米俳優、C・ボーズマンさん 死去




世界的に大ヒットした映画『ブラックパンサー』で、主役のマーベル・ヒーローを演じたアメリカ黒人俳優のチャドウィック・ボーズマンさんが、28日に西部カルフォルニア州ロサンゼルスの自宅で、大腸癌のため死去した。享年43歳。

ボーズマンさんは1976年11月29日、南部サウスカロライナ州生まれ。高校時代は文武ともに励み、首都ワシントンのハワード大学に進学。同時にデンゼル・ワシントンの支援を受けて、英オックスフォードの演劇アカデミーでも演技を学ぶ。

大学卒業後はロサンゼルスに移り住んで本格的な俳優を目指し、いくつかのテレビドラマに出演した。


13年の『42 世界を変えた男』で初主演、黒人初のメジャー・リーガとなったジャッキー・ロビンソンを演じて注目を集めた。18年にはマーベル映画『ブラックパンサー』で主演、ワカンダ国王のヒーローを演じた。映画は『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズ屈指の大ヒットとなり、アカデミー賞の作品賞・監督賞などにもノミネートされた。

16年に大腸癌が見つかり闘病生活を送っていたが、それでもボーズマンさんは病気を一切公表しなかった。そして癌は年を追うごとに進行、28日についに家族に見守られる中息を引き取った。奇しくもこの日は、メジャーリーグで黒人選手の先駆者の功績を讃えプレイヤー全員が彼の背番号42をつける「ジャッキー・ロビンソン・デー」だった。

2020年のNetflix配信映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』(スパイク・リー監督)が遺作となった。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク