スポンサーリンク
スポンサーリンク

キングカズ、JI最年長出場記録を更新

スポンサーリンク
スポンサーリンク

23日に行われたJリーグの第18節の試合で、横浜FCの三浦知良選手が川崎フロンターレ戦に今季初先発。53歳6ヶ月28日のJ1最年長出場記録を更新した。

カズのJ1出場は07年12月1日の浦和レッズ戦以来4680日ぶり。現在J3アスルクラロ沼津に所属する中山雅史選手が保持していた最年長記録、45歳2ヶ月1日を大幅に更新するものだった。

カズは2トップの一角として出場、42歳の中村俊輔と39の松井大輔も先発し、この元代表ベテラントリオが同時にピッチにへ立つのは初めてとなった。現在リーグ14位の横浜FCは首位を独走する川崎Fを相手に大健闘、惜しくも2-3と敗れたが接戦を演じた。

前半31分には中村、カズ、松井と3人がパスを繋ぎ、会場をどよめかした。後半11分に交代が告げられると川崎サポーターからも大拍手、まさにレジェンドの貫禄を見せた。次に狙うのは、鹿島アントラーズのジーコが持つJ1最年長得点記録(41歳3ヶ月12日)の更新だ。

53歳となった身体を支えるのは圧倒的なプロフェッショナリズム。遠征先にも体重計を持ち込み、1日に3~4回はチェック、試合前はきっちりベスト体重の72㎏台に合わせるという意識の高さがカズを輝かしている。

なお海外1部リーグでは、65年にイングランド・ストークのレジェンド、スタンリー・マシューズが50歳5ヶ月で試合に出場。今季モンゴルではFC墨田ジェプロのDF、ハンドスレン・ピュビンレグが54歳での出場を果たしている。

タイトルとURLをコピーしました