仏俳優、ミッシェル・ピコリさん死去




18日の報道で、フランス往年の名優ミッシェル・ピコリさんが、5月12日に脳卒中で亡くなっていたことが伝えられた。享年94歳。元妻は歌手のジュリエッタ・グレコ。独特な見た目で人間くさい男を演じ、その個性が長らくフランスの映画界で重宝された俳優だった。

ピコリさんは1925年12月27日、パリ生まれ。父親はヴァイオリスト、母親はピアニストで女優という芸術一家に育った。ピコリさん自身も早くから演劇を志し、高校時代にはもう自分で劇団を組織していたそうだ。第二次大戦後はパリの大学で演劇を専攻、演技を学ぶ。その後テアトロ・バビロンに所属して舞台に立つと、48年には『夜明け』で映画デビューを飾った。

そして63年、ジャン・リュック・ゴダール監督の『軽蔑』に出演。ディーン・マーティンを気取って帽子を被ったまま風呂に入り、女優の妻(ブリジット・バルドー)に軽蔑される脚本家の夫を演じて注目されている。


生涯で150本以上の映画に出演し、ジャン・ルノワール、ルネ・クレール、ジャン=ピエール・メルビル、ルネ・クレマン、アラン・レネ、ジャック・ドゥミ、クロード・シャブロル、ルイ・マルら、フランス映画界の名監督たちと数多くの仕事をしている。

前衛リアリズム映画の巨匠で無神論者、ルイス・ブニュエル監督との関わりも深く、『昼顔』『ブルジョワジーの密かな愉しみ』など6作品に出演した。80年にはマルコ・ベロッキオ監督の『虚空への跳躍』でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞、82年の『Une étrange affaire(奇妙な事件)』でもベルリン国際映画祭男優賞を受賞している。

最近では11年の『ローマ法王の休日』で、コンクラーベで選ばれた新法王役で主演を果たした。生前は反体制の言辞が多く、ジャーナリスト相手に堂々とした論陣を張る雄弁家でもあったようだ。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク