアで斉藤が相手を倒して、3試合連続でPKを与えてしまう。これを決められ1-1と追いつかれた日本、試合は引き分けで終わってしまった。Pエリア内に限らず守りの拙さなど、彼らも精一杯だったのだろうがその未熟さが目についた。

既に五輪出場権を持っているにせよ、今回招集された選手には生き残りを懸けた戦いだったはず。しかし全体的に消極的なプレーが目立ったのは、とっても残念だった。もしかしたら、海外組やオーバーエイジが合流すれば、自分たちにはほとんどチャンスが無いという意識があり、気勢が上がらなかったのかもしれない。

一方、地元タイ代表を率いる西野朗監督は、最終節でイラクと1-1で引き分け。強豪の揃うグループAを、オーストラリアに続く2位で決勝Tへ勝ち上がった。西野監督の奇策と大胆采配が光る戦いは、森保監督との経験の差を見せつけた格好だ。

森保監督は16日、協会の技術委員らと緊急スタッフミーティングを行なうらしい。そこでは今大会の敗因整理と選手の査定、さらに今後の活動方針の練り直しが話し合われる模様。

選手の考えを尊重する森保監督だが、勝つための采配に物足りなさを感じたのも事実。まだ本番まで時間のあるこの時期に危機感が生まれたのは、却って良かったのかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク