コービー・ブライアントさん 事故死

スポンサーリンク

NBAのスーパースター ヘリで事故死

アメリカ時間の26日、NBAレイカーズの元スーパースター、コービー・ブライアントさんが、保有するヘリコプターで事故死したことが伝えられた。コービーさんを乗せた中型ヘリコプターは、ロサンゼルス郊外の山に墜落。コービーさんと、同乗していた次女ジアナさんを含む9人全員が死亡した。

コービーさんはジアナさんがプレーするバスケットの試合を観戦するため、会場に向かって移動中だった。報道によるとこのとき現地は濃霧で、他のヘリコプターは運行を見送っていたとされる。

コービーさんの訃報が伝えられると、NBAのレジェンド、マジック・ジョンソンやマイケル・ジョーダン、そしてコービと親交のあったタイガー・ウッズなど、多くの人々が哀悼の意を表明した。

コービーさんは96年のドラフトで全体の13番目に指名受け、高卒でプロ入りを果たした。その後殆どの期間をレイカーズひと筋でプレー、卓越した得点力を見せて様々な記録を残す。北京オリンピックとロンドンオリンピックにも出場、米国チームの連覇にも貢献している。

16年には現役引退、背番号の8と24はレイカーズの永久欠番とされた。彼の名前は神戸牛にちなんでおり、日本にも浅からぬ縁を持つ選手だった。享年41歳。

ペイン・スチュアートの悲劇

有名なスポーツ選手の航空機事故と言えば、思い出すのが99年10月に起きたペイン・スチュアートの飛行機事故。スチュアートは、ニッカボッカスタイルで当時人気の米国プロゴルファー。99年6月の全米オープンで3度目のメジャータイトルを獲得したばかりだったが、チャータした小型ジェット機で事故死した。

ペイン・スチュアートさんは当時42歳。管制塔の呼びかけにチャーター機からの応答がなく、要請を受けた米空軍が緊急出動した。空軍機は小型ジェット機に接近、連絡を図ろうとするも、乗員・乗客は意識失っているようだった。

やがて小型ジェット機は燃料切れで墜落、乗っていた6人が死亡した。この悲劇は世界に伝えられ、ファンに衝撃を与える事件となった。

第2の人生を始めたばかりのコービーさんの死も、突然過ぎて非常に残念。事故の原因はまだはっきりしないが、移動手段で空路を使う事の多いアメリカでは、起こりえる悲劇だったのだろう。

コービー・ブライアントさんを始め、今回の事故で亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク