スポンサーリンク
スポンサーリンク

《 サッカー人物伝 》 ジャンニ・リベラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「伝説のファンタジスタ」ジャンニ・リベラ(イタリア)

華奢な体格ながら、群を抜くテクニックとインスピレーションを持ち、華麗に相手をかわして繊細かつ鋭いパスでチャンスを演出。また高いシュート技術でいくつも得点を決め、60年代から70年代にかけてイタリアの“伝説のファンタジスタ” となったのが、ジャンニ・リベラ( Giovanni Rivera )だ。

15歳でセリエAデビューを果たすと、17歳で名門ACミランの10番を背負った早熟の天才児。そして62年に19歳でミランを欧州チャンピオンズ・カップ優勝に導き、「バンビーノ・デ・オロ(ゴールデン・ボーイ)」の名を欲しいままにした。

長年ミランの頭脳として君臨、幾多ものタイトルをチームや個人にもたらしたリベラ。だがその繊細なスタイルと、サンドロ・マッツォーラという強力なライバルの存在により、イタリア代表では今ひとつ目立った活躍を残すことが出来なかった。

ミランの「バンビーノ・デ・オロ」

リベラは1943年8月18日、イタリア北部ピエモンテ地方の小さな都市、アレッサンドリアのバッレ・サン・バルトロメオ地区で生を受けた。少年時代は草サッカーで天性のセンスを活かしたスタイルを磨き、10歳で地元クラブのアレッサンドリアと契約。59年には歴代2位の年少記録となる、15歳と288日でセリエAデビューを果たしている。

翌シーズンの開幕戦、アレッサンドリアは前年チャンピオンのACミランをホームに迎え、リベラもゲームのピッチに立った。この時、リベラのプレーがミラン首脳陣の注意を引き、名門クラブ移籍への道が開かれたのである。

60年9月、リベラは10番のユニフォームを身につけ、ミランでのデビュー戦を飾った。そして翌61-62シーズンは、エースのアルタフィーニ(22ゴールで得点王)をサポートしながら自らも10得点、主力の一人としてスクデット獲得に貢献した。

そしてミランは62年のチャンピオンズ・カップに出場。トーナメントを順調に勝ち進み、ウェンブリー・スタジアムで行われた決勝戦で大会2連覇中の王者ベンフィカと対戦する。開始18分、エウゼビオのゴールでベンフィカが先制。だが後半の58分、リベラのショートパスが跳ね返ったところを、アルタフィーニが素早く拾って同点弾を決めた。

その8分後、ベンフィカ守備陣の乱れを突いて、リベラが駆け込むアフタフィーニにスルーパス。シュートは一旦GKに跳ね返されたものの、リバウンドをアルタフィーニが確実に押し込み、決勝点となった。こうしてミランは、チャンピオンズ・カップの初優勝を遂げることになった。

この活躍により、19歳のリベラはバロンドール投票でレフ・ヤシンに続く2位の票を集め、「バンビーノ・デ・オロ」の名を広く知らしめることになったのである。

ワールドカップの屈辱

イタリア代表としては、62年5月13日のベルギー戦でデビュー。半月後に開催されたWカップ・チリ大会のメンバーにも選ばれるが、イタリアは1次リーグで敗退、リベラも1試合に出場しただけだった。

高いテクニックを駆使し、センスと創造性にあふれる「ファンタジスタ」としてミラニスタたちを魅了したリベラ。だがその細身と繊細なプレースタイルから、激しいタックルを見舞ったり、乱戦の中に飛び込んだりするタイプの選手ではなかった。

そのため「走らない」「守備をしない」「汗をかかない」などのそしりを受けることもあったが、ミランのネレオ・ロッコ監督は「フィジカルの強い選手はいくらでもいるが、リベラの代わりはいない」と評価し、「意味なくボールを回すより、とにかくリベラに渡せ」とまで言わせた。

66年、リベラはWカップ・イングランド大会に出場。イタリアは1次リーグの2戦で1勝1敗、勝ち星の計算できる第3節・北朝鮮戦で、トーナメント進出を決めるはずだった。しかし驚異的な運動量を誇る未知の相手に大苦戦、42分には当たりの弱いリベラがボールを奪われ、北朝鮮の先制を許してしまう。

こうして予想外の黒星を喫したイタリアは1次リーグ敗退となり、母国の空港に戻ったアズーリには、怒ったファンから腐ったトマトが投げつけられるという事件も起きる。

ライバル、マッツォーラ

こうして無念の帰国となったリベラだが、インテルで同ポジションを務める1歳上のライバル、マッツォーラとの併用が難しいということも明らかとなってしまった。

68年には自国開催の欧州選手権に出場。リベラは準決勝のソ連戦で負傷退場し、ユーゴスラビアとの決勝は欠場となってしまった。

結局イタリアは優勝を果たすことになるが、リベラの不在をマッツォーラが安定したゲームメイクで埋め、インテルのライバルがポジション争いで優位に立つことになる。

69年、ミランはチャンピオンズ・カップで2度目の優勝、ロッソ・ネロのキャプテンとなっていたリベラはその活躍が認められ、同年のバロンドール賞に選ばれた。

そんな全盛期にあったリベラだが、イタリア代表監督バルカゲリのファーストチョイスはマッツォーラだった。

西ドイツ戦の激闘と失意の決勝戦

70年のWカップ・メキシコ大会が開幕。二人の優秀なゲーム・メイカーのほか、ルイジ・リーバ、ボニンセーニャ、ファケッティゾフといった強力なタレントを揃えたイタリアは順調に勝ち進み、準決勝でベッケンバウアー擁する前回準優勝国の西ドイツと対戦した。

開始早々ボニンセーニャのゴールでイタリアが先制。カテナチオを誇るイタリアの守備は堅く、試合はこのまま後半のロスタイムに入った。しかし終了直前にシュネリンガーの同点ゴールが生まれ、延長に入った94分にはゲルト・ミュラーに勝ち越し点を決められる。

だがその4分後にはイタリアが同点とし、延長前半の終了直前にはリーバが勝ち越し弾。イタリアに流れが傾いたかと思えたが、延長後半の110分にミュラーが3-3となる同点弾を決め、試合の行方は分からなくなってしまった。

歴史に残る大激戦となったこの戦いに決着を付けたのは、後半46分からマッツォーラに替わり投入されたリベラだった。試合が振り出しに戻った直後のリスタート、ボニンセーニャが早い動き出しから左サイドを突破し、クロスを上げる。そこへ走り込んだリベラが、ゴールの中央へ決勝弾を叩き込んだ。

こうして決勝に進出したイタリアだが、ペレ擁するブラジルとの試合でリベラはベンチスタート。ブラジルに1-3とリードされ、ほぼ勝負が決まってしまった84分、ようやくリベラは決勝の舞台に登場した。その2分後、カルロス・アウベウトによる強烈なダメ押し弾が生まれ、イタリアのファンタジスタは失意のうちに大会を終えることになってしまった。

政治家リベラ

リベラとマッツォーラは、74年Wカップ・西ドイツ大会にも出場。二人は2試合で同時にピッチへ立ったが、イタリアは1次リーグで敗退、リベラはこの大会を最後に代表から退いた。

ACミランでは79年までプレー、チームのリーグ優勝を見届けると、36歳で現役を引退した。引退後はミランの副会長に就任するが、賭博スキャンダルやチームの弱体化によりクラブは経営不振に苦しむ。86年、ベルルスコーニがミランを買収、それに伴いリベラもクラブを後にした。

87年、国政選挙に立候補。4期連続当選を果たし、91年には国防省政務次官も務めた。しかし94年にベルルスコーニの「フォルツァ・イタリア」が政権を握ると、政界からも退いている。その後はテレビの人気コメンテーターを、長く務めた。

タイトルとURLをコピーしました