2020 SBカップ 日本対イングランド




なでしこジャパンの米国遠征、シービリーブス・カップ第2戦は、イングランドとの試合。司令塔・長谷川唯選手は怪我で戦線離脱。日本は前回より、キャプテンの熊谷など6人の選手を入れ替えて試合に臨んだ。

前戦のスペインに散々やられてしまった反省を踏まえ、互いの声掛けを密にするなど守備を引き締めた日本。攻撃では中島や田中も積極的にシュートを放つが、いかんせん単発のミドルばかりでは、なかなか得点に結びつかない。

しかし押され気味だったイングランドも、後半に入り温存していたアタッカーを続々と投入。すると状況は一変、日本は相手の強力なサイド攻撃に苦しみ、善戦していた守りにも綻びが生じ始める。

そして83分、DFラインのボール回しを狙われ、三宅のパスミスから日本はイングランドに先制を許してしまう。苦し紛れで出したボールを奪われるという、スペイン戦で喫したのと同じような、まことにつまらない失点だった。

このあと日本は特に反撃を見せるわけでもなく、試合は0-1で終了。連敗を喫した選手たちには力強さが感じられず、かつて世界を制したあのチームは遙か遠くに、状態だ。もはやなでしこの組織サッカーは、欧米のチームに研究され、通じなくなっているのかもしれない。

次の試合は、11日のアメリカ戦。今のなでしこにはとても敵う相手ではないが、何か一つでも収穫を見つけて帰って欲しい。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク