《 サッカー人物伝 》 パオロ・ロッシ




「イタリアを救った神の子」 パオロ・ロッシ (イタリア )

「パブリート(小柄)」とあだ名される華奢な体つきながら、俊敏な動きと類いまれな得点感覚でゴールを陥れ、80年代イタリアを代表するストライカーとなったのが、パオロ・ロッシ( Paolo Rossi )だ。

少年の頃から天賦の才を発揮、21歳で出場した78年のWカップでは溌剌としたプレーで、「今大会最大の発見」と神様ペレに言わしめた。その後八百長事件に巻き込まれ雌伏の時を過ごすが、82年のWカップ直前に代表へ復帰。ストライカー不足に陥っていたチームの救世主となり、イタリアを44年ぶりの優勝に導いて「神の子」と呼ばれた。

膝の故障に苦しんで選手生活は短かったが、Wカップで見せたその輝きは永遠にサッカーファンの記憶に残ることになった。


1956年9月23日、ロッシはイタリア中部のトスカーナ州、プラトのサンタ・ルチア地区で生まれた。父の影響でサッカー選手を目指すようになった少年は地元のクラブで本格的にプレーを学び、16歳の時ユベントスの下部組織に入団、17歳でプロ契約を結んだ。

将来性ある選手として期待されていたロッシだが、膝の故障で出場機会を失い、76年にセリエBのヴィチェンツァへ放出されてしまう。しかし移籍した76-77シーズンに21ゴールを挙げて2部リーグ得点王、ヴィチェンツァのセリエA昇格に貢献した。セリエAでの77-78シーズンも24ゴールを挙げる活躍で得点王、チームもリーグ2位と躍進した。

77年12月の親善試合ベルギー戦、ロッシは途中出場で代表デビューを果たす。代表監督ベアルツォットは積極的に若手を試し、ストライカーとしての才能を見せたロッシは78年のWカップ・メンバーに選ばれた。

78年6月、Wカップ・アルゼンチン大会が開幕。1次リーグの初戦でプラティニ擁するフランスに先制を許すが、30分、ロッシが先発起用に応える同点ゴール。その後イタリアが2-1と逆転勝利を収め、ロッシはWカップのデビュー戦を殊勲弾で飾った。

第2節のハンガリー戦もロッシが先制ゴール、東欧の強豪を3-1と退ける。そして最終節は、鮮やかなカウンターからロッシとのワンツーでベッテガが抜けだし決勝点、地元アルゼンチンを1-0と下して3戦全勝で2次リーグに進んだ。

2次リーグの初戦は前回王者の西ドイツに0-0で引き分けたが、次戦ではロッシが前半に貴重な得点を挙げ、オーストリアに1-0の勝利。最終節は決勝進出を争うオランダとの戦いになった。開始19分、ロッシがオフサイドの網をかいくぐってゴールに迫ると、後方から追うSBのブランツが痛恨のオウンゴール、イタリアに幸運な先制点が生まれた。

だが後半に入った50分にブランツが汚名返上のゴールを決め、試合は1-1の同点となる。そしてゲームが終盤に入った74分、ハーフライン近くからオランダのハーンが40mの超ロングシュート、これを決められイタリアは逆にリードを許してしまった。

そしてアズーリの追い上げ虚しく試合は1-2で終了、オランダが2大会連続の決勝進出となった。イタリアはベスト4に留まったが、ロッシは3得点を挙げるなどの活躍で、大会MVPのケンペスに続くシルバーボール賞に輝いた。

Wカップ終了後の78-79シーズン、ロッシは15得点を挙げたものの、ヴィチェンツァはセリエBに降格。79-80シーズンはペルージャにレンタルされ、3月までの22試合で13ゴールを記録する好調さを見せる。そこへ突如降って湧いたのが、八百長賭博のスキャンダルだった。

80年3月、非合法のサッカー賭博でひと儲けを企てた果物商が、八百長を持ちかけた選手に裏切られたと裁判所に訴えたてきた。これをきっかけに、それまで噂されていた八百長試合の実態が次々と暴かれ、サッカー界を揺るがす一大スキャンダルに発展したのだ。

この疑惑に深く関わったとされたミランとラツィオはセリエBに降格処分、ペルージャも80-81シーズンの勝点5を剥奪されることになった。八百長への関与を疑われたロッシは潔白を主張し、法的処分は逃れたが、サッカー協会から19人の選手と共に長期の出場停止を言い渡されてしまう。

3年間の停止処分となってしまったロッシは、目標もないままただ黙々と練習に励む日々を送った。だがその後出場停止は2年に軽減、古巣ユベントスと再契約を交して81-82シーズンの終盤に復帰する。そしてWカップ開幕を1ヶ月後に控えた82年の5月、ロッシはベアルツォット監督によって代表に呼び戻されることになった。

イタリア代表は、2年前の自国開催での欧州選手権で期待を裏切るベスト4止まり。Wカップのグループ予選でもユーゴスラビアに続く2位での通過だった。また2月に行ったテストマッチではフランスに2-0と敗れるなど、得点力不足に悩んでいた。

しかもエースFWのベッテガが膝の靱帯を損傷し、Wカップへの出場が絶望。長期のブランクには大きな不安もあったが、ベアルツォット監督はロッシ復活の期待に賭けるしかなくなっていたのだ。

82年6月、Wカップ・スペイン大会が開幕。ロッシは1次リーグで3試合全部に先発したが、試合感が取り戻せないままプレーに精彩を欠いてしまい、イタリアの得点力不足も相変わらずだった。それでもどうにか3引き分けの2位で2次リーグに勝ち上がったが、内容の悪さに母国からの風当たりは強かった。

2次リーグでは南米の2強と同組になってしまったイタリア、初戦で前回王者のアルゼンチンと戦う。イタリアは「殺し屋」の異名を持つジェンティーレマラドーナを徹底マークさせ、アルゼンチンの攻撃を封じる。後半の55分、鮮やかなカウンターからイタリアが先制、67分にはロッシのシュートが弾かれるが、それを拾ったカブリーニの追加点が生まれた。

こうしてアルゼンチンを2-1と破って勢いに乗ったイタリアは、6日後にブラジルと対戦する。開始早々の5分、カブリーニのクロスをロッシが頭で決めてイタリアが先制。ブラジルも12分にジーコのスルーパスからソクラテスが抜け出し、すかさず同点とする。

25分、ロッシが相手のミスをついて2点目。イタリアのリードで前半を折り返すが、68分にファルカンのゴールで再びブラジルが追いつく。このまま引き分ければ得失点差でブラジルが準決勝進出となるところだったが、74分、コーナーキックからのこぼれ球を拾ったロッシが3点目のゴール。ブラジルの追撃を振り切り、3-2と接戦をものにしたイタリアが準決勝に勝ち上がった。

準決勝では復調したロッシが2得点、ポーランドを2-0と打ち破りイアタリアが12年ぶりの決勝へ進んだ。大会前は国民にまるで期待されていなかったイタリア代表だが、ロッシを信じて先発に使い続けたベアルツォット監督の采配が当たったのだ。

決勝を争うことになったのは西ドイツ、何度も名勝負を演じてきたヨーロッパ・サッカー大国の顔合わせだった。開始8分、ロッシと2トップを組むグラツィアーニが、ドイツDFと衝突して負傷交代。24分にはコンティが倒されイタリアがPKを得るが、カブリーニがキックを外し絶好のチャンスを逃してしまう。

ゲームに乗り切れないイタリアだったが、後半に入った57分、ジェンティーレのクロスをロッシが倒れるようにして頭で合わせ、イタリアがリードを奪う。68分にはタルデリのミドルシュートで2-0、81分にも追加点を決め、西ドイツの反撃をブライトナーの1点に抑えてイタリアが3-1の勝利を収めた。

こうしてイタリアが優勝、戦前の第3回フランス大会以来44年ぶりとなるWカップ制覇だった。2次リーグから調子を上げ、6ゴールと活躍したロッシは大会得点王とMVPを獲得。アズーリを優勝に導いた「神の子」としてイタリアの英雄となり、この年のバロンドール賞にも輝いた。

ユベントスではコッパ・イタリア優勝やチャンピオンズ・カップ優勝に貢献。だが膝の故障の影響もあってプレーのキレを欠くようになり、85年にユベントスを退団してACミランへ移籍する。86年にはWカップ・メキシコ大会のメンバーに選ばれるが、1試合も出場することなく終わってしまった。

Wカップ後にベローナへ移籍、1シーズンを過ごしたあと87年に31歳の若さで現役を引退する。その後は指導者の道を進むことなく、サッカー界から退いた。2020年12月、64歳で永眠。長年連れ添った妻の話によれは、晩年は不治の病を患っていたという。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク