《 サッカー人物伝 》 ボビー・チャールトン

スポンサーリンク
「ミスター・イングランド」 ボビー・チャールトン ( イングランド )

マンチェスター・ユナイテッドの主将として、そして代表の大黒柱として、60年代イングランドに栄光をもたらした偉大なプレイヤーが、ボビー・チャールトン( Robert Charltonn )だ。

「キャノン・シュート」と呼ばれる強烈なミドルシュートのイメージが強いボビーだが、一方では高いテクニックと軽やかさも持ち合わせ、よどみなく流れに乗ってゴールに向かう姿は、優雅で美しくさえあった。彼の踊るような動きと才能は、イングランドサッカーの歴史の中でも特筆すべきものだと言われている。

またボビーは、ピッチの内外で模範的な振る舞いを見せる、紳士かつ至高のスポーツマンでもあった。常に零着沈静なプレーを心がけていた彼が、審判から受けた警告は生涯でたった一回。それも、FKの際に後退するのを怠ったという理由だった。

そして「ミスター・イングランド」と呼ばれたその名声は、引退後45年たった今も色褪せることはなく続いている。

マンチェスター・ユナイテッド入団

ボビー・チャールトンは1937年10月11日、炭鉱の町アシントンに生まれる。母方の叔父3人がサッカー選手という血筋に生まれたボビーは、54年に17歳でマンチェスター・ユナイテッドへ入団した。ちなみに、2歳年上の兄ジャッキーもリーズ・ユナイテッドの選手で、のちにWカップで一緒にプレーしている。

このときユナイテッドを率いていたのは、マット・バスビー監督。バスビーは若手選手の発掘・育成に力を入れており、ボビーも彼によって引き上げられ、56年10月にホームのオールド・トラッフォードでトップデビューを果たす。

「ミュンヘンの悲劇」

「バスビー・ベイブス」と呼ばれた子飼いの若手たちは順調に育ち、ボビーもレギュラーに定着。56、57年のリーグ連覇に貢献した。翌58年、マンUはイングランド勢で初めて、チャンピオンズ・カップに参戦。準々決勝の第2レグでは、2月に敵地ユーゴスラビアへ乗り込み、ボビーの2ゴールなどでレッドスター・ベオグラードを撃破した。

意気揚々と帰国の途につくマンUの選手とスタッフ。しかしそこに思わぬ悲劇が待ち受けていた。給油で立ち寄ったミュンヘンの飛行場は大雪、選手たちを乗せたチャーター機が離陸に失敗し、乗員乗客44名が死傷する「ミュンヘンの悲劇」と呼ばれる大事故が起こってしまったのである。

この事故で、将来を嘱望されたダンカン・エドワーズをはじめ8人の選手が死亡、重傷を負った2人が選手生命を奪われてしまった。そしてバスビー監督も一時は生命が危ぶまれるほどの重体となり、長期入院を余儀なくされた。

ユナイテッド再生

奇跡的に軽傷ですみ一命を取り留めたボビーだが、この飛行機事故で多くの仲間を失い、一時はボールを蹴れなくなるほどの精神的ダメージを負ってしまう。この事故の2ヶ月後にイングランド代表に選ばれ、スウェーデンWカップのメンバーにも選ばれるが、プレーに精彩を欠き出番はなかった。

だが翌年、重傷を負ったバスビー監督がチームに復帰。20歳のボビーを主将に据え、壊滅状態となったチームの再建に着手する。そしてプレーへの意欲を取り戻したボビーは、「亡くなった仲間のためにも、必ずチャンピオンズ・カップで優勝してみせる」と心に誓い、事故後の58ー59シーズンは38試合に出場し、28ゴールを挙げるという頼もしさを見せた。

後にバスビー監督が「絶望に打ちひしがれていた我々に、ボビー・チャールトンの存在は大きな励ましとなった」と語っているように、彼はチーム復興の基盤だったのだ。62年にはデニス・ロー、63年にはジョージ・ベストが加わり、次第にその陣容を整えていったマンU。バスビー監督はボビーをFWからMFに下げ、点取り屋から攻撃のキーマンへと役割を変える。

ワールドカップ優勝の立役者

62年、ボビーはイングランド代表の主力として、Wカップ・チリ大会に出場した。そして1次リーグの第2戦で「キャノン・シュート」を炸裂、難敵アルゼンチンを3-1と粉砕する。準々決勝で優勝したブラジルには敗れてしまったが、4年後の自国開催に繋がる戦いを見せた。

62-63シーズン、マンUは15年ぶりにFAカップで優勝。64-65シーズンには「ミュンヘンの悲劇」以降初となるリーグ制覇を成し遂げ、チームは完全復活を果たした。ボビーは安定したプレーでローやベストと連携し、中盤から多くのチャンスを生み出していったのである。

66年、Wカップ・イングランド大会が開幕。29歳となったボビーは、代表の大黒柱として全6試合に出場。準決勝のポルトガル戦では得意の「キャノン・シュート」で2得点を挙げるなどの活躍を見せ、サッカーの母国に初の栄冠をもたらした。この年、ボビーはバロンドールに輝くことになる。

悲願のチャンピオンズ・カップ優勝

そしてその2年後、ついに積年の悲願を果たす機会がやってきた。68年のチャンピオンズ・カップ、準決勝で強敵レアル・マドリードを激戦の末退けたマンUは、5月29日に聖地ウェンブリー・スタジアムでベンフィカとの決勝戦を迎えることになる。

マンUはベンフィカの厳しいマークに苦戦。だが53分、サドラーの上げたクロスにボビーが反応、先制ゴールを決めた。しかしその後ベンフィカの猛反撃受けるマンU、試合終了まであと9分というところで同点とされてしまった。さらに攻撃を仕掛けるベンフィカ、終了間際にエウゼビオが強烈なシュート。だがこれは、GKステップニーの好セーブでどうにか防いだ。

押され気味だったマンUだが、延長に入り体勢を立て直す。延長の2分、ベストが得意のドリブルから勝ち越し点を挙げると、その直後にもブライアン・キッドがヘッドで追加点を決めた。そして最後にボビーが駄目押し点、ベンフィカを延長で4-1と下した。「ミュンヘンの悲劇」から10年目の、チャンピオンズ・カップ初制覇だった。

試合終了後、ボビーは人目もはばからず涙を流したという。そして感動と疲労で精根尽き果てた彼は、夕方開かれた祝賀パーティーに欠席している。

ボビーは70年のWカップ・メキシコ大会にも出場、4試合全部に先発した。73年にはマンUを離れ、75年に38歳で現役を引退する。そして彼のサッカー界における長年の功績により、94年にナイトの称号を授けられ、“サー・ボビー・チャールトン”となった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク