日曜劇場「半沢直樹」第1話

スポンサーリンク

「施されたら・・・施し返す。恩返しです!」 大和田取締役を演じる香川照之の度肝を抜く顔芸とギャグに、思わず笑ってしまった『半沢直樹』セカンドシリーズの第1話。そしてそのファーストシーンも、伊佐山部長を演じる市川猿之助の、まるで歌舞伎を観ているようなクサイ芝居からのドアップで開始。

歌舞伎・忠臣蔵における高師直みたいな憎々しさで、悪役を楽しそうに演じる市川猿之助さん。その邪険な表情は勧善懲悪のヒールそのまま、いまや絶滅寸前にあるオールスター時代劇を彷彿とさせるような引き立て役ぶりが見事。

いやこれはもう引き立て役というより、バットマンさえ脇役に追いやってしまう “ジョーカー” のようなダークサイド・ヒーローか。T・バートン版でいうジャック・ニコルソン、K・ノーラン版でいうヒース・レジャー級の存在感だ。

なんだか『半沢直樹 シーズン2』は、市川猿之助さんのターンになりそうな予感。でも暑苦しいのは猿之助さんだけではありません。全員です、全員。みんな力んでます、力みまくって目玉をひん剥いてます。まあさすがに上戸彩演じる花ちゃんだけは普通にやってますけど。


前シーズンのラストで、子会社・セントラル証券への出向を命じられてしまった半沢直樹。しかも大和田常務の不正を暴いたことから恨みを買い、東京中央銀行の伊佐山部長からさらなる “半沢潰し” を仕掛けられる。

IT業界による大型買収案件の話が舞い込んだセントラル証券。だがある日突然、その話を持ち込んだ「電脳雑伎集団」から一方的にアドバイザー契約を打ち切られてしまう。その事情の裏には、東京中央銀行幹部の黒い思惑が絡んでいた。ていうのが今回の話。

伊佐山部長の企みを理解するのが少し面倒くさいけど、半沢が窮地に追い込まれたとなんとなく分かればそれで充分。敵を追い詰めたかと思うとスルリと逃げられ、最後に「やられたらやり返す。倍返しだ!!」の決めゼリフを発動。

でもこれでは、いつまでも復讐の連鎖と怨嗟の応酬は止まらない。それでいいのか半沢直樹!

相変わらず大仰で音楽も鳴りっぱなしのドラマだが、そこまで過剰演出とも感じず、キャスティングも工夫されていて結構楽しめた。それと賀来賢人演じるプロパー社員・森山と、半沢部長が居酒屋で話をする場面、まるでモブシーンみたいな密状態の画面に迫力があった。

まあ撮影中断前に撮ったシーンなんだろうけど、それにしても普通のドラマならこんなにエキストラを使わないよね。TBSの力の入れようがよく分かるシーンだった。安さと重厚さの同居。これが池井戸原作シリーズドラマの魅力なんだろうね。

このまま純粋なエンタメドラマに徹して、前シリーズみたいに今田耕司を使うようなヘンテコキャスティングは避けて欲しいところ。それに感動を押しつけるような余計なエピソードもいらない。このドラマに求められているのは感動ではなく、あくまでも痛快さなのだから。

ということで、『半沢直樹』第1回目の平均視聴率(関東地区)は22・0%と出ました。どうやら順調なスタートを切ったみたいでです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク