日曜劇場「半沢直樹」第3話

スポンサーリンク

『半沢直樹』第三話は、【倍返しの鍵は恩返し。因縁の相手、黒崎襲来!!、オイタの止まらない な・お・きにお仕置きよ!!】の巻。

大手IT企業・電脳雑伎集団に買収を仕掛けられ、窮地に陥ったスパイラル社とアドバイザリー契約を結び、東京中央銀行との全面戦争に突入したセントラル証券。半沢直樹はスパイラルの瀬名社長に、会社の窮地を救う逆買収を提案する。

フォックス社買収に向け、画策を巡らす半沢。だがそんなある日、セントラル証券に証券等取引委員会から立ち入り検査にやってくる。そして半沢の目の前に現れたのは、オネエ言葉の腕利き査察官、黒崎俊一(片岡愛之助)だった。

黒崎の執拗な追求により、絶体絶命の危機に追いやられる半沢とセントラル証券。黒崎がなぜ?、その狙いは一体何なのか、裏側で東京中央銀行が関わっているのか。生き残りを懸けた戦いは、いよいよ激しさを増してゆく。


第三話は立ち上がりのストーリー展開の早さに、最初ダイジェストを見せられているのかと思ったぞ。てなわけで、怒濤の展開でスパイラルによるフォックス買収があっという間に進み、序盤からお久しぶりの黒崎が登場。

半沢と相対するやいなや「ずいぶんとオイタしているんじゃないの? わたしが代わりにお仕置してあげる」と挑発する黒崎に、敢然と受けて立つ半沢。今も熱いキスを交さんかばかりの近さで、顔を寄せて睨み合う2人の関係は、もはや可愛さ余って憎さ100倍の好き者同士みたいなものか?。

黒崎に隠しファイルのありかを突き止められ、追い詰められる半沢直樹。だが寸前のところで、凄腕プログラマー高橋圭(吉沢亮)が隠しデータを削除、半沢たちは窮地を逃れる。固唾をのんで展開を見つめていたセントラルの社員たちも、まるでスポーツを観戦しているかのような手放しの大喜び。いやあなたたち、お国の調査に対する隠蔽工作を目撃しているんですけど。

これぞ、泣く子も黙る高視聴率ドラマ『半沢直樹』クオリティ。この程度の過剰演出なんて、もう全然気にならないけどね。

それでも黒崎は、執念で裁断された買収工作資料を復元、「相当目茶苦茶激しくやばいぞ」と半沢は焦る。だがそこに、森山(賀来賢人)の説得を受けたフォックス社長、郷田(戸次重幸)が登場、買収は合意だと証言する。

「大事なのは、感謝の気持ちと恩返し」、今は亡きおばあちゃんの口癖を思い出させるような言葉で、窮地を逃れた半沢たちでした。

ここから半沢たちは逆襲を開始、スパイラル社とフォックスの合併を大々的に発表し、サプライズも用意する。モニター画面に現れたサプライズゲストは、なんと知らない外人。でもIT業界の巨人らしい。このIT業界の巨人との提唱で、スパイラル社の株も急上昇する。

こうして両者の争いは、マネーゲームに発展。3億ドルを用意するというスパイラル側に対し、電脳集団側の中央銀行は500億円の融資を決定。その融資決定に際し、三笠副頭取(古田新太)は大和田取締役の軍門に降ることになる。

始めから大和田の手下として陰謀を企てていた伊佐山は、わざわざ半沢に電話して「お前の負けー」と勝利宣言。しかしこの程度のパフォーマンスじゃぜんぜん物足りないぞ。

東京中央銀行と電脳雑伎集団による企みを察した半沢は、鍵を握る電脳の財務担当・玉置と接触を図る。だがそこに現れたのは、電脳副社長の平山美幸(南野陽子)と金魚のフンのようにくっついてきた社長(土田英正)だった。

来週はいよいよ前半のクライマックス。香川照之と市川猿之助の顔芸従兄弟コンビに期待大だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク