ワールドカップの歴史 第20回ブラジル大会-前編

スポンサーリンク
FIFAワールドカップ、第20回ブラジル大会-前編(2014年)

「波乱の予選リーグ」

久しぶりの南米開催

03年のゼップ・ブラッターFIFA会長による「2014年のW杯は、各大陸連盟持ち回り開催の原則(のちに撤回)により、南米での開催を前提とする」の発言を受け、ブラジル、コロンビア、アルゼンチンの3カ国が前向きな姿勢を見せるが、南米サッカー連盟は04年の総会でブラジルを統一候補として採択する。

06年にブラジルが正式に立候補を表明。結局アルゼンチンは手を挙げず、遅れて立候補したコロンビアも07年に辞退。50年大会以来64年ぶりとなる、ブラジルでのWカップ開催が決まった。(南米開催としては、78年のアルゼンチン大会以来36年ぶり)

今大会はWカップ・南アフリカ大会で、誤審により得点が取り消された試合(ドイツ対イングランド戦)が波紋を呼んだ教訓から、最新技術を使った「ゴールライン・テクノロジー」の機械判定が導入されることになった。

W杯予選には、過去最多となる203の国と地域がエントリー。例年のように大きな波乱も起きることなく、開催国のブラジルを始め、アルゼンチン、ウルグアイ、ドイツ、イタリア、イングランド、フランス、スペイン、ポルトガル、オランダといった強豪国・常連国が出そろい、初出場はボスニア・ヘルツェゴビナのみとなった。

そして16年に開催されるリオ・オリンピックと併せて、Wカップが行われるブラジル国内の12会場で新スタジアムの建設や改修、周辺のインフラ整備が行われたが、建設は遅れに遅れ、一部の会場や交通機関が未完成のまま開幕を迎える。

カナリア軍団の若きエース

14年6月12日、会場となったサンパウロ・デ・アレーナに6万2千人の観客を集め、第20回Wカップ・ブラジル大会が開幕した。開幕戦として行われたのは、A組・ブラジルとクロアチアの試合。日本の西村雄一が主審を務めた。

開催国のプレッシャーから固くなったブラジルは、開始11分にオウンゴールで失点。だがこれで目が覚めたのか反撃を開始、29分に新エースと期待されたネイマールが同点弾を決める。このあと42分に得たFKは僅かに枠を外すも、後半の71にフレッジが倒されPKを獲得。GKの手を弾く力強いシュートで、ネイマールが2点目となる逆転弾を叩き込んだ。

終了直前にもオスカルが追加点を決め、クロアチアに3-1と勝利。優勝を義務づけられたブラジルは、エースの活躍で順調なスタートを切った。第2戦はメキシコの守護神、オチョアの神懸りセーブの前に0-0と引き分けるが、最終節カメルーン戦はまたもネイマールの2発で4-1と快勝、G/Lを1位で通過した。

ネイマールは抜群のテクニックで攻撃を牽引。カナリア軍団の若きエースは、地元の重圧の中で早くも実力を証明して見せた。A組2位となったのは安定した力を持つメキシコ、クロアチアはモドリッチらスキルの高いタレントを揃えながら、実力を出せずに3位に終わった。カメルーンは試合中に仲間割れを起こすなど自滅、全敗で大会を去って行った。

オランダの快進撃と王者スペインの没落

B組の初戦は、奇しくも前大会ファイナルで戦ったオランダとスペインの試合。開始27分、シャビのスルーパスを受けたジエゴ・コスタが倒されPKを獲得。それをシャビ・アロンソが確実に決めて、世界とユーロを3連続で制覇した王者スペインがリードする。

序盤こそボールを支配されたオランダだが、徐々に劣勢を挽回。前半終了直前のアーリークロスに反応したファン ペルシーが、身を投げ出してのヘディングシュート、鮮やかな同点弾を決めた。後半はオランダの積極的なプレスと速攻が面白いようにハマり、ロッベン、デフライ、ファン ペルシーの連続得点で逆転、最後はロッベンの独走ドリブルでトドメを刺す。

終わってみればオランダが5-1と快勝。伝統の3トップを封印し、5-3-2の守備的布陣でプレスをかけ続けたファン ハール監督の采配が的中、前回チャンピオンのスペインが惨敗するという、波乱の序盤戦となった。

好調オランダは第2戦でオーストラリアと対戦。ロッベン、ファン ペルシーの両エースが連続得点を決め、3-2の接戦を制した。オーストラリアもケーヒルがスーパーボレーを決めるなど健闘したが、チリ戦に続く2連敗となった。

立て直しを図るスペインは、次のチリ戦で長らくチームを支えたシャビとピケを先発から外すという荒治療。しかしチリのハードプレスの前にパスミスを連発、前半で2点をリードされると、チリの身体を張った守備にゴールを阻まれ、2連敗を喫してしまった。

最終節は予選1位通過をかけたオランダとチリの戦い。累積2枚でファン ペルシーを欠くオランダは守備的布陣でチリの攻撃を凌ぐと、後半はハイプレスに切り替え攻勢に出る。77分にCKのチャンスからオランダが先制、リードされたチリはA・サンチェスを中心に反撃を仕掛けるが、ガッチリ固められたオランダの守備を突き崩せず90分が過ぎていった。

そして後半のロスタイム、前掛かりになるチリの裏スペースへロッベンが高速カウンター、走り込んだデパイがダメ押し点を決めた。こうして2-0と快勝したオランダが3戦全勝で1位、2勝1敗のチリが2位となった。王者スペインは最終節のオーストラリア戦で3-0と意地を見せるも、まさかの3位で予選敗退となってしまった。

南米の新星 ハメス・ロドリゲス

5大会ぶりの出場となったC組のコロンビアは、初戦でギリシャと対戦。開始6分にグアドラードのクロスを10番のハメス・ロドリゲスがスルー、そこからアルメロの先制点が生まれた。そこからコロンビアは相手のお株を奪う堅守速攻、ギリシャ得意のカウンター攻撃を防いだ。

後半に入った58分、ハメスのCKからコロンビアが追加点。さらに後半アディショナルタイムには、グアドラードのヒールパスからハメスが左足で鮮やかな3点目を決める。故障で不参加となったコロンビアのエース、ファルカオの不在を感じさせない3-0の快勝だった。

コロンビアの第2戦は「エレファンツ」の愛称を持つアフリカの雄・コートジボワールとの試合。前半はハメスのパスワークが冴えて、コロンビアがゲームを支配する。後半の60分、コートジボワールは切り札のドログバを投入、しかしその5分後にハメスが先制のヘディングシュートを決めて、得点能力の高さも見せつけた。

さらに70分には、中盤でボールを奪ったハメスが起点となってキンテーロが追加点。コートジボワールの反撃を1点に抑え、コロンビアが2連勝を飾った。ギリシャ戦に続き、全得点に絡んだハメスは2試合連続のマン・オブ・ザ・マッチ。最終節でも途中出場で流れを変え、ゴールも決めて崖っぷちの日本を4-1と粉砕する

こうしてC組は3戦全勝でコロンビアが1位、第2戦を終わって最下位だったギリシャが、最終節でコートジボワールに2-1と勝利し2位へ浮上、逆転の予選突破となった。

大波乱となった「死のグループ」

「死のグループ」と呼ばれたD組は、イタリア、イングランド、ウルグアイの3強が予選突破を争い、1弱コスタリカは強豪国の草刈場になると思われていた。初戦のコスタリカをカバーニのゴールでウルグアイが前半までリード。南米の強豪が優勢のまま試合を進めた。

しかし、コスタリカ守護神ケイラー・ナバスの好守で後半の失点を許さず、ついにキャンベルの同点弾が54分に生まれる。勢いづいたコスタリカはその3分後にFKから逆転、焦るウルグアイを尻目に84分にも追加点を決めた。試合は3-1で終了し伏兵コスタリカが大金星、「死のグループ」は波乱のスタートとなった。

イタリアはイングランドとの初戦を、マルキージオとバロテッリのゴールで2-1と辛勝。第2戦でコスタリカと戦った。コスタリカは素早いチェックでレジスタのピルロをマーク、決定的な仕事をさせなかった。

反対にカウンターで再三のチャンスをつくるコスタリカは、44分にディアスのクロスからルイスがヘディングシュート。ボールはバーを叩き真下へ落下、ゴール外に転がっていった。一瞬の間を置き、腕時計の振動を受け取った主審は笛を吹いてゴールを認定。Wカップで初めて、「ゴールライン・テクノロジー」が威力を発揮した場面だった。このあと組織的な守備でイタリアの反撃を封じ、格下のコスタリカが1-0と勝利、2連勝の快進撃で早くもG/L突破を決めた。

噛みつき男スアレスと強豪の敗退

第1戦を落としたウルグアイとイングランドは第2戦で対戦。ウルグアイは故障明けのルイス・スアレスが先発に復帰、39分にカバーニのクロスから復活弾となる先制点を決めた。そのあと引いて守備を固めるウルグアイに苦戦するイングランドだが、75分にルーニーがW杯初得点となる同点ゴール。試合を振り出しに戻した。

85分、カバーニとの競り合いでジェラードに当たったボールが後方に流れ、それを拾ったスアレスが落ち着いてシュート、決勝点となってウルグアイが勝利した。イングランドは主将のジェラードが2失点に絡むなど不調。2連敗で早々と敗退が決まり、最終節もコスタリカに0-0と引き分けて最下位に沈んだ。

G/L突破をかけたイタリアとウルグアイの試合は、双方守備的布陣を敷いた我慢の試合、後半途中まで膠着状態が続いた。しかし59分にマルキージオがラフプレー、レッドカードとなり、イタリアは10人での戦いを強いられることになる。

勢いづくウルグアイだが、守護神ブッフォンとDF陣が必死の防戦、イタリアの牙城は崩せなかった。80分、イタリアゴール前でスアレスとキエッリーニが接触して転倒。スロー映像にはスアレスがキエッリーニの肩に噛み付く姿が映し出されており、試合後スアレスは長期の出場停止処分を受けることになる。

直後の81分、ウルグアイはCKのチャンスからゴディンが頭で合わせて待望の得点、残り時間を守りきって2位で決勝Tに進んだ。D組は伏兵のコスタリカが1位、06年Wカップ王者のイタリアは2大会連続のG/L敗退となり、「死のグループ」は大波乱のうちに終了した。

復権を目指すフランスとアルゼンチンの辛勝

前大会で醜態を晒したフランスは、再建を託されたデシャン監督がリベリーやナスリを外してチームを立て直し。ポグバ、バラン、グリーズマンといった若手を抜擢して大会に臨んだ。E組のG/Lではホンジュラスをベンゼマの2ゴールで3-0、難敵スイスを5-2と下し、エクアドルには0-0と引き分け、1位突破でリベンジを果たした。

スイスは最終節ホンジュラス戦でエースのシャキリがハットトリックの大活躍。3-0の勝利を収めて、G/L2位でベスト16に進んだ。エクアドルも健闘を見せたものの、3位に終わった。

F組のアルゼンチンは、初出場のボスニア・ヘルツゴビナに手こずりながらもメッシの活躍で初戦を2-1と勝利。第2戦もアジアの強国イランに苦戦するが、後半のADタイムにメッシが左足一閃の劇的な決勝ゴールを決め2連勝となった。最終節のナイジェリア戦もメッシの2発で3-2と勝利、守備を免除されたエース頼りのアルゼンチンが、苦しみながらも全勝で1位となった。

2位通過したのは2勝1敗のナイジェリア。初出場のボスニア・ヘルツェゴビナは、イラン相手にW杯初白星を記録しG/Lの3位を確保した。

盤石のドイツ ポルトガルCR7は不調

G組のドイツは、初戦のポルトガル戦でトーマス・ミュラーが大活躍。12分にPKで先制点を挙げると、37分には狡猾なプレーでぺぺの頭突きを誘発し、「悪童」と呼ばれた男を退場に追い込む。さらに前半ADタイムには2点目、78分にはハットトリックを決めた。ポルトガルはエースのC・ロナウドが負傷明けで不調、0-4と完敗を喫してしまった。

第2戦のドイツ対ガーナは、ボアテング兄弟がそれぞれのチームに分かれて対戦。51分にゲッツエの得点でドイツが先制するが、アイェウとギャンに連続ゴールを許してガーナに逆転される。それでも71分に途中出場したクローゼがCKに反応して同点弾、ブラジルのロナウドが持つW杯通算最多得点記録15に並んだ。試合は2-2で引き分け、ドイツは勝点1を拾う。

第2戦でポルトガルはアメリカと対戦。90分を過ぎてアメリカが2-1とリード、万事休すと思えたポルトガルだが、ADタイムの5分にC・ロナウドが鋭いクロス。それを途中出場のバレラが決め、終了間際でどうにかポルトガルが追いついた。

最終節は、アメリカ対ドイツの試合。アメリカのクリンスマン監督とドイツのレーブ監督は、06年ドイツW杯で監督 – コーチのコンビを組んだ仲だった。試合は立ち上がりからドイツが圧倒、しかしフィニッシュに精度を欠き前半を0-0で終える。しかし後半の55分、こぼれ球に反応したミュラーが右足で先制。後半もアメリカの攻勢を抑え、1-0で逃げ切った。

最終節にG/L突破をかけたポルトガルは、31のオウンゴールでガーナを先制。しかしガーナもギャンのヘディンシュートで57分に追いつく。そのあと激しい攻防が続くが、80分にGKの弾いたボールをC・ロナウドがダイレクトシュート、待望の大会初得点で勝ち越した。

しかし時すでに遅し、ポルトガルはこのまま2-1と勝利を収めるが、ドイツ戦の4失点が響いて得失点差でアメリカに及ばず、3位での終戦となった。こうしてG組はドイツが1位、アメリカが2位でG/Lを通過した。C・ロナウドは前回に続いて、輝きを見せることなく大会を去って行った。

好調ベルギーとアルジェリアの勝ち上がり

H組は若いタレントを揃えたベルギーが、厚い選手層を生かしてアルジェリアに2-1、ロシアと韓国に1-0と3連勝。順調にベスト16へ勝ち上がった。ハリルホジッチ監督率いるアルジェリアは、第2戦を果敢な攻めで韓国から4点を奪取、ソン・フンミンのゴールなどで意地を見せた相手を4-2と下す。

最終節ではロシアと1-1で引き分け。同時刻に行われた試合で韓国がベルギーに敗れたため、2位となったアルジェリアが4回目の出場で初めての予選リーグ突破を果たした。

こうしてグループリーグの全日程が終了。決勝トーナメントは、ブラジル ー チリ、コロンビア ー ウルグアイ、フランス ー ナイジェリア、ドイツ ー アルジェリア、オランダ ー メキシコ、コスタリカ ー ギリシャ、アルゼンチン ー スイス、アメリカ ー ベルギーの組み合わせとなった。

次:第20回ブラジル大会-後編 ( 2014 )

カテゴリー サッカー史

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク