スポンサーリンク
スポンサーリンク

《 サッカー人物伝 》 マティアス・シンデラー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ヴンダーチームの悲劇」マティアス・シンデラー(オーストリア)

1930年代初めヨーロッパ最強を誇り、「ヴンダーチーム(驚異のチーム)」の名で列強を震撼させたオーストリア代表チーム。その攻撃の中心を担い、優雅で繊細なプレーで「モーツァルト」と呼ばれ今なおオーストリアの生んだ最高のフォワードとされる選手が、マティアス・シンデラー( Matthias Sindeler )だ。

エレガントなプレースタイルで観客を魅了し、細身の身体でDFの間をスルリと抜けていく様子から「デル・パピアン(紙の男)」のニックネームで呼ばれる。また卓越した戦術眼を持ち、強力なシュートと高いテクニックで得点を重ねていったセンターフォワードである。

34年のワールドカップ・イタリア大会には優勝候補として出場したが、ファシスト政権で優勝を史上命令とされた地元イタリアの前に敗れ去る。その4年後の大会に雪辱を期すが、「ヴンダーチーム」とシンデラーには悲劇的な結末が待ち受けていた。

ビエナーASのデル・パピアン

シンデラーは1903年2月10日、モラビア(現在のチェコ)にあるコスロフ村で生まれた。父はユダヤ系労働者の石工で、家族が増えて(妹3人が誕生)生活の苦しくなった一家はハプスブルグ帝国の首都、ウィーンの工業地帯に移り住んだ。

その後第1次世界大戦の敗北でハプスブルク帝国は崩壊、戦勝国によって民族ごとにバラバラに領土が切り刻まれ、共和国オーストリアが生まれる。

第1次世界大戦中の17年に父親が死亡、シンデラーは14歳にして一家の主となる。18年、機械工の見習いとして働きながら、ヘルタ・ウィーンのユースチームに入団。そしてその実力が認められ、24年にはユダヤ系中産階級の強豪チーム、ビエナーASへ移籍した。

ビエナーASは、24-25、25-26シーズンとオーストリア・カップを連覇。プロ化を果たし、ビエナーがFKアウストリア・ウィーンとなった26年にはオーストリア・ブンデスリーグでも優勝、シンデラーはその中心を担う選手となった。

この頃、右足半月板を損傷する事故に遭うが、名医の手術を受け無事ピッチへ復帰。もともと細身の体でコンタクトプレーが得意ではなかったが、事故以来さらに相手との接触を避けるようになり、スルリとDFの間を抜けていく様から「紙の男」というニックネームが付けられた。

26年にはオーストリア代表に選ばれ、9月28日のチェコスロバキア戦でデビューを果たす。そのすぐ後のスイス戦ではさっそく2得点を挙げ、代表でもエース的存在となっていった。そのオーストリア代表を率いていたのは、第一次大戦前から監督を務めるフーゴ・マイスル。のちに「オーストリアサッカーの父」と呼ばれるようになる名将である。

名将ウーゴ・マイスル

彼は12年のストックホルム五輪では主審として笛を吹いた経験を持ち、オーストリアのプロリーグ創設にも尽力。イタリア代表のヴィットリオ・ポッツオ監督やアーセナルのハーバート・チャップマン監督といった各国の名将とも親交が深く、オーストリアサッカーのレベル向上に努めた。

そしてマイスル監督は革新的な戦術を求め、以前から交流のあった英国のジミー・ホーガンをコーチとして招聘。即興を好む芸術家肌のオーストリアサッカーと、スコットランドの巧みなボール回しを融合させたショートパス戦術「ダニュービアン・スタイル」を構築する。

しかし29年に行われた南ドイツ選抜との試合で、オーストリアは0-5と惨敗。これに激怒したマイスル監督は、敗戦の責任が2トップのシンデラーとグシュバイデルにあると考え、二人を代表から外した。

そのあとマイスル監督は多くの選手を呼び、試行錯誤するも戦術は機能せず、代表は得点不足に陥り低迷を続けた。そんなとき、国民やマスコミからはシンデラー待望論が沸き上がる。

さすがのマイスルも世論に抗しきれず、シンデラーとグシュバイデルを2年ぶりに呼び戻すことを決断。さらに鋭いシュートを放つ新鋭シャルも前線に加えた。

ヴンダーチームの誕生

31年5月16日、オーストリアは当時ヨーロッパの強豪だったスコットランドとホームで試合を行った。シンデラーとグシュバイドルの2トップは、絶妙のコンビネーションを発揮。代表デビューとなった若い両ウィング、チェシクとフォーゲルも躍動を見せ、スコットランドの守りを突き破った。

シンデラーは点を獲るだけではなく、囮となる〈 偽9番 〉としても機能、これが「ヴンダーチーム」の強力な攻撃力を生んだ。

ブルームとシュラムサイスが固める後方の守備も万全で、試合の結果は5-0の快勝。ここから新生オーストリアの快進撃が始まる。

その後ドイツに対し6-0、5-0と圧倒的な強さで連勝。オーストリアの華麗な攻撃は「まるでウィーン・ワルツのよう」と観客を熱狂させ、この頃から「ヴンダーチーム」と呼ばれるようになった。

そしてアルゼンチン生まれのスターを揃えるイタリアには、シンドラーの2得点で2-1と勝利。当時ヨーロッパ最強と言われたハンガリーとの戦いでは、シンデラーが「人生最高のプレー」を披露。厳しいマークをかいくぐり、ハットトリックで強豪を8-2と粉砕した。

また、敵地での対戦となったイングランド戦では3-4と惜しくも負けてしまったが、いまだかつてホームで負けたことのない “サッカーの母国” を、あと一歩というところまで追い詰めた。こうして「ヴンダーチーム」は、31年5月から34年6月までの3年間で30試合21勝6分け3敗という、圧倒的な成績で黄金期を築く。

不発に終わったワールドカップ

34年5月、オーストリアは第2回Wカップ・イタリア大会に参加する。優勝候補に挙げられていた「ヴンダーチーム」だが、大会直前に怪我人が続出、チームも高齢化し苦戦が続いた。それでもフランス、ハンガリーを接戦で下し、どうにか準決勝へ勝ち上がる。

準決勝は、ファシスト党のムッソリーニ首相によって優勝を厳命された地元イタリアとの戦い。試合当日の激しい雨でぬかるんだピッチは、細かいパス繋ぎを身上とするオーストリアには不利な状況となる。しかも主審のジャッジは明らかにイタリア寄りだった。

試合開始から、闘志むき出しで相手に襲いかかるイタリア。開始18分、GKブラッツァーが弾いたボールを、ジュゼッペ・メアッツァが現れ強烈なシュート。ブラッツァーはこれも辛うじて弾き出すがメアッツァとともに転倒、そこへグアイータがすかさずゴールを決めた。

オーストリアはファールがあったとして主審に抗議をするが認められず、イタリアに先制されてしまった。シンデラーはモンティの厳しいマークに押さえられ不発、オーストリアはイタリアにペースを握られてしまった。

それでも試合終了直前、ツィシェクがイタリアDFを切り裂きシュート、満員の観客を凍り付かせる。しかしそのシュートは枠を外れ、試合は0-1で終了、オーストリアはイタリアの執念の前に敗れてしまう。このあと3位決定戦が行われるが、モンティのタックルで負傷したシンデラーは欠場、オーストリアはドイツに敗れ4位に終わった。

シンデラーの最期

FKアウストリアは、33年と36年のミトローパ・カップ(チャンピオンズ・カップの前身)に優勝。シンデラーは大会得点王を獲得するなど、30歳を過ぎてもチームの大黒柱として活躍した。ヨーロッパを代表するスターであり、その人気で商品広告の副収入も多かったシンデラーだが、控えめな性格で贅沢を嫌い質素な生活を送ったようだ。

38年、予選を勝ち抜いたオーストリアはWカップ・フランス大会への出場を決める。だが大会開幕の3ヶ月前、ヒトラー率いるナチス・ドイツが、オーストリアを併合、「ヴンダーチーム」は一瞬にして消え去ってしまった。シンデラーはそのときまで代表戦43試合に出場、27得点を記録している。

「統一ドイツ」チームへの参加を要請されたシンデラーだが、怪我や年齢を理由に彼はこれを断り続ける。しかし4月に行われた “大ドイツ帝国統一(ゲルマン民族国家統合)”  を祝うエキシビション・ゲームには、「旧オーストリア」チームのキャプテンとして参加、「統一ドイツ」チームと対戦した。

シンデラーは、ナチス側の「統一ドイツチームを勝たせるように」の指示を無視し、2-0の勝利を挙げる。しかも後半には自ら得点を決め、ナチ党幹部が観戦するVIP席の前で歓びを爆発させたと伝えられている。

ユダヤ人が運営するFKアウストリアはナチスによって活動を停止させられ、プロリーグも禁止、38年12月のヘルタBCS戦がシンデラー最後の試合となった。

翌39年1月23日、シンデラーと恋人のカミーラが自室で死んでいるのが発見される。検死の結果、一酸化中毒による事故死と発表されたが、自殺説やナチによる謀殺説も噂された。享年35歳だった。

タイトルとURLをコピーしました