スポンサーリンク
スポンサーリンク

《 サッカー人物伝 》 奥寺康彦

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「日本人プロ第一号」奥寺康彦(日本)

1968年のメキシコ・オリンピックで日本が銅メダルを獲得すると、その立役者となった釜本邦茂や杉山隆一には海外からのオファーが殺到したという。しかし当時日本にサッカーブームが起こった中で、スター選手が海外リーグへ流出してしまうなど許される時代ではなかった。

それから約10年がたち、日本サッカー界は「冬の時代」と言われる長い低迷期を迎えていた。そんな閉塞の時代に欧州へ渡り、当時世界最高峰と言われたブンデスリーガで一線級の活躍を見せたのが、「日本人プロ第一号」選手となった奥寺康彦である。

奥寺はブンデスリーガに在籍した9シーズンで234試合に出場、26ゴールを記録した。精度の高いパスとシュートや、戦術に即した正確なプレーで「東洋のコンピューター」と呼ばれ、猛者の揃う西ドイツでもその存在感を見せた。

そして一つのクラブで2つしかない外国人枠の厳しい競争を生き抜き、34歳までレギュラーとして活躍し続けたのである。

日本代表 次代のエース

奥寺は1952年3月12日、秋田県鹿角市に生まれた。小学生の時に神奈川県横浜市へ引っ越し、中学に入った12歳で本格的にサッカーを始める。そして70年に県内の高校を卒業すると、中学時代のコーチのつてで古河電気工業サッカー部へ入部することになった。

奥寺のスピードに乗った突破と強力な左足シュートは期待を集め、ユース代表チームで活躍。そのあと古河電工が留学生制度を導入したことにより、76年にブラジルの名門パルメイラスの練習に2ヶ月間参加。ここで本場のサッカーに触れることになる。

短期間ではあったが、奥寺はこのブラジル留学で急成長。日本へ戻ると、古河電工の主力として初の日本リーグ制覇と、12年ぶりとなる天皇杯優勝の2冠達成に貢献した。そして日本代表でもムルデカ国際トーナメント大会のメンバーに選ばれ、7ゴールを決める働きで得点王を獲得、チームを準優勝へ導いた。

しかし翌77年のWカップ予選では、イスラエルと韓国を相手に1分け3敗の成績で敗退。長年エースの座に君臨した33歳の釜本邦茂も代表からの引退を表明し、若手の底上げが日本の課題となっていた。

バイスバイラーとの出会い

代表の二宮寛 監督は、20人の若手を引き連れ欧州遠征を敢行。彼らをグループ分けし、それぞれ別々のクラブで練習させた。そして特に期待されるメンバーは、名将ヘネス・バイスバイラー指揮する、ブンデスリーガ・1.FC(エルステー・エフツェー)ケルンのプレシーズンキャンプへ送り込まれることになった。

バイスバイラーは、それまで地方の無名チームに過ぎなかったボルシアMGを、優勝争いの常連に押し上げた欧州屈指の名監督。また、ネッツァー、ハインケス、ボンホフ、シモンセン、フォクツなど、選手を育てる手腕も超一級だった。

バイスバイラーと二宮は以前より昵懇の中。二宮の日本を強くしたいという思いに、バイスバイラーも「いつでも協力を惜しまない」と応えてくれたのだ。

1FCケルンのキャンプに参加したのは、奥寺と西野 朗・金田喜稔ら5人の有望選手。そしてある日奥寺だけが、トップチームの紅白戦で左ウィングのポジションに入ることになった。実は奥寺のケルン入団テストとして行われた紅白戦だったのだが、それを知らない奥寺は伸び伸びとプレー、周りのレベルに劣らない高い能力を見せた。

日本へ帰国する直前、バイスバイラー監督に呼ばれた奥寺。「正式にケルンの戦力として、欲しい」と、監督から直々のオファーを受ける。頭が真っ白になった奥寺は答えを保留、帰国後に古河の監督、コーチ、チームメイト、協会関係者、家族と相談を重ねる。

周囲は前向きな意見が多かったが、未知の世界に飛び込む不安から奥寺は悩みに悩み、結局二宮を通してバイスバイラーに断りの電話を入れる。するとバイスバイラーは「どうしてだ?」と声を張り上げ、奥寺を説得にかかった。

「こんないいチャンスはないじゃないか。お前は絶対に通用する、俺の目に狂いはない」とバイスバイラーの強い言葉に、心を動かされる奥寺。こうして彼はついに、西ドイツ行きを決断したのだった。

ドイツでの活躍

奥寺は77年10月22日のデュイスブルグ戦で先発デビュー。12月3日のザンクトパウリ戦では、専門誌「キッカー」のベスト11に選出される活躍を見せた。そして12月20日のドイツカップ準々決勝では、シュバルツバイス・エッセンを相手に2ゴールを記録、着実にレギュラーの座を固めていく。

待望のリーグ戦初ゴールは、翌78年4月8日のカイザースラウテルン戦。右からのCKをニアで頭で合わせ、陽気なチームメイトの祝福を受けた。そして奥寺は、リーグ戦残り3試合で4ゴールを挙げる活躍。特に最終戦のザンクトパウリ戦で見せたダイビングヘッドは、「最高のヘディングゴール」と賞賛された。

ケルンは強敵ボルシアMGを振り切って、14シーズンぶりのリーグ制覇を果たす。さらにドイツカップも優勝、奥寺はケルンの2冠獲得に貢献したメンバーとして最初のシーズンを飾った。

そして翌78-79シーズン、ケルンはUEFAチャンピオンズ・カップに出場、チームは順調に勝ち進んだ。そして準決勝ではイングランドのノッティンガム・フォレストと対戦。第1レグの試合でリードされてしまったケルンだが、途中出場の奥寺が起死回生の同点弾を決め、引き分けに持ち込む。結局第2レグの結果でケルンは敗退してしまうが、奥寺はこの大舞台でも臆さずプレーする。

ケルン入団の3年目、バイスバイラーが北米サッカーリーグのニューヨーク・コスモスに引き抜かれると、クラブは外国籍の選手を2人獲得して奥寺の出番は激減した。すると奥寺は自分に興味を示してきた、2部リーグのヘルタ・ベルリンと直接交渉、シーズン途中のレンタル移籍を決めた。

1部昇格を目指すヘルタは、リーグ戦の終盤で昇格争いのライバル、ヴェルダー・ブレーメンと対戦。試合は1-2でヘルタが敗れてしまうが、この1点を挙げたのは奥寺だった。結局ヘルタは1部昇格を逃すことになるが、対戦したブレーメンのオットー・レーハーゲル監督から奥寺はその能力を評価されることになる。

ブンデス最後のシーズン

翌81-82シーズン、奥寺はレーハーゲル監督に請われ、1部昇格を果たしたブレーメンへ移籍する。ブレーメンでも左ウィングを務める奥寺だったが、周囲と呼吸が合わず、監督の考えでハーフの位置(ボランチ)に下がることになった。

このポジション変更は的中し、守備への意識と戦術理解力の高い奥寺のプレーが、チームのスタイルに嵌まっていった。ついにはウィングバック(サイドバック)の位置まで下がり、攻守にわたり獅子奮迅の働きを見せるようになった奥寺に、レーハーゲル監督は「オクが1人いれば、3人分くらいの働きをしてくれる」と絶賛の言葉を贈った。

昇格以来の4シーズン、ブンデスリーガで常に好成績を残していたブレーメン、サポーターの優勝への期待は高まっていた。30代半ばに差し掛かった奥寺は、チームからの慰留を断り85-86シーズンでの退団を決意、リーグ優勝を置き土産にしての帰国を望んだ。その願い通りチームは開幕から勝ち点を重ね、リーグ戦終盤まで首位をキープする。

そして残り2試合、ブレーメンは2差で追う2位のバイエルン・ミュンヘンとホームで対戦する。勝てば優勝のブレーメンだったが、両チーム無得点のまま90分が過ぎようとしていた。だが終了の2分前、ブレーメンがPKを獲得、サポーターの誰もが優勝が決まったと確信した。

しかし、それまでPKを外したことのなかったクツォップスが失敗、試合は引き分けとなり、ブレーメンの優勝は最終戦に持ち込まれた。それでも最終戦で引き分ければ優勝という有利な状況だったが、ブレーメンはクリンスマン擁するシュツットガルトに1-2の敗戦。奥寺の9シーズンに渡るドイツでのプロ生活は、ほろ苦い結果に終わった。

海外挑戦の先駆け

86年に日本へ帰国した奥寺は、古巣の古河電工に復帰。日産の木村和司とともに、国内初のスペシャル・ライセンス・プレイヤー(プロ契約選手)となった。87年には代表にも返り咲き、ソウル五輪のアジア最終予選を戦う。88年に現役を引退。ジェフ市原の監督を経て、現在は横浜FCの会長を務めている。

奥寺がケルンでプロ契約を結んだ5年後の82年には、尾崎加寿夫がブンデスリーガに挑戦、84年にも風間八宏がブンデスリーガを目指して西ドイツに渡っている。そして86年には三浦知良がブラジルのサントスFCとプロ契約、奥寺は海外で活躍する日本人選手の先駆けとなったのだ。

タイトルとURLをコピーしました