スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020ユーキャン新語・流行語大賞

スポンサーリンク
スポンサーリンク
年間大賞は「3密」

12月1日、2020年「ユーキャン新語・流行語大賞」の発表・授賞式が行われ、年間大賞に新型コロナウィルスの感染防止キーワード、「3密」が選ばれた。表彰式は小池 百合子東京都知事がオンライン表彰式で出席、得意のフィリップボードでさらなるアピールを行った。

ただ「3密」は小池さんの考えたフレーズではなく、専門家の先生から出された言葉らしい。確かにシンプルな言葉過ぎて、小池さんらしくないもんな。目立ちたがりでやたらと耳慣れない横文字言葉を使いたがる、あの臆面のなさこそが小池さん。

コロナ禍の新語・流行語

トップテンの中では、ほかにも「アベノマスク」「オンライン〇〇」「Go To キャンペーン」「アマビエ」がコロナ関連、「愛の不時着」「あつ森(あつまれ どうぶつの森)」が巣ごもり事情から流行ったもの。「ソロキャンプ」も密を避けるという意味で時代に合致した言葉だ。

あと「鬼滅の刃」の大ヒットも自粛が続いた反動と考えられるし、「フワちゃん」もリーモート出演を上手く活用した人気者。そう考えれば今年のトップテンはすべてコロナ言葉で埋め尽くされたと言ってもいいかもしれない。

去年はラグビー・ワールドカップの大ブームで「ONE TEAM」が年間大賞に選ばれたが、今年は東京オリンピックを始め、スポーツのビッグイベントが軒並み中止。スポーツ関連の言葉は、ノミネートされた30語の中にも入らなかったのが淋しい。

それから今年一番の大ヒットドラマ、TBS『半沢直樹』関連のワードも軒並み落選となった。「顔芸」「恩返し」「おしまいDEATH」「侘びろ、侘びろ」「お前の負けー」「死んでもやだね」「児島だよ」「多目的トイレ」など、流行っただけでなく、インパクトの強い言葉の宝庫だと思ったけど、残念。

タイトルとURLをコピーしました