2020-07

スポンサーリンク
サッカー人

《サッカー人物伝》フランツ・ベッケンバウアー(後編)

12年の代表歴でAマッチ103試合に出場、14得点を記録し50試合で主将を務めた。3回出場したWカップでは中心選手として優勝、準優勝、3位を経験。2回出場した欧州選手権では優勝と準優勝に貢献し、西ドイツ代表監督としてWカップ優勝も果たした。
サッカー人

《サッカー人物伝》フランツ・ベッケンバウアー(前編)

DFながら、好機と見るや攻撃に参加。卓越した戦術眼とエレガントなプレーで、リベロのポジションに革命的なスタイルを確立した。B・ミュンヘン、そして西ドイツ代表の「カイザー(皇帝)」としてチームに君臨し、あらゆる栄冠を手にしたサッカー界の巨星。
外国映画

マルセル・カルネ監督「天井桟敷の人々」

フランス映画界の巨匠マルセル・カルネ監督がドイツ軍占領下の圧迫に耐え、3年3ヶ月という撮影日数を費やして完成した執念の作品。19世紀のパリを舞台にした大河劇であり、贅を尽くした衣装や大がかりなセット、そして美女を取り巻く絢爛たる愛憎絵巻・・
映画の話・人物

女優オリビア・デ・ハビランドさん、104歳で死去

米映画『風と共に去りぬ』のメラニー役などで知られるハリウッド女優、オリビア・デ・ハビランドさんが、7月26日にパリの自宅で亡くなった。死因は自然死、(老衰)享年104歳だった。今年の2月に103歳で亡くなったカーク・ダグラスさんとともに・・
テレビ番組

日曜劇場「半沢直樹」第2話

大手IT企業・電脳雑伎集団から持ちかけられた買収アドバイザーの依頼を、親会社の東京中央銀行に横取りされた東京セントラル証券の半沢たち。親会社の汚いやり方に逆襲を誓い、半沢の部下・森山(賀来賢人)が電脳の買収相手であるスパイラル社・瀬名・・・
イタリア

《 サッカー人物伝 》 パオロ・ロッシ

華奢な体つきながら、俊敏な動きと類いまれな得点感覚でゴールを陥れた。八百長事件に巻き込まれ雌伏の時を過ごすが、82年のWカップ直前に代表へ復帰。得点不足に陥っていたチームの救世主となり、イタリアを44年ぶりの優勝に導いて「神の子」と呼ばれた。
アルゼンチン

《 サッカー人物伝 》 マリオ・ケンペス

相手のタックルを恐れず突き進む果敢なプレーと、冷静に相手を仕留める正確なシュート技術で「エル・マタドール(闘牛士)」の異名を持つ。研ぎ澄まされた嗅覚やスピード感あふれるドリブル突破でゴールを量産し、スペインリーグの2年連続得点王に輝いている。
テレビ番組

「芸人先生シーズン3」尼神インター

今週の『芸人先生シーズン3』は、女性漫才コンビ・尼神インターの誠子と渚によるビジネス基礎講座。前回に引き続き大手肌着メーカー “グンゼ” 社員5人を生徒に、【半分だけ好きよ♡】のテーマでリモート講習を行う。捨て身のリアクションで笑いを・・・
映画の話・人物

アイルランドと西部を愛した巨匠、ジョン・フォード

市井に生きる人々を情緒あふれるタッチで描き出し、「詩情豊かな映像の詩人」と呼ばれた映画界の巨匠。また雄大な風景をバックにした西部の物語とアクションを生み出した「西部劇の神様」でもある。ジョン・ウェインとの名コンビで数々の傑作を世に送り出した。
テレビ番組

日曜劇場「半沢直樹」第1話

「施されたら・・・施し返す。恩返しです!」 大和田取締役を演じる香川照之の度肝を抜く顔芸とギャグに、思わず笑ってしまった『半沢直樹』セカンドシリーズの第1話。そしてそのファーストシーンも、伊佐山部長を演じる市川猿之助の、まるで歌舞伎を・・・
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました