スポンサーリンク
スポンサーリンク

山本富士子と「五社協定」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本一の美女

1950(昭和25)年に始まった「ミス日本」。第1回大会の優勝者となったのは、「日本一の美女」と謳われた当時19歳の山本富士子さんだった。全国から700人近い応募が集まる中、彼女の美貌と品性は際立っており、満場一致でグランプリに輝いている。

山本富士子さんは31年大阪の生まれ、終戦後京都に移り住んだ。良家の子女として育った彼女は、幼い頃から本格的に日本舞踊を習っている。彼女が「ミス日本」に応募したのは、市役所に勤める父親の友人からの強力な勧めがあったからだ。

「ミス日本」となった翌年には、貿易振興と親善のため使節としてアメリカへ派遣される。そして訪問したシアトルでは堂々と英語で挨拶を行ない、周囲を驚かせたそうだ。彼女はただのお嬢さんではなく、芯の強い女性でもあったのだ。

そんな彼女には映画界からスカウトが殺到、特に松竹と大映が激しい争奪戦を繰広げた。当初女優になる気のなかった山本富士子さんだが、「法外なギャラは要求しないが、3年たって一人前になったら自由契約にして貰いたい」という条件で、53年に大映と専属契約を交わしている

「五社協定」の壁

入社した53年、いきなり大スター長谷川一夫の相手役として映画デビューする。するとたちまち大映の看板女優となり、多くの映画で活躍することになった。そして56年、主役を務めた吉村公三郎監督の『夜の河』では自立する誇り高い女性を演じ、美貌だけではなく演技力も認められるようになる。

「3年たったら自由契約」の話は「年間2本の他社出演を認める」という契約に変わり、大映への専属を続けた山本富士子さん。彼女は演技の幅を拡げるため、他社映画への出演を熱望。ようやく58年に、松竹の小津安二郎監督『彼岸花』への出演を果たすことになる。

翌59年には、豊田四郎監督の指名で東京映画(東宝系)『暗夜行路』に出演。60年にも豊田監督の『墨東綺譚』に呼ばれ、61年には彼女自身の企画による松竹映画『猟銃』(五所平之助監督)へ出演するなど、毎年1本の他社出演を果たす。

63年、またまた豊田監督から招かれた山本富士子に対し、他の映画会社から横ヤリが入る。他社映画に出続ける彼女が、いわゆる「五社協定」に違反していると5社長会議で問題にされたのである。

「五社協定」正しくは「五社長申し合わせ」とは、各社専属の監督・俳優の引き抜きを禁止し、互いに監督・俳優の貸し借りも止めようという、大手5社(松竹、東宝、新東宝、大映、東映)のトップが口頭で結んだ取り決めだった。新しく映画製作を始めた日活が監督や俳優を引き抜こうとしたため、53年にこの協定が出来たのだ。

後に日活が加わり新東宝が倒産するという変遷はあったが、この「五社協定」は後年に台頭するテレビへの対抗と性質を変えて、映画産業が衰退する70年前後まで続くことになる。

女優の反骨精神

それでも山本富士子さんは映画界の思惑とは反対に、毎年他社出演2本の契約が果たされないことに不満を抱いていた。日頃から大映の永田雅一社長に強く約束の履行を迫っており、63年1月の契約更改を控えた事前交渉でも「年に他社2本」の主張を譲らなかった。

それには永田社長も機嫌を損ね、大映は「他社出演を諦めるかフリーになるか、どちらか選べ」と態度を硬化することになる。

その結果、フリーの道を選んだ山本富士子さん、同年2月に帝国ホテルで記者会見を行なう。その記者会見では円満退社を強調しながら「映画に出られなくなっても仕方ありません。自分の立場は自分で守ります」と反骨精神を見せた。それに対し大映側は「他社が彼女を使うかどうかは、良識に任せる」と応じている。

「人権蹂躙だ」との声に、「五社協定? そんなもんは、ありゃせんよ」とうそぶく映画会社の社長たち。だが実際は見えない圧力、厳然たる壁として、掟に逆らう者の前に存在し続けていたのだ。

これ以降、山本富士子さんが映画界に復帰することはなく、豊田監督の『憂愁平野』(63年)が最後の出演作品となってしまった。(65年に新藤兼人監督『悪党』、83年に市川崑監督『細雪』の話があったが、実現しなかった)

時代の遺物

「五社協定」の犠牲になったのは山本さんだけではなく、他にも大勢いた。同じく大映の俳優だった田宮二郎もその一人で、映画ポスター序列への不満から永田社長と衝突。一方的に契約を解除され、「五社協定」を盾に干されてしまう。そのため田宮は、歌手で地方をドサ回りするなどして一時期を凌いでいたそうだ。

しかしさしもの「五社協定」も、日活の石原裕次郎と東宝の三船敏郎による2大スター共演『黒部の太陽』(68年)の製作実現で揺るぎ始め、映画界が不況となった71年には大映が倒産。こうして時代錯誤の「五社協定」は意味をなさなくなり、自然消滅していった。

映画界を追放された山本富士子さんだが、テレビドラマと演劇に活路を求め、女優活動を続けていくことになる。今年で御年88歳、その女優歴も67年となった。

タイトルとURLをコピーしました