森保J オーストリア遠征メンバー発表

スポンサーリンク

5日、オーストリア遠征に臨む森保ジャパンのメンバーが日本サッカー協会から発表された。コロナ禍により今回もメンバーはすべて欧州組となったが、先月のオランダ遠征に呼べなかったMF橋本拳人(ロシア / ロストフ)とFW浅野拓磨( セルビア / パルチザン)、そして前回体調不良で辞退していた長友佑都(マルセイユ)の3人が新たに招集された。

負傷が伝えられる大迫勇也(ブレーメン)と岡崎慎司(ウェスカ)、そして最近クラブの試合に復帰した中島翔哉(ポルト)らは今回招集外となり、移籍したばかりのクラブで好調なプレーを見せる堂安律(ドイツ / ビーレフェルト)や鈴木武蔵(ベルギー / ベールスホット)に期待がかかる。

また、いまのところ所属クラブで確たる地位を確保できていない南野拓実(リバプール)と久保建英(ビジャレアル)も、今回の遠征で良いきっかけを掴みたいところだ。


合宿所となるのは、オーストリア第2の都市・グラーツ。イビチャ・オシム元日本代表監督の居住地でもある。オーストリアは現在ロックダウン中だが、同政府や協会の協力を得て試合は開催される。協会担当者によれば「ホテルは丘の上で外部との接触は全くない」とのこと。

日本協会に試合へ招待されたオシムさんは、「ぜひ伺いたい」と話していたそうだが、オーストリアがロックダウンを宣言してしまったため、79歳という高齢を考えると実現は難しそう。それでも万全の体勢をとり、練習時にアドバイスを貰えたらとの希望を代表スタッフは語っている。

試合は13日の23時15分(日本時間)にパナマ(FIFAランク77位)戦が行われ、18日の5時にメキシコ(FIFAランク11位)戦が行われることになっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク